弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ最新話618話確定速報!高田城は鏑木とは勝負せず坂道は段竹を送り出す?

Pocket
LINEで送る

2020年12月3日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌618話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル617話では、坂道が夏休みの練習の成果をみせつけ新開悠人を驚愕させます。

それをみていた総北の段竹のプレッシャーが跳ね上がります。

高田城は坂道の周りでプレッシャーチューニングが起こりやすい事を聞いていたので、動きだします。

総北に詰め寄り、知識の重要性について熱弁します。

それに対し段竹はキレる奴だと警戒心を持ちますが、鏑木は挑発に乗ってしまいます。

鏑木は高田城に勝負をしかけ1人ペースをあげ、高田城が後に続きます。

段竹が大声で止めに入りますが、鏑木は遙か遠くへ。

鏑木と高田城のバトルが始めるのか?!

坂道はこの窮地をどうやって切り抜けるのかに注目です!

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル618話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダルネタバレ最新話618話確定速報!高田城は鏑木とは勝負せず坂道は段竹を送り出す?!」と題してお届けします。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話617話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|高田城は鏑木とバトルしないで時間を稼ぐ?

やっぱり高田城の策にハマっていましたね。

高田城にとって単純明快な鏑木は最も乗せやすい人物だったのではないでしょうか?w

高田城の最初の作戦は「ナイトの一角を崩すこと」だと言っていましたね。

なので鏑木とバトルするのかは疑問です。

単純ながらも鏑木はインハイ出場経験のある実力者です。

しかし高田城の方は3年してインハイ経験は”0”で、実力だけで言うと鏑木の方が上のような気がします。

高田城の目的が「プレッシャーチューニングを起こさせないこと」にあるとすると坂道から総北メンバーを引き離すことが最優先事項ですね。

ここでは勝負しないで鏑木に前を走らせて時間を稼ぐ作戦か?

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|坂道は段竹を送りだす?

高田城の策にハマりレース早々にチーム総北は引き離されてしまいました。

残されたのは段竹と坂道、箱学は新開悠人です。

坂道は懸命に打開策を考えているはずです。

坂道はこのレースはチャレンジだと言っていました。

1年に花を持たせるはずです。

新開は坂道が食い止めて段竹に鏑木を追わせるのではないでしょうか?

鏑木と段竹のコンビネーションの進化が見れるかもしれません。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|新開は高田城をとても尊敬している?

弱虫ペダル615話の時から気になっていたのが、新開悠人と高田城の関係性です。

新開のイメージって生意気で誰に対しても言いたいことは言うけど、自分の認めた相手には心を開いて可愛い一面をみせますよね。

葦木場といる時がそれにあたります。

今回のレースは本田が葦木場の件で絡んできた時もとても怒っていました。

だけど、高田城の言いつけを守りバトルはしませんでした。

弱虫ペダル617話でも、高田城が手で新開を後ろの下げるシーンがありました。

新開ってこんな忠犬ハチ公みたいなキャラだったっけ?と思ってしまいました。w

先輩だからただ立てているだけなのか?高田城の作戦に信頼を見出したのか?

どちらにせよ高田城に一目置いていることは間違いなさそうですね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|段竹が進化を遂げる?!

弱虫ペダル616話では、先に新開が坂道に仕掛けてきました。

新開の速さに手も足も出なかった段竹と鏑木でしたが、坂道の反撃をみて段竹の表情が一変します。

段竹は、鏑木が傍にいることもあり「自分は凡人だ。」と自分に自信が持てていない節があります。

私的には、鏑木のパートナーでいることがそれなりの実力者の証明になっているような気がしますが…

ともあれ、段竹は自信が持てていない為にプレッシャーに弱く、土壇場に弱いという弱点がある気がします。

しかし、今回の坂道の反撃が段竹を鼓舞したことは間違いないでしょう。

段竹はプレッシャーを跳ね除けられる強さを手に入れることはできるのでしょうか?!

今後の段竹に注目ですね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|杉元兄弟の想いは叶えられるのか?

弱虫ペダル614話では、杉元兄弟の兄弟愛が描かれていましたね。

兄を慕う弟と自分も出場したかったはずなのに選ばれた弟を一生懸命サポートする兄。

弟の頑張る姿を収めるため新しいビデオカメラを買い、マッサージまでしてあげてたなんて泣けてきますね。

ですがここまでされると逆にプレッシャーになりそうな気も…

定時の熱はこれも1つ原因かも?とちょっと思ってしまいました。w

ですが、杉元(兄)は心の底から定時を応援していた事に間違いはありません。

定時もそれに応えられなかったことが一番悔しかったのではないでしょか?

この兄弟の想いは叶えられるでしょうか?

杉元(兄)の買ったビデオカメラが活躍することを願います。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|坂道のチャレンジは上手くいく?

坂道が”チャレンジ”と言って起用した定時の初レースは叶いませんでした。

ですが、リザーバーとして選んだ鏑木がいい仕事をしてくれそうです。

想定外のハプニングに段竹はガチガチに固まっていましたが、鏑木がレースに出場することを知ると緊張が一気にほぐれました。

今までの鏑木・段竹ペアは精神面で鏑木が段竹に頼っている場面が多く見受けられましたが、段竹にとっても鏑木はとても大きな存在だということが伝わってきました。

もしも定時が出場していたら、段竹の本来の力は発揮できなかったように思います。

今回は鏑木と段竹の2人で走るわけでなくここに坂道がいます。

坂道がどう上手く2人を扱うのかが重要になってきます。

エースを段竹に託したわけですからゴールは段竹に渡すつもりだと思いますが、坂道のチャレンジを想定通りに箱学がやらしてくれるのかが気になりますね。

坂道のチャレンジと段竹・鏑木のチームワークがどう混ざり合うのか注目です!

また段竹の成長にも期待したいですね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|高田城のスプリントが見られる?

去年の箱学は、葦木場が1人で参戦し坂道に敗れましたがそれでも2位で到着しました。

今年は2人での参戦です。

これは完全に勝ちにきていますね。

そして、その2人のメンバーが「新開悠人」と「高田城」ってことに驚きました。

てっきり真波と高田城だと思っていたので。w

箱学の頭脳プレイヤーの高田城は新開をどう使ってくるにでしょうか?

ここは裏をかいて、新開に引かせて最後のゴールは高田城がとる算段か?!

まだ明らかになってはいませんが、高田城はスプリンターのはずです。

高田城が仕掛ける策とどんな走りをみせてくれるのかに注目ですね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|鏑木が段竹の窮地を救う?

段竹といえば、鏑木の理解者であり、サポーター的なイメージが強いですよね。

ですが、弱虫ペダル612話では段竹が峰ヶ山ヒルクライムの山のエースに選ばれました。

段竹は見た目のクールさとは反対にとても緊張するタイプです。

ウエルカムレースの時もとても緊張していましたよね。

弱虫ペダル612話では、定時のダウンや箱学出場などの波乱続きです。

このレースは、一筋縄ではいかない予感がするので、段竹にも何かひと騒動ありそうな気がしますね。

また段竹は、自分にコンプレックスを持っている節がありますし、ここでそれを突破するのでしょうか?

そこでキーパーソンとしていつもサポートしてもらっている鏑木が段竹の背中を押すのではないでしょか?

鏑木・段竹には、ずっとペアでやってきた信頼があります。

お互いの言葉はとても効き目がありそうですね。

段竹がこのレースでどんな走りをするのか注目です。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|段竹は坂道の後継者?

峰ヶ山ヒルクライムに選ばれたのはまさかの1年の2名「段竹」と「定時」でした。

1年が2人も選ばれるなんて驚きですね。

更に、山のエースに選ばれたのも「段竹」でした。

段竹本人が一番驚いていたような気がします。w

坂道は自分も出場するのにエースを段竹に任せるってことはそれなりの意味がありそうですね?

もちろん1年を強化する目的はあると思いますが、もしかして段竹を後継者にと考えているでは?

現段階では、クライマーは坂道だけです。

1年生といえばインターハイ出場した鏑木が印象的ですが、段竹も中学時代に鏑木と同様にチームSSに所属していた実力者です。

鏑木も段竹の実力は認めています。

ですが、段竹のデータはまだ明らかになっていません。

明らかになっているのは、鏑木が信頼しているパートナーであるということ。

坂道に初のクライマーの後輩ができるのか?!

そうなった場合、坂道がどんな指導をするのかが気になります!

今後の段竹の成長と坂道と段竹の関係にも注目です。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話確定速報

弱虫ペダル最新話618話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回弱虫ペダル618話掲載のチャンピオン発売日の週の木曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話618話確定速報まとめ

弱虫ペダル617話では、新開が坂道に対してインハイの時と走りが違うと驚愕します。

坂道の走りをみた段竹のプレッシャーが跳ね上がります。

このプレッシャーチューニング現象を止めるべく高田城がようやく動きだします。

高田城は坂道に近づき知識の素晴らしさを総北に熱弁します。

警戒する段竹に対し業を煮やした鏑木は高田城にバトルを仕掛けます。

高田城の作戦通りの総北は引き離され、それに気づいた段竹が鏑木を止めますが時すでに遅し…

ここでは全く坂道の心情が描かれていませんでした。

次回、坂道がどう動くのかに注目ですね。

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

弱虫ペダル618話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「弱虫ペダルネタバレ最新話618話確定速報!高田城は鏑木とは勝負せず坂道は段竹を送り出す?!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る