弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ614話最新話速報!坂道のチャレンジは高田城のよって阻まれる?

弱虫ペダルネタバレ614話最新話速報!坂道のチャレンジは高田城のよって阻まれる?
Pocket
LINEで送る

2020年11月5日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌614話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル613話では、定時が高熱で出場できないことが決まり、加えて箱学が参戦していることが伝えられます。

箱学が本気で勝ちにきている事を知り、段竹に大きなプレッシャーがかかります。

プレッシャーに潰されそうになる段竹は救いを坂道に求めます。

そんな中、坂道が出した策は、リザーバーを使うことでした。

そしてリザーバーに選ばれたのは鏑木一差です。

鏑木は突然の出来事にも動じずすんなりと状況を受け入れます。

そして、箱学のメンバーが「新開悠人」と「高田城」という事が伝えられます。

総北メンバーは3人、箱学は2人と人数的には総北が有利です。

ただ、新開と高田城ペアには何か作戦があるのでしょう。

どんな策を練っているのか?

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル614話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダルネタバレ614話最新話確定速報! 坂道のチャレンジは高田城のよって阻まれる?! 」と題してお届けします。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話613話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|坂道のチャレンジは上手くいく!?

坂道が”チャレンジ”と言って起用した定時の初レースは叶いませんでした。

ですが、リザーバーとして選んだ鏑木がいい仕事をしてくれそうです。

想定外のハプニングに段竹はガチガチに固まっていましたが、鏑木がレースに出場することを知ると緊張が一気にほぐれました。

今までの鏑木・段竹ペアは精神面で鏑木が段竹に頼っている場面が多く見受けられましたが、段竹にとっても鏑木はとても大きな存在だということが伝わってきました。

もしも定時が出場していたら、段竹の本来の力は発揮できなかったように思います。

今回は鏑木と段竹の2人で走るわけでなくここに坂道がいます。

坂道がどう上手く2人を扱うのかが重要になってきます。

エースを段竹に託したわけですからゴールは段竹に渡すつもりだと思いますが、坂道のチャレンジを想定通りに箱学がやらしてくれるのかが気になりますね。

坂道のチャレンジと段竹・鏑木のチームワークがどう混ざり合うのか注目です!

また段竹の成長にも期待したいですね。

 

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|高田城のスプリントが見られる?!

去年の箱学は、葦木場が1人で参戦し坂道に敗れましたがそれでも2位で到着しました。

今年は2人での参戦です。

これは完全に勝ちにきていますね。

そして、その2人のメンバーが「新開悠人」と「高田城」ってことに驚きました。

てっきり真波と高田城だと思っていたので。w

箱学の頭脳プレイヤーの高田城は新開をどう使ってくるにでしょうか?

ここは裏をかいて、新開に引かせて最後のゴールは高田城がとる算段か?!

まだ明らかになってはいませんが、高田城はスプリンターのはずです。

もしそうだとすれば、新開に自分を引かせて最後に仕掛けるパターンか?

それとも、最初にスプリントでちぎって逃げ切りパターンか?

でも、総北にもスプリンターとして開花した鏑木がいるのでちぎるのは難しそう…

だとしたら、序盤は抑え新開に任せて最後に出てくる方が盛り上がりそうな気がしますね。

高田城が仕掛ける策とどんな走りをみせてくれるのかに注目ですね。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|真波と坂道のバトルはインターハイへ持ち越し!?

峰ヶ山ヒルクライムに出場する箱学メンバーに残念ながら真波はいませんでした。

がっかりされた方も多いと思います。

坂道と真波のバトルは持ち越しのようですね。

最初の出会いで真波が坂道にボトルを渡し、それが坂道をインターハイまで導きました。

この2人が勝負する場所と言ったらやっぱりインターハイしかないのかもしれませんね。

以前”山の王”を継承する為、東堂に促され勝負する場面はありましたが、天候に阻まれ結局決着はつきませんでした。

坂道はそもそも勝負をしたいキャラクターではないですし、真波は勝負に執着するというより”生きてる!”って感覚をほしがっている感じです。

それが実現できるのはインターハイという特別な場所だけなのかもしれませんね。

3年最後のインターハイはどんな接戦がみれるのでしょうか?!

今からワクワクしますね。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|鏑木が段竹の窮地を救う?!

段竹といえば、鏑木の理解者であり、サポーター的なイメージが強いですよね。

ですが、弱虫ペダル612話では段竹が峰ヶ山ヒルクライムの山のエースに選ばれました。

段竹は見た目のクールさとは反対にとても緊張するタイプです。

ウエルカムレースの時もとても緊張していましたよね。

弱虫ペダル612話では、定時のダウンや箱学出場などの波乱続きです。

このレースは、一筋縄ではいかない予感がするので、段竹にも何かひと騒動ありそうな気がしますね。

また段竹は、自分にコンプレックスを持っている節がありますし、ここでそれを突破するのでしょうか?

そこでキーパーソンとしていつもサポートしてもらっている鏑木が段竹の背中を押すのではないでしょか?

鏑木・段竹には、ずっとペアでやってきた信頼があります。

お互いの言葉はとても効き目がありそうですね。

段竹がこのレースでどんな走りをするのか注目です。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|段竹は坂道の後継者??

峰ヶ山ヒルクライムに選ばれたのはまさかの1年の2名「段竹」と「定時」でした。

1年が2人も選ばれるなんて驚きですね。

更に、山のエースに選ばれたのも「段竹」でした。

段竹本人が一番驚いていたような気がします。w

坂道は自分も出場するのにエースを段竹に任せるってことはそれなりの意味がありそうですね?

もちろん1年を強化する目的はあると思いますが、もしかして段竹を後継者にと考えているでは?

現段階では、クライマーは坂道だけです。

1年生といえばインターハイ出場した鏑木が印象的ですが、段竹も中学時代に鏑木と同様にチームSSに所属していた実力者です。

鏑木も段竹の実力は認めています。

ですが、段竹のデータはまだ明らかになっていません。

明らかになっているのは、鏑木が信頼しているパートナーであるということ。

坂道に初のクライマーの後輩ができるのか?!

そうなった場合、坂道がどんな指導をするのかが気になります!

今後の段竹の成長と坂道と段竹の関係にも注目です。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|坂道の夢見る才能が進化する??

弱虫ペダル611話では、私的にとても興味深い場面がありました。

それは、坂道が1年生のジャージが揃ったことを喜んだシーンです。

それも、自分が抜かれているのにですよ?!

普通は焦るところのような気がしますが…

坂道っぽいといえばそうなのかもしれませんが、この出来事は坂道としてではなくキャップテンとして喜んだように感じました。

1年生がジャージを自分達で相談して揃えたという事はチームがまとまってきた証拠でもあります。

坂道はそのことが嬉しかったのではないでしょうか?

常日頃からチームの事を考えるのがキャップテンの宿命ですが、坂道も着実にその道を歩いているようですね。

またチームの士気を自然と上げることができるのが坂道の才能の一つです。

以前、巻島が坂道に「夢を見ろ!」といったことを皆さんは覚えているでしょうか?

坂道は自分の言葉や想いを手繰り寄せる力をもっています。

一緒に走ったメンバーは何度のその奇跡を目の当たりにしています。

キャップテンとしての責任がより強い想いを生み出すのではないでしょうか?

今後のキャップテンとしての坂道の成長が楽しみですね。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話確定速報

弱虫ペダル最新話614話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回弱虫ペダル掲載のチャンピオン発売日の週の木曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

弱虫ペダルネタバレ614話最新話確定速報まとめ

弱虫ペダル613話では、定時が高熱で出場できなくなり、更に箱学の「新開悠人」と「高田城」が参戦してくると告げられます。

初の大舞台でトラブルに見舞われプレッシャーで段竹は身動きがとれなくなります。

そんな中、坂道が選んだ戦略はリザーバーで鏑木を出すことでした。

そのことで一気に段竹の緊張はほぐれます。

このレースで坂道が言ったチャレンジは成功するのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

弱虫ペダル614話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「弱虫ペダルネタバレ最新話614話確定速報!坂道のチャレンジは高田城のよって阻まれる?!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る