弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ673話!「兄弟の決着」新開兄弟の確執は…

先週は、隼人が悠人をどう思っているのか?が少し垣間見えた話でしたね。

ゴールラインまで残りの距離も長くない中、ずっと実の兄を「隼人君」と呼んでいた悠人の心境も、徐々に開いてきたように感じました。

自分があこがれていた相手、そしてライバルである相手が兄という立場にいる悠人の気持ちの葛藤や、この勝負の行方で新開兄弟の関係が変わるのか、など注目すべき点はたくさんあります!

早速673話を見ていきましょう!

※先週のネタバレはこちら→弱虫ペダルネタバレ672話

リンク先:U-NEXT公式サイト

本ページの情報は2022年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

弱虫ペダルネタバレ673話速報

弱虫ペダル673話のネタバレを含みますのでご注意ください。

そこにいた全員

隼人と悠人が競り合っている様子を見つめるハコガクメンバーの描写から始まる673話。

「瞬間、そこにいた全員がかたずを飲んだ。はるか前方で行われているラインスプリントが絆儚い兄弟の対決であること・それをこうして肉眼で見ることができていること。その決着がもう直前であること」ー。

”伝説のスプリンター”と言われている隼人と、その兄であり自身の実力もかなり高い悠人。

悠人が隼人を嫌い、隼人以上の選手になろうとしていることや、兄と比較されることを嫌いクライマーと名乗っていることなど、もちろんチームメイトは知っているでしょう。

「伝説の隼人が走っている」ことに加え、「その兄弟である悠人と競争をしている、隼人を本気にさせた悠人」の凄さも実感しているに違いありません。

「言葉を発せずただ身をのりだし凝視し、ある者は体をふるわせた。そしてもう1つ、スプリントに全力を絞る鬼気迫るはずの2人の姿が…。」

「ほんの一瞬、とても温かい何かお互いを包み込みとけあうものに見えた。」

この1文と、肩を寄せ合い必死に走る2人の姿を見ただけで涙があふれてきそうですね…!

隼人も悠人も舌を出し、それこそ”鬼の気迫”でゴールに向かってひたすらペダルを踏みます。

残り50m!

ゴールまで、残り50mまできました…!

お互いの自転車のハンドルを当てあいながら、さらにゴールに向かって貪欲に走る悠人。

「今ハンドルがあたったか?それがなんだ、どうでもいいオレは勝つ!」

「勝って”俺の存在”を証明する。隼人を倒してそれを証明するのが今ここにいる理由だ!」

さらに足に力を入れペダルを必死に漕ぐ悠人。

その様子を見ている隼人は、そんな悠人の成長ぶりに驚いている様子でした。

「すごいじゃないか悠人。この最終版でオレのスプリントについてこられるヤツなんてめったにいないんだ。」

「オマエはそれについてきている。互角に並んでいる。」

そいつらレベル低いんじゃないの?なんて憎まれ口をたたくか。普通にもがいただけだけど?なんて余裕を見せるか?違う、お前が凄いんだ!

と、さらに隼人も足に力をこめさらに加速していきます。

「オマエの成長を全身で感じることができて、本当に幸せだったよ!」

残り10mを迎えた”兄弟勝負”

そして、わずか10m前にはゴールラインがありました。

「こえる!今日隼人をこえる!」

「全開で踏むよ悠人!」

「「この最高の時間が終わるまで!!」」

2人とも一歩もひるまず、ただひたすら相手に勝つことだけを考えながらペダルを踏み続けます。

その表情は本当に”兄弟”って感じで似ていますよね!

勢いよくハンドルを握りなおし、叫ぶ2人。

そして、最初にゴールを踏んだのは…。

隼人だったのです。

新開兄弟の勝負の結果

ハコガクメンバーがゴールの様子を見守る中、新開兄弟の勝負を制したのは、やはり隼人でした。

さすが伝説のスプリンターと言われているだけあって、接戦した勝負にも必ず勝つほどの男です。

銅橋やユキ、泉田などはその隼人の凄さに改めて驚いている様子でしたが、真波は意味深に笑っています。

真波が隼人をこのファンレースに呼んだわけですから、2人が勝負することを想定し、かつ隼人が勝つことまでイメージしていたのだとしたら怖いですね…(笑)

ただ、本気で勝負した兄弟2人ですから、これからはもっと「隼人に勝つ」という一心で必死に練習する悠人の姿が想像できます。

弱虫ペダル673話のTwitter民の感想は?

弱虫ペダルネタバレ673話のTwitter民の感想は…。

新開兄弟の勝負の決着に嘆く方や、悠人の奮闘をたたえる方多数でした!

弱虫ペダルネタバレ673話のまとめ・考察

いや~、新開兄弟勝負の決着がついちゃいましたね(笑)

やはり隼人が勝負を制しましたが、ここで悠人が勝っていたら、もしかしたらレース後の”兄弟和解”の展開はないかもしれませんね。

隼人を超えたいと強く思うからこそ、再び昔のように”2人で楽しく自転車に乗る”ことも強く思い出すのではないでしょうか?

そんな2人の仲の良いシーンがまたみられると良いですね!

決着後の2人の関係はどうなるのか、来週も見逃せません!