弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ668話!「刷新」新開兄弟の対決の結果はいかに…?!

新開兄弟のサシ対決も白熱してきた弱虫ペダル。

2022年一発目のレース展開は、どのような結末になるのでしょうか?!

前回は、悠人が「隼人の走りが刷新していなかったら?」とイメージしたところで終了しました。

今回のタイトルが”刷新”ということで、悠人が覚醒するのか。それとも隼人が有終の美を飾るのか…。

気になる新開兄弟対決、早速見ていきましょう!

※先週のネタバレはこちら→弱虫ペダルネタバレ667話

リンク先:U-NEXT公式サイト

本ページの情報は2022年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

弱虫ペダルネタバレ668話速報

弱虫ペダル668話のネタバレを含みますのでご注意ください。

全開加速!

悠人の前を走っていた隼人は、「全開加速、あと4回くらいやっていいか」と得意げに悠人に聞きました。

そんな煽り文句を言われた当の悠人は、「ああ。試してみようぜ隼人君」と、どこか強気な様子です。

ラインまでは残り2㎞を…切ったこの状況。

これまでの流れだったら、余裕の隼人の走りに必死についていく悠人という構図が思い浮かびそうですが…。

「ずいぶん余裕じゃないか。息もあがって肩がゆれてるように見えるが?」と言いながら、”代名詞”とも言える栄養補助食品をもぐっと食べる隼人。

それに対抗するかのように、「胸いっぱいに海沿いの空気吸ってんのさ」と、こちらも栄養補助食品をガブっと食べる悠人。

この2人は、走るときに”何かを食べている”イメージが非常に強いキャラクターですが、「さすが兄弟。似てる」と言ったら悠人に怒られそうではありますよね…(笑)

ただ、食べながら走っている様子はまさに”兄弟”そのものです。

余裕っぽい表情を浮かべながらくらいついてくる悠人の態度に、「なるほど。いつでも仕掛けていいってことだ」と、お得意の下ハンドルを握った隼人。

ただ、その行動を見逃す悠人ではありません。

「そうだよ!来いよ!いつくる?」と、この行動を待ってたと言わんばかりの興奮度です。

「どんなにほんの一瞬でも反応が遅れたら完全に置いて行かれる」

分かってはいるものの、「それじゃあ遠慮なくいかせてもらうよ!」とぶっ飛ばしスピードをグングン加速していく隼人に置いて行かれそうになる悠人。

「そおおおら!これが一撃目!」「悠人、しっかりついてこれてるか?!」と後ろを振り向くと、そこにはおばあちゃん…?!

いや、振り向いた反対側に、スっと現れたのが悠人でした。

必死にくらいついている感は否めませんが、それでも驚いた隼人の表情はとても印象的です。

弟の反撃開始!

「ついてこれてるよぉ。なんだ今のが一撃目かよ」「途中で踏みやめるから何か道路に落としたのかと思ったよ」

と、栄養補助食品を食べながらニヤりとつぶやく悠人。

「ついてきた…?」と、隼人もさすがに唖然としています。

これまで”自分の後ろをついてくる弟がかわいい”と思っていたであろう隼人は、”自分が弟に負ける”ことを想定していないのでは?と感じてしまう描写ですよね。

隼人の走りの特徴に何かを見つけた悠人…このままついていってほしいですね!

「ヒューウ。悪くないよ。」

必死についてきた悠人の本気の走りに、さらに本気モードになる隼人。

あとライン2㎞を切っているという状況ですが、それでもスプリンターのオーラは全開です。

「いや、集中しろ!ブレるな俺!次もしっかり!」

隼人のプレッシャーに負けないように、悠人も必死にその圧についていこうとしています。

「見極めるんだ!!!!!!」

気合が入った悠人。

それを示すかのように、「これが二撃目ぇ!」とさらにスピードを加速させていく隼人に食らいつきます。

悠人が後ろにいる

「これでどうだ悠人…」

そう言いながら後ろを振り返ると、やっぱり悠人は必死に隼人に食らいついていました。

”まさかついてくるわけない”と思っているであろう隼人は、2回目の突撃にさえついてきた悠人がかなり意外だったのか、ここでも驚いた表情をしています。

「二撃目もついてきた、なんでだ?って顔してるな、隼人くん」

必死にくらいついてきた悠人は、得意げに隼人に言います。

「さっき言わなかったっけ。景色見てて遅れたんだよさっきは」「今度は2回ともしっかり見てたから遅れなかったんだ。”隼人くん”を。」

どこか意味ありげな”隼人君”という言葉。

それに驚きつつも、関心したような様子の隼人。

「観察しただけで?俺のスプリントにこんなに速く反応できるやつなかなかいないんだ」と、悠人の言葉を聞いてさらに驚いていました。

それを聞いた悠人は、「その連中レベル低いんじゃないの?」とどこか得意げ。

「オレがやったのは…詳しいことは企業秘密だけど、あえてひとつだけ言うなら。」「刷新しなかっただけだ!」

そう言い切る悠人は、レース中の自分の気持ちの変化を思い出していました。

「久しぶりに走る隼人くんの新情報はあまりに更新されすぎてて、勝てる気がしなかった。だから、情報の刷新をやめて思い出すことにした。」

「あずま屋まで競争していたころの隼人君を。昔から変わっていないところを。

あえて”変わっていないところ”を探すって、兄弟じゃないとできないテクニックですよね(笑)

普通であれば、勝ちたい敵の”変わったところ””刷新されたところ”にフォーカスしがちですが、それをあえてやめて”変わっていないところを見つけてどう勝つか”に思考をシフトした悠人は、かなり「レースの切れ者」と言えそうです。

隼人君の変わっていないところ

「隼人くんの昔から変わっていないところ…」

それを見つけた悠人。

「もしかして昔競争しているときからタイミング合わせるのに目印にしていたあの動きって…。」

「秘密、悠人らしいね。」

クセっていうのは人にあるんだ。隼人君はこの数年間でかなりバージョンアップしたけど、本気の加速をする前に”左肩を2度揺らすクセ”はいまだに変わらない!

それに気づいた悠人は、その動きを目印に「隼人がいつ加速するか」を見極め、必死にくらいついていたのでした。

これは、悠人曰く「多分俺だけが知っているクセだ!」

「三撃目ぇ!」と加速する隼人にもついていく悠人。

「すごいね、まるで魔法だ。予知能力かな?」「俺がトルクをかける前にオマエはペダルを踏んで前に出た!」

そう悠人に伝える隼人の形相も、どんどん本気になってきています。

”弟”ではなく”対戦相手”として悠人を見ている証拠ですよね。

「まあ、負けないための知恵だよ隼人君」

得意げに隼人を煽る悠人の様子に、「ますますおもしろくなってきたな」と言いながら、独特の表情としぐさを残し今回のストーリーは終了します。

この隼人の様子は、まさかの”直線の鬼”が出る前兆なのか…?!

ますます新開兄弟の勝負の行方が気になりますね!

弱虫ペダル668話のTwitter民の感想は?

弱虫ペダルネタバレ668話のTwitter民の感想は…。

ますます白熱する”新開兄弟”のレース展開に、読者も白熱していました(笑)

https://twitter.com/hakm525/status/1479060230483103744

弱虫ペダルネタバレ668話のまとめ・考察

2022年1発目の弱虫ペダルは、”新開兄弟のレース”で幕開けしました。

坂道をはじめ総北メンバーは今なにをしているのかも気になるところですが…(笑)

兄弟の確執を、このレースで浄化し「昔のような仲の良い新開兄弟」を再び見ることができると良いですよね…!

悠人の頭脳戦が功を奏すのか、レベルアップしまくった隼人の走りで有終の美を飾るのか。

669話も見逃せません!