弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ664話!「最速の2人!!」ついに3年生に…?!

2021年11月18日発売号の週刊少年マガジンに掲載の弱虫ペダル664話のネタバレ速報をお届けします。

ついに特別ゲストが新開隼人ということがお披露目され、興奮ぎみのハコガクメンバー。

”新開兄弟対決”も気になるところですが、さらに3年生チームに隼人が加わることによって、わかりやすく”先輩VS後輩”の図が出来上がる展開となりました。

白熱のファンライド編…さっそく見ていきましょう!

※先週のネタバレはこちら→弱虫ペダルネタバレ663話

弱虫ペダルネタバレ664話速報

弱虫ペダル664話のネタバレを含みますのでご注意ください。

偉大な先輩2人

「まじかよ!3年チームがもう出た?!」と驚く新開悠人の描写から始まる664話。

メインで残っている3年は雪成と葦木場だけで、そのほか”スプリンター”メンバーはすでに前に出ていました。

スプリントを狙う追い出しレース前半のステージ。

一番最初に飛び出したのは”伝説”のスプリンター隼人と、元キャプテン・泉田
だったのです!

2年前のインターハイ再び!と言ったところの2人ですよね!

テロップにもあるように、偉大な先輩として称えられている「泉田塔一郎」と「新開隼人」。

この2人に立ち向かえるスプリンターは他にいそうにないですが…。

在校生組から1人や2人は出てきてほしいところです!

平坦道で最も相手にしたくない2人、それが泉田と隼人とわかっている各メンバーは、先頭を走る2人に追いつけない様子。

「このまま最後のラインまでいきましょう新開さん!」アブアブ言いながら安定の走りを見せる泉田と、余裕さを見せながらその走りについていく隼人。

「今日僕はあなたと走れて全身の筋肉に猛烈な幸せを感じているんです!」「至上です!」

と、終始興奮した様子の泉田。

久しぶりに泉田の各筋肉の紹介を見た気がします(笑)

泉田にとって隼人は、同じスプリンターであり同じインターハイを走った仲間でもあります。

他の人以上に隼人を崇拝しているのが伝わってきますよね。

その様子に、「手厚い歓迎だな!」と隼人もまんざらではなさそうです。

やばいレース展開

一方、最速の2人が前に出ている3年生チームを目の前に…在校生チームは焦りを感じていました。

「最悪じゃねえか!やばいですよ銅橋さん!」と、悠人も焦っている1人でした。

「だから行くぞって言ってんだろ!」と、すでに手遅れと感じているもののそれに応えようとする銅橋。

3年チームの新開隼人と泉田…だれが見ても”最強コンビ”の2人のスプリントに、1・2年生は圧倒的に不利な状況。

しかし「銅橋1人じゃ…でも2人なら!」と、不利な雰囲気の中でも希望を捨ててはいませんでした。

「いや、2人ならって言ってもこの先追っかけて前にいるの隼人くんでしょ!!!」

強く思う悠人は、やはり”兄(隼人君)に会いたくない”と無意識に思っているからか、いつものような足の動きではない様子。

「早くしろ!あがれ悠人!」と銅橋に叱咤されてもその様子は変わりそうにありませんでしたが…。

「こりゃいただきだな。在校生チームの星は、俺たち3年チームが」と雪成が言うがいなや、ドクンと何か感化されたような様子でした。

そんな悠人の後ろにニコニコした真波がいるのが…またなんとも面白いdすよね(笑)

「その言葉を待ってました雪成さん!」とでも言いそうな真波ののほほんとした表情がクセになります。

「いくぞ悠人!!」「はいっ!」

しっかりと気を奮い立たされた悠人は、銅橋の後ろにぴったりとくっつきスピードを上げていきます。

「なんかやっぱ、星とられるのはいやだ!」と、悠人の中の闘争心もどんどん加速していました。

プライドが高く負けず嫌いという悠人の性格を知っている先輩たちだからこそできる連携プレーですよね!

仕掛けた真波をはじめ、気持ちを奮い立たせた雪成も「さすがだな!」と言わざるを得ません(笑)

兄を負う弟

「出たな悠人」「いけえ銅橋!」と、3年生チームや在校生チームに応援されながら足を進める2人。

「泉田さんはいいとしても、隼人君に星を獲られるのはやだ!」と、負けたくない気持ちもどんどん強くなっていっている様子の悠人。

「いつも余裕で飄々としているが、あいつの内側はカリッカリの負けず嫌いなんだよ」とつぶやく雪成。

だからこそ、”悠人の真の実力”を知るために星争奪戦が必要だったのですね。

栄養食をほおばりながらさらにスピードを加速させようとする悠人。

本人はいやだと思いますが、その表情はやっぱり隼人に似ているんですよね!

「銅橋さん、もうちょい速度上げれます?!」銅橋にさらにスピードを強めるように頼む悠人。

「ふざけんな!誰に言ってる!おれはてめえに気つかっておさえてんだ!」「てめえが上げていいんだったら全開まであげてやんぜ!」

と、悠人が奮い立つのを待っていたかのように興奮する銅橋。

悠人の実力を認めているからこそ、自分から言ってくれるのを待っていたのかもしれませんね。

「お願いします。前も相当ペース早いと思うので。だからって追いつかないんだったら…」

「勝負にもなんにもなんないんで!」

これまで確執を持っていた兄・隼人に初めて立ち向かうことになった悠人。

星がかかっているからとはいえ、これまでずっと”コンプレックス”だったものに向かっていくのはかなり勇気がいる行動ですよね。

そんな悠人の気持ちを上げた真波や雪成には感服です。

また、兄に勝つことで「これまでの確執を覆そう」「オレだってできるところを見せてやりたい」と、少しは思っていそうな悠人。

その負けず嫌いな思いがレースでどのように作用するのかも見どころの1つですね。

地の味しても脚ゆるめんな!

「星を獲得するために、最速の2人に追いつく!」

どんどんスピードを上げていく銅橋と悠人。

「死ぬ気で回してついてこい悠人!」「はい!」

2人の表情は、いつしか本気モードに切り替わっていました。

「やべえ!本気の銅橋さんの後ろについて走らせてもらうの、初めてかも!」と、悠人も興奮ぎみでした。

「普段の言動は荒々しいのに、スプリングは超丁寧。一切のブレがない!」「平坦で速度上げるのにはペダリングが綺麗なのが一番大切なんだ」と、銅橋の走りに関心している様子の悠人。

これまで銅橋は”速い”というような描写しかありませんでしたが、「腰が安定してて、それを土台に両脚が力強くペダルを蹴ってる!」と悠人の関心さでそのすごさが伝わってきます。

悠人によれば、下手な人の後ろは速度にムラがあり、速度域が低くても疲れてしまうそう。

その点、銅橋のような優れた人の後ろは速度が速くてもスムーズで、余裕をもってついていけるんだとか。

そして、このペダリングはちょっとやそっとじゃ身につかない。

銅橋のペダリングから”かなり真面目に練習している”ことがわかった悠人は、「自転車に対して相当真摯だ!」と、銅橋の凄さを改めて実感した様子でした。

前回のインターハイで、初めて銅橋が登場したときは「身体が大きく野蛮」なイメージがあったのですが、いざ走りだけを見てみるとその素晴らしさがわかりますよね。

これから真波キャプテンを筆頭に、ハコガクを率いるメンバーになるわけですが…どこか総北の田所に似ている雰囲気なので、後輩にも慕われてほしいですね。

ついに3年生に…!?

数々の景色を通り過ぎた頃…。

「毎年やっているこの追い出しレースの最初のスプリントは、交差点前にある白線ラインで勝負が決まる。」

なんと銅橋、悠人はその6㎞手前で”最速の2人”に追いついたんです!

その様子に驚くことなく余裕の表情で迎える泉田と新開隼人。

「追いつかれたよ!すごいね!1年で伸びたな彼」と感心する隼人。

「これは頼もしい!銅橋!俺は君の成長をうれしく思っている」と、泉田も安心した様子でした。

ただ、ここはハコガクの追い出しレースという場所。

「ここから先は完全なる勝ちをいただく!」と、決意を語る泉田。

「最後のラインお願いします、新開さん!」「OK、それじゃあいってくるよ」と、最後の走りをしようとする隼人に、銅橋はなんと悠人を選びました!

隼人・泉田・銅橋との会話に参加せず、後ろでひっそりと身をひそめていた悠人がここで登場か!ついに兄弟対決か!と、興奮せざるを得ない展開になってきましたね!

次回はファンライドの様子ではないようなので少し時間が空きますが、それでもついに”兄弟対決”が見れるような流れなので、とても楽しみですね!

普通に考えたら隼人が”伝説のスプリンター”の貫禄で勝ちそうですが、「星」「兄への執念」この2つをもった悠人の活躍も期待できそうだと感じます。

悠人が隼人に勝ち、2人で”兄弟スプリンター”として頑張っていく…兄弟仲も戻ってお互いが切磋琢磨できるような関係性になる…。

そんな美しい展開は理想ですが、なんせインターハイで坂道が2度もゴールテープを切っているようなストーリーの流れなので(笑)

普通に隼人が勝ち、悠人は星をゲットできずにさらに自転車の練習に力を入れるのか、兄に教わりながらスキルアップをしていくのか…。

考えられそうな展開はたくさんありますよね!

弱虫ペダル664話のTwitter民の感想は?

弱虫ペダルネタバレ664話のTwitter民の感想は…。

次回訪れる”新開兄弟”対決が待ち遠しい様子でした!

弱虫ペダルネタバレ664話のまとめ・考察

ついに”新開兄弟”対決が現実味を帯びてきましたね!

これまで以上に真剣な表情を浮かべた悠人が巻き返して兄・隼人に勝ってくれるのでしょうか?!

前回のインターハイでは「箱根の直線鬼に弟がいるの知ってましたかあ?」と対戦相手をまくるシーンもありましたが、どこかで悠人自身も”スプリントのセンスがある”と認めていたのではないでしょうか?

クライマーであるにも関わらずスプリント対決をすることになった悠人の今後のレースに対する思いと、確執の兄弟勝負が見どころですね!

白熱のファンライド編、次回も見逃せません!