弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ655話速報!川田 拓也

2021年9月16日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載の弱虫ペダル655話のネタバレ速報をお届けします。

※先週のネタバレはこちら→弱虫ペダルネタバレ654話

弱虫ペダルネタバレ655話速報

※弱虫ペダル655話のネタバレを含みますのでご注意ください。

敗北した川田の胸に去来したのは悔しさではなく憧れでした。

坂道に駆け寄る今泉と鳴子。

賞賛の言葉を坂道に伝えます。

その様子を見た川田はスーパースター小野田坂道と漏らします。

川田の胸中は悔しさではなく憧れに変わっていました。

ハリボテの運だけで手に入れた優勝だと思っていたが、実力でインターハイを二連覇したのか…と坂道を認める川田。

自転車から降りようとする坂道はリュックの重さに耐え切れず転んでしまいます。

大丈夫か?よく転ぶなお前と声をかける今泉。

心配するなら支えてあげろよと突っ込む鳴子。

恒例の漫才が始まります。

笑っている小野田を見てかっこいいと思っている川田はふと我に帰ります。

川田の元にやってきた今泉は満足したか?考えうる全ての策を使って、小野田に挑んだ結果は負けだ。と痛烈に言い放ちます。

青ざめる川田を見て、追い討ちをかける今泉のことをえげつないなと思う鳴子。

過小評価を言いふらしてきた小野田にハンデを負わせた上で圧倒的に敗北を喫したのだ。お前の力はその程度だ。と今泉はさらに追い討ちをかけます。

今泉はただ単に事実を伝えただけですが、負けました参りましたと言えばいいのかよ?俺は弱いクズですよ。なんで皆マウント取ってくるんだ!俺だって勝って注目を浴びたいよ!と川田は荒れ狂います。

完全に被害妄想のかまってちゃんですね。笑

川田をスルーして、今泉は小野田に話を振ります。

さらに追い討ちをかけるのか!と突っ込む鳴子。

坂道も一つだけ伝えたいと言います。

それは自転車から転んだ際に、川田の大事なリュックがボロボロになってしまった事に対する謝罪でした。

マウントを取られると思っていた川田は呆気に取られます。

(どれだけ被害妄想…笑)

大事なリュックだけど、そんなことはどうでもよくなる川田。

素直にすごい、自分とは器が違うと坂道を認める川田。

それに対し、どうだこれが小野田だ。あいつは勝ち負けの範疇を超えて走っているんだ。となぜかドヤ顔の今泉。

勝ち負けの外側という考えに対し、驚く川田。

坂道が川田に勝たせようとしていたことを伝える今泉。

あいつは総北の意外性だと続けます。

と同時に、リュックの中の水を飲み出す鳴子は完全にボケ担当ですね。

その一方で川田は、自分が挑んだ男小野田坂道をかつてのスーパースターに重ねていました。

その後、川田は小野田に騙し打ちのような勝負を仕掛けたことを謝罪します。

ついでに杉本にも謝罪。

勝負を聞きつけた鏑木には自業自得だなと散々文句を言われます。

数日後、桜井は野球部に戻ります。

そして、川田は最終的に自転車部に残りました。

勝ち負け以外の世界を自分の目で確かめたい!と今泉に伝える川田。

やる気のある奴はルールを守る限りどんなやつでも歓迎だと伝える今泉。

後日の練習風景では後輩の鏑木と先輩の川田が言い争っている様子でした。

(そりゃ後輩にも舐められるわ…笑)

場面は変わって、寒咲自転車店。

寒咲幹が、鼻歌を歌いながら気分良くほうきで落ち葉を集めています。

そこに背の高い誰かが登場。

ここに来れば坂道に会えると聞いたと訪ねてきたのは、雉弓射でした。

ここで655話は終わります。

弱虫ペダルネタバレ655話のTwitter民の感想は?

弱虫ペダル655話のTwitter民の感想は…

川田編が終わり、ひと段落という感じで様々な意見がありました。

弱虫ペダルネタバレ655話のまとめ・考察

今週は、弱虫ペダルの655話のネタバレをご紹介しました。

坂道 vs 川田の対決は坂道の圧倒的勝利で終わりましたね。

様々なハンデを背負いながら余裕で勝つ坂道。

にしても、被害妄想と他責思考が強すぎる川田は今のところ嫌われキャラになっていますね。笑

負けん気の強さだけは素晴らしいと思うので、なんとかレギュラーに入る未来はあるのでしょうか?

最後には雉弓射も登場しましたが目的は一体…

次号、弱虫ペダル656話も楽しみです!