弱虫ペダル

弱虫ペダル646話ネタバレ!川田が坂道にハンデ戦を要求する?

Pocket
LINEで送る

2021年7月8日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌646話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル645話では、川田がテニス部にレギュラージャージを着て現れました。

川田は退部時にテニス部の先輩から言われた言葉を根に持ち、仕返しする為にわざわざ登場したのです。

一方、川田の不正を知ってい鏑木は今泉を呼び出し川田を退部させるよう交渉していました。

しかし、今泉の返答は「退部させる必要なない」というものでした。

今泉に正論と突き付けられた鏑木は言葉を失います。

その頃、台風の目となっている川田は坂道を誘い出し勝手に勝負を仕掛ける算段を練っていました。

完全に坂道をなめ切っている川田ですが、坂道は川田との勝負を受け入れるのでしょうか?

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル646話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル646話ネタバレ!  川田が再び不正を働く?     」と題してお届けします。

>>弱虫ペダル最新話ネタバレはこちら<<

 

弱虫ペダル646話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話645話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ考察|坂道は川田との勝負を楽しむ?

急に川田からサイクリングの誘いを受け、戸惑いを見せたものの了承した坂道。

まさか川田から勝負を申し込まれるなんて考えてもいないでしょう。

きっと坂道のことですから、穏やかなサイクリングを想像しているはず。w

というより、不正をしてどうにか杉元に勝った川田が坂道と勝負になるのかがとても疑問です…。

坂道とでは勝負にならないのではないでしょうか?

とするなら、坂道にとってはサイクリング気分で川田だけが必死で頑張る構図になるかもしれませんね。

坂道には手も足も出ないことを思い知ってほしいところですが、この勝負どう展開してくのでしょうか?

坂道には是非楽しんで勝負をしてもらいたいですね!

 

弱虫ペダル646話ネタバレ考察|川田が再び不正を働く?

上手く坂道を乗せ、サイクリングの誘い出すことに成功した川田。

杉元との勝負に勝ち勢いづいていますね。

川田は1年の時から坂道を見下しており、現在もインハイ2年連続出場メンバーでしかも総合優勝した坂道を未だ見下したまま。

ここら辺の情報がどうなっているのか知りたいところです。w

坂道には勝てると踏んで勝負を挑むつもりでしょうが、杉元の時とはわけが違います。

全うに戦って勝てるはずがありません。

とすると、川田がとる行動は1つ…勝つため不正をする!w

これに尽きると思います。

今度はどんな不正を見せてくれるのでしょうか?

川田の出方に注目ですね!

 

弱虫ペダル646話ネタバレ考察|川田vs坂道?

杉元との勝負に勝利し、勢いを増す川田…。

そして、次のターゲットを坂道に設定しました。

川田の中ではまだ坂道は格下なのでしょうね。

どうやら勝利の報告の仕方から、今泉と鳴子にはケンカを吹っ掛けることはなさそうです。

そういえば1年のウェルカムレースでも今泉・鳴子に続いて3位になることを目標としてましたしね。

川田のイメージはきっとあの時から変わってないと言えそうです。w

だとすると次は確実に坂道にバトルを仕掛けることになるでしょう。

坂道がバトルを受けるかは疑問ですが、川田にはプライドをへし折られて退部という道を選んで頂きたいですね。

坂道の動向に注目です!

 

弱虫ペダル646話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル645話を読んでのツイッターの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ

弱虫ペダル646話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|川田の作戦

数学の授業中、川田は明後日の坂道との勝負ついて考えていました。

川田はキャップテンが坂道になったことについて納得がいっていない様子。

「なんであんなザコキャラが?」「初心者レースでリタイアしたあいつが?」と自分が欲しいものを全部持っている坂道が心底気に食わないようです。

そして、川田は坂道を確実に倒す作戦を考えます。

「あいつの登りにはついていけない。小さくて軽いからな…」と坂道の登りの速さに関しては認めている川田。

そして「はっ」と何かを閃きます。

「いける!!」と確信を得て川田の表情が一気に晴れます。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|決戦の日曜日

そして2日後の日曜日、早朝からの4時間練習を終え解散した自転車競技部…

約束通り川田と坂道の姿がありました。

知らない道を走り素直に感動する坂道。

一方で、川田は内心闘志メラメラです。

川田は勝負に備えてわざと練習で手を抜き足を温存していました。

坂道の足はというと練習でクタクタです。

確実な勝ちにこだわる川田。

勝つためなら手段は選ばないっといった感じがアリアリと出ていますね。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|川田の秘めた野望

川田が欲しいのは坂道と勝負して勝ったという実績です。

坂道に勝つことによって部内での発言を強め、ゆくゆくはインターハイ出場することが目的のようです。

内なる闘志を隠し、穏やかに会話をする川田。

坂道は川田がふらついていることに気づき「リュックに何が入ってるの?」と質問しますが「後で言う」と答えてもらえませんでした。

その後も穏やかな会話が続き、川田は1年の退部時に金城とのやりとりについて話します。

これには坂道も食いつきます。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|川田と金城のやり取り

川田はウェルカムレースで思った結果が出なかったことで退部を決意し、金城に想いを伝えます。

すると金城は「あと1週間在籍して練習に参加しろ」と伝えたのです。

しかし、川田は結果を出せないことへのいら立ちが勝ちそのまま退部してしまいました。

「だから今回は反省して再入部した」と言う川田に坂道は感動します。

「えれい!」とほめる坂道に川田は「小野田のくせに上から目線かよ」と内心毒づく。

そして川田の目的地に到着します。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|川田が勝手に仕掛ける

それは陸上競技場の脇か裏山に繋がる登り坂でした。

「登り」と聞いてテンションの上がる坂道。

川田は続けてコースの説明を始め、ゴールラインを設定します。

戸惑う坂道に川田は勝手に勝負を言い出します。

「俺が勝ったらキャップテンを譲れよ!」と言い勝手にスタートする川田。

驚いた坂道はその場でこけてしまいます。

意気揚々と登る川田ですが、坂道がすぐさま追いつきます。

「軽いだけでこんなに早いのか⁈」と驚く川田。

 

弱虫ペダル646話ネタバレ|ハンデ戦が始まる?

坂道は「勝負はしなくていいでしょ?まだ入りたてなんだし」と気を使います。

それに対して川田は「僕には適わないってことか?」と嫌味をぶつけ、否定する坂道に条件を出します。

「俺も実力差があると思っている。だからこれを背負ってくれよ」と今まで背負っていたリュックを坂道に差し出します。

リュックの中にはペットボトルが6本も入っていました。

「ハンデ戦だ!これなら平等だろ!」とドヤる川田…。

ハンデ戦、坂道は引き受けるのでしょうか?

次回、弱虫ペダル647話へつづく…。

 

弱虫ペダル646話ネタバレまとめ

最新話速報として弱虫ペダル646話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル646話では、川田が坂道に勝つ作戦を思いつきます。

約束の日曜日になり部活の練習後、川田と坂道が落ち合います。

練習でクタクタの坂道に対して川田は勝負に備えわざと足を休ませていました。

そして世間話をしながら決戦の場所に到着します。

川田はコース説明をはじめゴールラインを指定すると、勝手にキャップテンの座をかけた勝負を吹っかけ走り出します。

驚いた坂道はその場でこけてしまいますがすぐさま川田に追いつきます。

「勝負はやめよう」と促す坂道に川田はハンデ戦を持ちかけます。

どこまでも姑息な川田の作戦ですが、坂道はどう出るのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダル646話ネタバレ!川田が坂道にハンデ戦を要求する?」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る