弱虫ペダル

弱虫ペダル642話ネタバレ!川田と今泉のエピソードとは?

2021年6月10日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌642話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル641話では、杉元と川田の因縁対決がゴールまで残り2㎞までのところまで迫ってきました。

杉元は川田の気迫を背中で感じながら走っています。

そして、1年のウェルカムレース時の非礼を詫びますが、川田に許す選択は1ミリもないようです。

温室育ちの杉元が許せないようです。

更に川田は練習中は安全の為、公道の左側を走行するというルールを破り右側から杉元を抜き去ります。

それも1度ではなく2度も…。

これには杉元も怒りを見せます。

そして残り1㎞地点で杉元は必ず川田を抜くと決意する。

果たして杉元は川田をもう一度抜くことができるのでしょうか?

気持ちが重要になってきそうですね。

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル642話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル642話ネタバレ!  川田の過去とは?」と題してお届けします。

>>弱虫ペダル最新話ネタバレはこちら<<

 

弱虫ペダル642話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話640話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ考察|川田の過去とは?

1年の時からやたらとレギュラーメンバーになることに熱意を注いでいた川田。

そしてメンバーになれないと判断するとあっさりと退部していました。

その後はテニス部で活躍しますが、先輩と揉め退部し、再び自転車競技部へ。

一体何がしたいのか不明ですが、一貫して変わらないのは”レギュラーメンバーになりたい”ということ。

ここまでこだわりる理由は何なのでしょうか?

自転車競技に何か特別な思い入れがあるとしか思えません。

過去に自転車で悔しい思いをしたことがあるのでしょうか?

その気持ちを払拭するためにどうしてもレギュラー入りしたいのではないでしょうか?

次回、川田の過去が明らかにありそうです!

 

弱虫ペダル642話ネタバレ考察|杉元と川田が和解する?

川田の長年の恨みを聞かされた杉元はさぞかし驚いたことでしょう。

自分の言った何気ない一言がこんな恨みを買うはめになるとは想像していなかったと思います。

とはいえ、杉元も自転車にかける想いは本物でここで負けるわけにはいきません。

闘争心むき出しの川田を納得させるためには、勝負に勝つことが手っ取り早いような気がします。

自分と杉元の間に明確な実力差を感じることができれば、川田の態度も変わってくるのではないでしょうか?

ここは杉元がきっちりと大差をつけ川田に勝つことができれば、川田も認めざるを得ない状況になるでしょう。

川田に勝つことが最低条件ではありますが、勝ったうえでしっかりと謝ることで和解することができるのではないでしょか?

とにかく杉元には何が何でも勝っていただきたいですね!

 

弱虫ペダル642話ネタバレ考察|鏑木の動向は?

杉元と川田の発熱したバトルにワクワクが抑えられなかった鏑木は早々に練習を抜け2人を追いかけていきました。

そういえば、バトルを焚きつけたのは鏑木でしたね。w

2人のバトルを面白がっている感じも見受けられます。

良くも悪くも感情にストレートな鏑木。

ただレースを見守るだけの役に徹してくれればよいのですが、横からちゃちゃを入れる可能性もありそうです。

2人のレースに口を挟んでイライラさせるようなことになるのでしょうか?

今回のレースは何か因縁があるようなので鏑木には大人しくしていてもらいたいですね。

とはいえ鏑木の動向にも注目です。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル641話を読んでのツイッターの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ

弱虫ペダル642話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|川田の回想

杉元と川田の勝負も残り1㎞となりました。

杉元と川田は2人とも勝利を誓い山頂へと向かいます。

川田は体力の限界を感じていましたが、これまでの自転車競技部とテニス部で味わった辛かった出来事が思い出される。

そしてこんな痛みなんでもないと言い聞かせてペダルを踏み続けます。

川田と杉元…中々いい勝負になっていますね。

川田がルールを守っていないといえどそれなりの走りをしていることは確かみたいです。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|雑草魂

更に川田は「自分は雑草で踏まれて抜かれて強くなる」と加速し、追いついてきた杉元を引き離しにかかります。

杉元は斜度10%の上りをペースを崩さず上っている川田をみて驚きをみせます。

レースは下りに差し掛かり残り500mとなる。

杉元は身体を伏せて空気抵抗を減らし再度川田に追いつきます。

何かと川田から発せられる「雑草魂」ですが、自分と他のメンバーとは違うと一戦を引いているようですね。

しかし、ここまで”雑草魂”を強調されるとなぜ部を辞めたのか?と疑問が出てきます。

雑草なら食らいついていいくところではないでしょうか?

とはいえここまで杉元が苦戦するとは予想外です。

杉元には絶対に勝ってほしいですね!

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|再びルール違反

すると川田はコーナーでまた内側を通るという暴挙にでます。

川田の表情から確信犯だと悟る杉元は憤りを感じます。

そして山頂まで残り300mとなり、必ず追いつくと再度決意を固くする。

川田…またやってますね。

これで勝っても本当の意味で勝ったとはならないと思うのですがそこら辺はどう考えているのでしょうか?

川田の自己中すぎる言動はチーム戦に全く向いてないです。

負けて退部してくれることを期待してしまいますね…。

 

弱虫ペダル642話ネタバレ|川田の過去

その頃、山頂では今泉が入部当初の川田との思い出について語っていました。

今泉が入部したのは川田の1日後だったとのこと。

今泉は先輩に挨拶をし、川田のことは全く眼中になかったようです。

しかし川田は今泉の前に立ちはだかり無理やり自己紹介をしてきたのだと言います。

この出来事に鳴子は「何のエピソードや!」とツッコミを入れます。

その後も川田は何かと今泉に突っかかってきますがその理由は「どうしたら強くなるのか?速くなるのか?」というものでした。

そこで今泉が一つ言ったことは「誰かと勝負してゴール前でもつれ込んだら、その負けず嫌いは最大の武器になる」ということでした。

この言葉が今でも川田の心に刺さっているのでしょうか?

次回、弱虫ペダル643話へつづく…。

 

弱虫ペダル642話ネタバレまとめ

最新話速報として弱虫ペダル642話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル642話では、川田と杉元の対決が終盤にさしかかりました。

川田は体力の限界を迎えているようですが、足は緩めません。

そんな川田に食らいつく杉元。

しかし、川田は再度コーナーを内側を通り杉元を引き離します。

その頃、山頂では今泉が川田との思い出を語っていました。

川田を無視する今泉に対して、川田はしつこく「どうしたら上達するのか?」について尋ねてきます。

これに対して今泉は「負けず嫌いが最大の武器になる」とだけ返答します。

想定していたエピソードとだいぶずれがありましたが、この言葉が今でも川田の中に残っているのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダルネタバレ642話最新話確定速報! 川田と今泉のエピソードとは? 」と題してお届けしました。

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加