弱虫ペダル

弱虫ペダル641話ネタバレ!川田はルール違反を繰り返す!

2021年6月3日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌641話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル640話では、川田と杉元の白熱したバトルが展開されていました。

先に飛び出したのは川田で杉元は川田の走りに驚きを見せます。

川田は1年のウェルカムレースの時を思い出します。

レース当日に新たに3名の新入部員が加わり自分の計画が狂ったこと。

レース中に雑魚だと思っていた坂道に抜かされ足をついてしまい最下位になったこと。

そしてそれを杉元に言うと「お気の毒に」と返されたこと。

この杉元の言葉がずっと川田の胸に刺さり恨みとなったようです。

川田は本気で杉元に勝ちにきています。

杉元はどう対応するのでしょうか?

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル641話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル ネタバレ最新話640話確定速報!  杉元が川田との和解を目指す?   」と題してお届けします。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話640話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ考察|杉元が川田との和解を目指す?

川田は1年のウェルカムレース後に杉元から言われてた一言をずっと根に持っていました。

2年間もこの気持ちを抱えて過ごしてきたのかと思うと気の毒な気がしますが…。

杉元は川田の暴露により、初めて川田の気持ちに気づいたことでしょう。

1年の時の杉元は今と違って自分の実力も分かっていなかったお調子者だったので悪気はなかったのだと思います。

ですが、それがこんなに川田を傷つけていたなんて杉元としても気持ちのいいものではないでしょう。

ここは素直に川田に謝罪するのではないでしょうか?

レースの勝敗がとても重要になるとは思いますが、ここで杉元の対する誤解が解けることを祈っています。

杉元の一言も確かに悪かったとは思いますが、川田の粘着質な性格も問題あるような気が…。w

このレースで川田にも何か変わるきっかけがあれば嬉しいですね。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ考察|杉元が実力を見せつける?

弱虫ペダル639話では杉元が川田とのバトルを受けることになりました。

最初にダッシュを仕掛けたのは川田で、この加速により川田が口だけではないことを証明しました。

杉元だけではなく鏑木も川田のダッシュには驚きをみせていました。

テニスで相当鍛えてきたことが伺えます。

しかし杉元もインハイ2年連続総合優勝高である総北の練習に必死でついてきた人物。

自転車競技部のきつい練習に励んできました。

それが杉元の自信にも繋がっているはずです。

この勝負では、この練習量が勝敗を分けるのではないでしょうか?

そもそも杉元が川田の勝負を受けたのは「練習が退屈」と言われたことが発端です。

日々の地道な努力の成果がこの勝負にでそうですね。

杉元に勝利にスポットライトが当たることを期待してます。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル640話を読んでのツイッターの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ

弱虫ペダル641話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル641話ネタバレ|本峰山の攻略法とは?

杉元と川田の因縁の対決!

ゴールとなる本峰山の山頂には段竹や今泉たちがすでに到着していました。

段竹は「全然適わなかった」と愚痴をこぼします。

今泉は「ゴールまでの2㎞は斜度が緩やかでアップダウンが続くため、スピードと斜度の変化に対応することが大切」と語ります。

また「コーナーが多くて狭い道のりは、気持ちが試される。前に行きたいと思う気持ちの勝負だ」と続けます。

今泉曰く、最終的には気持ちの問題ってことですね。

前に行く気持ちが強い方が勝者となるということ。

川田と杉元の気持ちが試されますね!

 

弱虫ペダル641話ネタバレ|杉元が謝罪する

杉元と川田はゴールまで残り2㎞を切ります。

そして先ほど今泉が語ってた緩やかなアップダウンが続く道へ差し掛かる!

杉元はフラフラになりながらも必死で食らいついてくる川田を背中で感じていました。

そして1年の頃の出来事に対して謝罪をします。

しかし、川田は「調子が良すぎる」と杉元の謝罪を拒否!

更に「自分は野で育った雑草!100倍で返さないと気が済まない。」と告げ加速をみせ右コーナー杉元の内側を抜いて進みます。

杉元の謝罪をあっさり却下した川田…。w

2年間も恨んでいたんですからあっさり許せませんよね。

川田の器の小ささが際立ってきますが、大丈夫でしょうか?

 

弱虫ペダル641話ネタバレ|川田のルール違反

これに対して杉元は「内側を通るのはルール違反だ。」と怒りを露わにします。

しかし川田は「勝負だから」と全く聞く耳を持ちません。

川田の対応に杉元は「どうしていつもルールを破るんだ」と急加速をみせる。

そして川田に向かって「自分が勝ったら、ルールを守らなっかこともこれまでも態度のことも誤ってもらう」と条件を追加します。

川田…1年の頃と全く変わってないじゃないですか⁈

というよりルール違反して勝ってところでそれは本当に勝利したことになるのでしょうか?

川田の勝利への執着が薄っぺらく思えてきました…。

勝利に取り憑かれている御堂筋を見習ってほしいですね。w

 

弱虫ペダル641話ネタバレ|杉元の誓い

そしてまたしても右カーブが登場します。

ここでも川田は杉元の注意を無視して内側を進みます。

繰り返される川田の違反行為に杉元は「絶対に追い抜く」と誓い加速する。

この時、ゴールまで残り1㎞…。

ゴール地点では、今泉と鳴子がドリンクを飲みながらはおしゃべりをしていました。

今泉は川田が入部してきた頃を思い出し口を開きます。

入部したての川田ってどんな感じだったのでしょうか?

今と大して変わってないような気がしますが、今泉の話の続きが気になりますね。

弱虫ペダル642話へつづく…。

 

弱虫ペダル641話ネタバレまとめ

最新話速報として弱虫ペダル641話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル641話では、本峰山に勝利するには最終的に気持ちが必要だということを今泉が明かしました。

その頃、杉元と川田はゴールまで残り2㎞地点に来ていました。

そこで川田はルールに反した行動をとり、杉元を抜き去ります。

この行動を杉元は注意しますが、川田は聞く耳を持ちません。

これに怒った杉元は「自分が勝った場合はルールを破ったことも誤ってもらう」と条件を追加。

そして絶対に追い抜くと杉元は誓います。

残り1㎞…杉元は川田を捕らえて勝利することができるのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダル641話ネタバレ! 川田はルール違反を繰り返す! 」と題してお届けしました。