弱虫ペダル

弱虫ペダル632話ネタバレ!峰ヶ山の山頂を獲ったのは段竹!

2021年3月25日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌632話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル631話では、坂道に背中を押され段竹と新開の一騎打ちが始まりました。

段竹は驚異の追い上げをみせ、新開を驚かせます。

そして新開に並びますが、新開はすぐに加速し段竹を引き離します。

しかし段竹も託された思いがあります。

ガルガルと吠えながら、新開に食らいつき再び新開の背中を捉える。

ゴールまであと100m…ほぼ横並びの2人はゴールスプリントに入ります。

次回、決着の予感!!

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル632話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル632話ネタバレ!峰ヶ山の山頂を獲ったのは段竹!」と題してお届けします。

>>弱虫ペダル最新話ネタバレはこちら<<

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話630話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察|新開悠人が段竹を認める?

新開に追いつくも引き離され、食らいついてはまた離されを繰り返しそれでも失速しない段竹。

とっても強くなりましたね。

自分からお願いした言葉とは言えど、坂道の気持ちのこもったエールが段竹を突き動かしているようですね。

そしてその段竹の枷の外れたような走りに新開は驚きを隠しきれない様子でした。

残り100m!

これは奇跡とも呼べる段竹の勝利があるやもしれません!

そうなった場合、あんなに段竹をバカにしていた新開も認めざる負えないのではないでしょうか?

途中までは坂道に引いてもらい段竹だけの力とは言えないですが、そもそも自転車競技はチーム戦です。

そしてここまで食らいついてきたのは段竹の実力!!

これをきっかけにこの2人が仲良くなるかも知れませんね!

レース後の2人の関係に注目です。

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察|坂道は段竹を信じている?

あの新開相手の互角の勝負をしている段竹をここまで強くさせたのは、紛れもなく坂道です。

坂道の「山頂を獲れ!!」に気持ちがこもっていたと段竹が感じています。

そのことに嘘はないと思います。

坂道は本気で段竹が頂上をとることを信じているに違いありません。

その想いが段竹の枷を外し、新開に食らいつく精神力を与えていますね。

前までの段竹だったらきっと「自分には無理だ」とあきらめていたはずです。

やっぱり「信じる」ってことが人を成長させる大きな要因なんですね!

坂道のアシスタントは完璧です。

これからの坂道の指導方針にも期待ですね!

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察|新開が勝利する?

ゴールまであと100…2人はゴールスプリントに入りました。

新開がややリードしていますが、段竹の気迫は負けてはいません!

段竹の本気の走りに今までと違うと驚く新開ですが、ここで怯む新開ではありません。

負けん気の強さは皆さんの知るところです。

またぽっと出の段竹には絶対に負けたくないというプライドもあるでしょう。

作中でも「段竹のくせに」と言っていたほどです。w

ここは何がなんでも勝利を掴みに行くのではないでしょうか?

とはいえ段竹をちぎることはもう不可能そうなので勝利するにしても、僅差にはなると思いますが…

新開は段竹から逃げきることができるのでしょうか?

次回の弱虫ペダル展開が楽しみです!

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察|段竹が一皮むける?

残り800地点になっても新開のリードを許したままの総北ですが、坂道と段竹な何度も同じコースを走り練習に練習を重ねてきたようですね!

坂道の段竹に対するフォローが上手いなと思っていましたが、ずっと一緒に練習していたんですね。

ようやく謎がとけました!w

何よりこの練習量が段竹の自信となってこのレースに現れるのではないでしょうか?

新開は同じエースにぽっと出の段竹が選ばれたことにプライドが許さないようで、段竹に1対1のゴールスプリントはさせないと躍起になっています。

本気の本気の新開悠人!

少し前の段竹だったら新開の圧にやられて終了だったと思いますが、今回は坂道がアシストで練習もばっちりです。

新開の圧に負けずゴールを目指す一皮むけた段竹が見れるのではないでしょうか?!

頑張ってほしいです!

 

弱虫ペダル632話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル631話を読んでのツイッターの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル632話ネタバレ

弱虫ペダル632話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル632話ネタバレ|残り100mを切る

ゴールまで100mを切る…

わずかに先を行く新開に必死にくらいつく段竹。

段竹を引きちぎろうと必死な新開が先頭で、追い付こうと段竹が後を追います。

白熱の展開ですね!

最初は余裕だった新開ももう余裕ななさそうです。

新開とここまでやれるとは…

俄然、段竹を応援したくなりますね!

 

弱虫ペダル632話ネタバレ|新開の加速

残り60m…

観客の熱気も上がる中、新開はギアをもう一段重くします。

そして段竹に「最高の舞台で華々しく散れ」と言い残すと更に加速する!

しかし、段竹もここまできて置いていかれるわけに行きません。

食らいつき新開に再び並びます。

新開はまだ加速できたんですね!

新開の捨て台詞が段竹を蹴落とす気満々なのが伝わってきました。

しかし、段竹も簡単に引き離されるわけに行きません!

再び追いつくなんて凄過ぎです。

 

弱虫ペダル632話ネタバレ|鏑木のアドバイス

残り30m…

新開は段竹に目をやりますが、段竹の視線はゴールに向けて一直線です。

段竹の頭の中は「新開に追いつく」と何度も言い聞かせていました。

そんな中段竹は「たくさんの勇気をもらった。できるはずだ」といつかの鏑木との練習後の会話を思い出していました。

坂道からエースという大きな役割を与えられプレッシャーと戦っていた段竹に鏑木は「イメトレでも足りないなら星に願え」とアドバイスしていました。

段竹の集中力が凄いですね。

完全にゾーンに入っています。

その点で言うと新開は段竹の動きが気になってゾーンには入れていないようですね。

そして、鏑木のアドバイス…

可愛すぎるでしょ!!w

こんな女子みたいなアドバイスが飛び出すとはさすが鏑木です!

 

弱虫ペダル632話ネタバレ|段竹が峰ヶ山を制する!

そして鏑木のアドバイス通り段竹は毎晩星に向かって「レースで全力が出せますように」とお願いしていました。

そしてついに峰ヶ山ヒルクライムのゴールライン…

最初にゴールラインに入ったのは段竹竜包でした!!

逆転勝利!

鏑木のアドバイスが効いたのか?段竹の努力の成果か?

両方だとは思いますが、本当に最高でした!

新開の心境が気になるところですね。

チーム総北の祝福にも注目です。

次回弱虫ペダル633話へつづく…

 

弱虫ペダル632話ネタバレまとめ

最新話速報として弱虫ペダル632話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル632話では、新開と段竹のゴールスプリントで激しい接戦が繰り広げられていました。

ややリードを保っている新開!

そしてそれを追いかける段竹!

しかし、段竹の瞳にはゴールのみを映してして、すごい集中力でゴールに向かっていきます。

途中で鏑木からのアドバイスを思い出し「できるはずだ」と自分を鼓舞します。

そして最初にゴールを切ったのは総北のエース段竹でした!

これは段竹にかなりの自信をつけてくれるのではないでしょうか?!

敗れた箱学の反応や総北の歓喜の声が楽しみです。

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダルネタバレ632話最新話確定速報!峰ヶ山の山頂を獲ったのは段竹!」と題してお届けしました。

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加