弱虫ペダル

弱虫ペダル629話ネタバレ!新開悠人が段竹に実力差を見せつける?

弱虫ペダル ネタバレ最新話629話確定速報!坂道が新開を足止めし段竹がゴールを掴む?
Pocket
LINEで送る

2021年3月4日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌629話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル628話では、新開悠人が独走!

新開は後ろを振り返り総北の姿が見えないことで勝利を確信します。

地元のファンが心配する中、総北が驚異の追い上げを見せます。

坂道は段竹に「ゴールの準備はできているか?」の問いに段竹は「もちろんです!」と力強く返事をする。

ついに新開の背中を捉えた総北!

ゴールまで残り1㎞…

ゴールでは、他の総北メンバーが最後の瞬間を見守るためにスタンバイしています。

坂道と段竹の策とは?!

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル629話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル629話ネタバレ!坂道が新開を足止めし段竹がゴールを掴む?! 」と題してお届けします。

>>弱虫ペダル最新話ネタバレはこちら<<

 

弱虫ペダル629話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話628話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル629話ネタバレ考察|総北の策とは?

峰ヶ山ヒルクライム残り1㎞までやってきました。

ついに最終局面!

坂道には最後に何か策があるようですが、一体何を考えているのでしょうか?

坂道が段竹に言った「ゴールの準備」というのが気になりますね。

ここまで坂道が必死に引いてきたわけですが、段竹の足休めになったかというとたぶん違いますよね?w

段竹は坂道について行くのに必死でしたし、体力は相当削られているはずです。

段竹に新開を上回る技術があるとも思えません。

とするなら坂道が新開をマウンテンバイクの技術で阻み時間を稼いで、あとは段竹に託すといった感じでしょうか?

段竹は残りの力を振り絞って走り切る!

今回は段竹の自信にスポットが当たってる気がするので、このレースに勝利し自信を手に入れてほしですね!

 

弱虫ペダル629話ネタバレ考察|段竹の進化がみれる?

弱虫ペダル627話では、段竹の回想シーンが描かれていましたね!

同期からの想い、先輩からのアドバイス、インハイに出たいと強く思った日のこと。

坂道が上手く段竹をコントロールしていて、段竹の闘志に火がついた様子です。

作中でも「一人では新開に勝てる気がしないが、先輩たちがついている!」と言っていました。

しっかりと総北スピリットが受け継がれているようで嬉しくなりました。

段竹も坂道と同じであまり闘争心はないような気がしますので「誰かに勝ちたい!」という思いよりは「恩を返したい」と思う方が力を発揮しそうですね。

この思いが段竹をもう一段階引き上げてくれそうです。

段竹の走りに期待です!

 

弱虫ペダル629話ネタバレ考察|段竹のメンタルが強化される?

峰ヶ山レース開始前に坂道が言った作戦に「チャレンジ」という言葉が入っていましたよね?

私はこのチャレンジの意味を坂道個人に向けたものだと理解していましたが、これはチーム皆に向けて言った言葉でした。

鏑木のチャレンジは無事成功を収めて段竹の背中を押しました。

次は段竹の番とみて間違いないでしょう。

どこか自分に引け目を感じている段竹がチャレンジしないといけないもの間違いなく「メンタルの強化」だと思います。

ここでメンタル強めの新開とバトルすることでメンタルが磨かれるのではないかと推測します。

ついにゴール目前です。

段竹の気迫に注目です!

 

弱虫ペダル629話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル628話を読んでのツイッターの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル629話ネタバレ

弱虫ペダル629話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル629話ネタバレ|新開の急加速

峰ヶ山ヒルクライム残り800m地点…

新開の背中を捉えた坂道と段竹!

段竹はゴールスプリントの準備に取り掛かろうとします。

それを察した坂道が段竹に「まだです。」と制す。

そのすきに、新開は急加速をみせ一気に坂道と段竹を引き離します。

流石は新開悠人…

追いつかれても焦る様子もなく、しっかり状況を把握して加速をみせましたね。

段竹とは経験の差がでているような気がします。

 

弱虫ペダル629話ネタバレ|新開と段竹の実力差

段竹は新開の加速に「まじか。」と驚きの表情を見せる。

坂道は「新開悠人はこういう人だ」と説明して、冷静に新開の後を追います。

段竹は「追いついたと思った心の隙をつかれたのか。」と状況を把握。

新開との実力差を痛感します。

そして俺なんて普通のやつだと悔しさを露わにする段竹。

段竹の焦りはもっともだと思います。

せっかく追いついたのにまたあっさりと離させれてしまうなんて心折れてしまいますよね。

そして段竹の劣等感が出てきました。

新開と比べたら大概のやつが普通になってしまうでしょ!

しっかり坂道について行ってほしいですね。

 

弱虫ペダル629話ネタバレ|新開のイラつき

そんな段竹の前を走る新開は、段竹の心が乱れれば良いと考えていました。

そして坂道に対し「実力の劣る段竹をエースとして起用したことにプライドが許さない!」とイラつきを感じていました。

残り700m地点…

新開との距離が10m開き、この距離を中々詰めることができずにいる坂道と段竹。

坂道は段竹に「諦めないで!ゴールまで必ず連れていく!」と約束しまだまだ諦めていないようです。

そんな総北に向かって新開は段竹をフルネームで呼びつけ「背中をみて項垂れながらゴールしろ!」と言い放ちます。

新開のピークホーネットらしい発言が飛び出しましたね。

まぁ新開からすると格下の段竹と当てられるなんて、屈辱でしょうしね…

 

弱虫ペダル629話ネタバレ|策はない?

残り600m…

坂道はケイデンスを最大まで上げます。

ゴール地点では、手嶋が今泉と鳴子に「策はあるのか?」と質問します。

それに対して2人「策はない」と答える。

残り500m…

坂道は段竹に「あと40秒で追いつくから発射の準備をして」と伝える。

ついに段竹のスプリントが見れそうですね!

ここまで全くと言っていいほど見せ場がなかった段竹…

有終の美を飾れるのか?!

弱虫ペダル630話へつづく…

 

弱虫ペダル629話ネタバレまとめ

最新話速報として弱虫ペダル629話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル629話では、やっとも思いで新開に追いついた総北ですがまたあっさりと新開に加速を許してしまいます。

焦る段竹を坂道がなだめます。

すっかりキャプテンらしくなった坂道がとてもかっこよく見えますね。

一方で新開は、実力差のある段竹をエースとして当てた坂道にイラつきをみせます。

残り500m地点になり、坂道が動く。

段竹に「あと40秒で追いつくから準備して」と伝えます。

ゴール直前での接戦となりそうですね!

段竹はヒルクライムレースを勝ち取り自信を手に入れることができるのでしょうか!?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダル629話ネタバレ!新開悠人が段竹に実力差を見せつける?」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る