弱虫ペダル

弱虫ペダル627話ネタバレ!坂道の加速にビビる段竹だが熱い思いを胸に走り出す! 

2021年2月18日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌627話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル626話では、ゴール残り3㎞地点となり最終決戦に近づいてきました。

ゴールに近づくにつれて地元ファンの声援も大きくなり盛り上がり見せます。

そんな中、完全にアウェイの箱学の新開が仕掛けます。

一気に加速し総北をとらえ、段竹に「チャンス」について熱弁します。

段竹も新開の圧に負けそうになりますが、自分にも背負っているものがあると心を奮い立たせます。

しかし新開はさらに加速し大きく総北を引き離します。

焦る段竹に坂道が「全力で追いかけるから離れないで!」と伝えます。

次回は坂道の久々の走りがみれそうですね!

次回の弱虫ペダルの内容も気になりますね。

弱虫ペダル627話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「弱虫ペダル627話ネタバレ!坂道の加速にビビる段竹だが熱い思いを胸に走り出す!」と題してお届けします。

>>弱虫ペダル最新話ネタバレはこちら<<

 

弱虫ペダル627話ネタバレ考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

弱虫ペダル最新話626話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル627話ネタバレ考察|高田城の判断は?

つづら折りバトルは鏑木が勝利しました。

私的には、高田城がもっと困惑すると思っていたのですが案外平気そうで拍子抜けでした。

それどころか、下がっていった鏑木をみて「一角はすぐ落ちる」と言って笑みを浮かべていました。

という事は鏑木に勝つことはそれほどこだわってなかったという事か?

あくまで目的は”一角を落とすこと”だったというわけですね。

だとすると計画は順調に進んでるという事になりますね!

ですが、箱学はエースを坂道と思い込んでいた模様…

新開は「負けない!」と自信満々でしたが、高田城は疑惑を抱いていました。

高田城は、計画を変更するのか?

それとも新開に託すのか?

次回の展開がきになりますね!

 

弱虫ペダル627話ネタバレ考察|段竹は坂道の後継者?

峰ヶ山ヒルクライムに選ばれたのはまさかの1年の2名「段竹」と「定時」でした。

1年が2人も選ばれるなんて驚きですね。

更に、山のエースに選ばれたのも「段竹」でした。

段竹本人が一番驚いていたような気がします。w

坂道は自分も出場するのにエースを段竹に任せるってことはそれなりの意味がありそうですね?

もちろん1年を強化する目的はあると思いますが、もしかして段竹を後継者にと考えているでは?

現段階では、クライマーは坂道だけです。

1年生といえばインターハイ出場した鏑木が印象的ですが、段竹も中学時代に鏑木と同様にチームSSに所属していた実力者です。

鏑木も段竹の実力は認めています。

ですが、段竹のデータはまだ明らかになっていません。

明らかになっているのは、鏑木が信頼しているパートナーであるということ。

坂道に初のクライマーの後輩ができるのか?!

そうなった場合、坂道がどんな指導をするのかが気になります!

今後の段竹の成長と坂道と段竹の関係にも注目です。

 

弱虫ペダル627話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

弱虫ペダル626話を読んでのつ言ったの感想や予想などを紹介します。

 

弱虫ペダル627話ネタバレ

弱虫ペダル627話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル627話ネタバレ|ゴールまで残り2.5㎞!

ゴールまであと2.5㎞地点までやってきました。

新開は、相手が段竹だと知り先に加速していきました。

それを坂道が段竹を引いて追いかけます。

坂道のハイケイデンス!

坂道の本気のケイデンス久々に見れました。

やっぱりかっこいいですね。

坂道がキャップテンになってから日に日にかっこ良くなっていくのは気のせいでしょうか?w

 

弱虫ペダル627話ネタバレ|坂道が得意のケイデンスで加速!

目の前で坂道のケイデンスをみる段竹。

坂道のケイデンスが早すぎて足が見えなくなり、背中から圧を感じます。

段竹は、このままだと坂道に離されしまうと悟りハンドルのしがみつき前傾姿勢になるという対策をとります。

そして坂道の急加速が始まります。

坂道のクライムって桁外れなんでしょうね。

インハイで100人抜きとはかあっさりできちゃう人ですからね!

こんなすごい人滅多にいません。

段竹には頑張って付いていってほしいです。

 

弱虫ペダル627話ネタバレ|段竹が必死に食らいつく!

坂道の加速に必死に食らいつく段竹!

目がチカチカして前がよく見えません。

記憶もところどころ飛んでしまうほどの速さです。

インハイのレベルの高さ、そして坂道の存在の大きさを改めて段竹は噛みしめます。

坂道に引いてもらう経験なんて早々できません。

こんな本気のケイデンスを目の当たりにすること滅多にないでしょう。

段竹は必至で考えている暇なんてないと思いますが、貴重な体験となるのではないでしょうか?

 

弱虫ペダル627話ネタバレ|坂道の心遣いと加速!

加速をみせる坂道ですが、後ろを振り返り段竹に笑顔で言います。

「辛いときは支えてくれた仲間のことを思い出してください。」と。

それをきいて段竹は、坂道がペースを落としてくれるのでは?と期待しましたが坂道はこのペースで行くことを伝えます。

段竹は自分は凡人だと痛感しますが、それと同時に支えてくれた同期や先輩たちのことを思い出します。

そして坂道に「ペースを上げてください。」と告げ、段竹は加速します。

わざわざ振り替えって笑顔で伝える坂道って素敵な先輩ですね。

最初は心配だった段竹も終盤になるにつれて頼もしく見えてきました。

次回は、先を行く新開に追いつくことができるのでしょうか?

段竹が引き離されないことを願います。

次回、弱虫ペダル628話へつづく…

 

弱虫ペダル627話ネタバレまとめ

弱虫ペダル626では、坂道自身も先に加速した新開を見て段竹に全力で引くことを宣言していました。

最新話速報として弱虫ペダル627話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル627話では、先に飛び出した新開を、坂道が段竹を引いて追いかけます。

残り2.5㎞です。

久々に坂道のケイデンスが見れました!

坂道といったらやっぱりケイデンスですよね。

段竹はというと坂道のケイデンスについてくのがやっとの様子。

坂道は振り返り「辛いときは仲間のことを思い出して」と段竹に笑顔で伝えます。

段竹は自分が平凡だと感じる一方で、支えてくれた仲間たちのことを思い出します。

そして段竹は熱い思いを胸に加速します。

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「弱虫ペダル627話ネタバレ!坂道の加速にビビる段竹だが熱い思いを胸に走り出す! 」と題してお届けしました。

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加