弱虫ペダル

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報!3人目の幹部は高田城で真波と坂道のキャップテン対決は運命?

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報!高田城が箱学のキーマンになる?
Pocket
LINEで送る

2020年10月2日発売号の週刊少年チャンピオンに掲載予定の弱虫ペダル本誌609話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

弱虫ペダル608話では、新キャップテンとなった坂道のもとでまずまずな滑り出しをみせた総北、その一方で箱根学園では、真波がキャップテンに就任します。

真波をキャップテンとし新体制となった箱根学園ですが、真波がキャップテンであることを良く思わないものも…

しかし、真波の「最高の才能とセンスをもった最強の6人で来年のインターハイに行くよ!」の一言に反対勢力も味方につけます。

キャップテン就任後初の練習の登りでは、真波が加速し1年はもちろんついていけません。

しかしその後ろにしっかりついてきていた人物が…

高田城です!!

高田城は「それこそ自分が見たかった真波の姿だ!!」と不敵な笑みを浮かべます。

弱虫ペダル609話では一体どんな展開になるのでしょか?

今回は「弱虫ペダルネタバレ609話最新話確定速報!3人目の幹部は高田城で真波と坂道のキャップテン対決は運命?」と題してお届けします。

 

弱虫ペダルネタバレ609話最新話考察

考えられる今後の弱虫ペダルの展開を紹介していきたいと思います。

 

弱虫ペダルネタバレ609話最新話考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報

弱虫ペダル最新話609話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|高田城がキーマンとなる?

弱虫ペダル608話の最後のシーンで現れた高田城!

やはり高田城はキーマンとなる存在でした。

泉田より、キャップテン真波・副キャップテン銅橋以外で次世代の箱学を引っ張る存在として任命された3人目です!

徐々にそのベールが明らかになります。

1年を置き去りにしてハイペースで山を登っていく真波に対して「自分でメニューを組んだくせに勝手に飛びだして1年がバラバラになるだろ!」と銅橋が怒り出します。

そんな銅橋をみて高田城はすかさず「真波なりの考えがある」と真波をフォローし、真波の行動を予測して「真波はもう一度登るつもりだ。」と銅橋に説明します。

高田城の読み通り真波は2本目を登るため、すごい勢いで山を下ってきます。

すれ違いざまに真波は「上で待っててー」と手を振ります。

真波の怪奇な言動に驚く銅橋と新開。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|高田城は真波の救世主だった!

近くで話を聞いていた新開が「なぜわかったのか?」と高田城に尋ねると、銅橋がそれに答えます。

「高田城は真波の事はなんでもわかるし、真波にとっての救世主だ!」と。

真波は遅刻と寝坊を繰り返し進級が危うかったようで、心配した高田城が真波にノート貸してあげます。

なんと高田城は学年トップの頭脳の持ち主でした!

顔つきからなんとなく頭脳派であることはうかがえますが、めっちゃ賢い人だった。w

学年トップのノートのおかげで真波は無事進級することができました。

このノートは伝説のノートで”高田城ノート”と呼ばれているらしい。

そのまま…w

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|3人目の幹部 高田城と真波の関係

(高田・真波の回想シーンより)

自分のノートを真波に差し出す高田城。

真波はなぜ学年トップの高田城が自分にノートを?と疑問を伝えます。

高田城はインターハイレースの真波の頑張りに刺激を受け、そして敗北した真波の心の傷が癒えてないことを心配していました。

「自分にでることはこのくらいだから、進級でつまずいてほしくない。何かあったらいつでも言ってくれ。」と真波に伝え教室をでます。

ノートを受け取った真波はというと、高田城が同じ部活だったことを初めて知ります!

ここで?!w

そして、便利な知り合いができたと喜びます。

後に真波の口から知らなかった事実を告げられますが、相当落ち込んだようです。

そりゃそうだよね。

同じ部活内で知られてないなんて誰でもショックだよね。

まぁ真波っぽい反応ではありますが…

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|勉強はロードレースより簡単?

真波と高田城の間にはこんなほっこりできるエピソードがありました。

どうやら高田城はとても真波を応援しているようですね。

補足ですが、高田城にとって勉強は教科書に全部書いてあるから簡単で、ロードレースの方が難しいらしいです。

なんかちょっと鼻につきますね!w

ロードレースは予測が難しいので攻略しがいがあり、勉強以上に楽しいと闘志を燃やしてました。

この話を聞いた新開が、「勉強も楽しいんか…」と心の中で突っ込みを入れてるところは地味に笑えました。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|真波・銅橋・高田城 幹部3人の素質

場面は変わって、自転車競技部部室。

泉田・黒田・葦木場がなにやら話しをています。

黒田が泉田に「なぜ高田城をいれたのか?」と問います。

「真波には感性があり、銅橋には指導力がある。そしてレースで有効な手立てをみつけるためには高田城の知恵が必要だ。」と泉田が答えます。

やっぱり高田城の知恵は相当戦力になるようですね。

これからレースをどう展開していってくれるのか期待がかかりますね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|総北のキャップテン決定の電話

2人のやりとりの最中に葦木場のケータイが鳴り、総北のキャップテンが坂道に決まったことが知らされます。

驚く箱学メンバー。

まぁ坂道もキャップテンって感じではないですもんね。

黒田に関しては今泉を予想していました。

確かに今泉の方が雰囲気的にもキャップテンって感じがしますね。

すぐさま泉田が坂道がキャップテンに選ばれたことを真波に伝えます。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|箱学と総北のキャップテンを知ったそれぞれの反応は?

泉田から報告を受けた真波は、一瞬驚きの表情を浮かべますが、瞬時に受け入れます。

真波の後ろで他のメンバーから報告を受けた銅橋も驚きを隠せません。

泉田より「拒むか?」と問われます。

時を同じくして箱学でも真波がキャップテンに選ばれたことが知らされます。

こちらも箱学一同驚きを隠せません。

真波もキャップテンって感じじゃないですもんね。

坂道と真波、性格は違うけどこういうところは共通していますね。w

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報|坂道と真波の運命

そして、誰よりも驚いているのが小野田坂道です!

手嶋より「何か感じるか?」と問われる坂道。

箱学にいる真波と総北にいる坂道が同時に「運命!」だと答えます。

箱学シーンに戻ります。

後輩にケータイを返す真波。

笑い出し、現状を「面白い!」と客観的にとらえます。

そして、坂道と初めて出会った頃を思い出し、気合を入れなおします。

真波は後ろで見ていた高田城に「次に総北が出そうなレースはどれか?」と聞き峰ヶ山レースだと知ります。

「おれそれに出ようかな」と笑顔で言い放った真波。

次回弱虫ペダル610話に続く…

真波と坂道はお互い切磋琢磨して成長してきた良きライバルです。

今後、さらに強くなるのでしょうね。

この2人の成長も注目です!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報まとめ

弱虫ペダル608話では、真波がキャップテンに就任ますが、1年からの反応は良くないです。

しかし、真波と一緒に走ったことのあるインターハイ出場メンバーからの反感はありません。

銅橋は、キャップテン就任を受けた日の感心の反応に「すげぇな!!」と感心する場面があり、新開はというと納得いかない1年に真波の活躍ぶりを説明するフォローまでしています。

そして最新話確定速報として弱虫ペダルの609話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル609話では、高田城が3人目の幹部に選ばれます。

また、高田城と真波のエピソードが語られました。

遅刻と寝坊が原因で進級が危うかった真波に対して、学年トップの高田城はノートを貸してあげます。

しっかりとまとめられた高田城ノートのおかげで真波は無事進級できました。

高田城が3人目の幹部に選ばれた理由は、学年トップの頭脳「知恵」があるからです。

どんな戦略を立ててくるのか楽しみです。

そして、箱学と総北では同時刻ごろに真波と坂道がキャップテンに選ばれたことが互いに知らさせます。

坂道と真波は互いに驚きますが、「これは運命だ!」と受け入れます。

真波は次に総北が出そうなレース”峰ヶ山レース”に参戦することを表明します。

早速、坂道と真波の対決が見れるんですかね!?

楽しみです!

次回の弱虫ペダルもどんな展開になるか気になりますね。

以上「弱虫ペダルネタバレ最新話609話確定速報!3人目の幹部は高田城で真波と坂道のキャップテン対決は運命?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る