東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話234話速報!「There is no mending」タケミチの覚悟…!

2021年12月8日発売号の週刊少年マガジンに掲載の東京卍リベンジャーズ234話のネタバレ速報をお届けします。

マイキーが”黒い衝動”に駆られたことでサウスを殴り殺してしまうという衝撃展開で終わった233話。

さらに武臣を殺そうとするマイキーを止めるために割って入ったタケミチでしたが、その奮闘もむなしく…最後はマイキーによって繰り返し殴られてしまいました。

果たしてマイキーは、かつて仲間だったタケミチをも無残に殴り続けてしまうのか…。

マイキーの黒い衝動の行方が気になる234話、早速見ていきましょう!

※先週のネタバレはこちら→東京卍リベンジャーズネタバレ233話

リンク先:U-NEXT公式サイト

本ページの情報は2021年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話234話速報

※東京卍リベンジャーズ最新話234話のネタバレを含みますのでご注意ください。

マイキー君…

マイキーを止めようとするものの、完全に止めきれないままのタケミチ。

顔が血で染まってしまうほど負傷したタケミチを、グシャっと無情にも殴ってしまうマイキー。

この時点で「かつて東京卍會の仲間」であったタケミチを思い出したと思っていましたが、マイキーはそんなことは思っていない様子でした。

目が覚めたタケミチは、病院にいました。

折られた腕にはギプスをしており、首にも同じギプスをしています。

呼吸も困難な状態で、たくさんの機械で繋がれていました。

見るも悲痛なタケミチの姿…。

「ここまでマイキーにやられてしまったのか?」と疑ってしまうほど痛そうな姿ですよね。

そんな瀕死のタケミチの横には、関東卍會のメンバーであるココが座っていました。

その目は鋭いものの、どこか優しさも混じっているような印象です。

「3日寝てたぜ」と言うココの言葉に、マイキーを止めようとして止められなかった状況を思い出すタケミチ。

本当に、あのマイキーがタケミチをここまでボコボコにしてしまったのでしょうか?

敵チームであるココがタケミチの横にいるということは、マイキーの”黒い衝動”に恐れを感じて関東卍會を抜けた、ということなのでしょうか?

いろいろと疑問が生まれてきます。

「なんで生きてんだ俺?」と、マイキーの”黒い衝動”の正体を知っているタケミチも自分で驚いている様子です。

千咒が助けてくれた?

自分が生きていることに疑問を感じているタケミチの表情を見て、ココが一言。

「千咒がオマエを助けた」と伝えます。

「もういいだろ!マイキー!」

ボコボコにされて意識もほぼ失っているタケミチの前にたちはだかったのが、千咒でした。

ココによると、「千咒はもう戦える状況ではなかったからマイキーに頭を下げ、ブラフマンの解散を宣言したことで抗争は終わった」のだとういう。

マイキーと土下座する千咒の周りには、それぞれ喧嘩した後のメンバーたちが転がっていました。

こうして、三天抗争は終わったのです。

「三天戦争:死者明をだした三つ巴の大戦争は、関東卍會がロクハラを吸収。ブラフマンが解散を宣言したことによって終結。関東卍會が天下をとった。」

最強のマイキーを倒すために自分のチームを作った千咒でしたが、このままだとタケミチがマイキーに殺されてしまうと思い、自分のチームをたたむ決断をしました。

千咒、めちゃくちゃかっこいいですよね…!

まだまだ”少女”という言葉が似合うほどの人間なのに、自分のあこがれであり目標である人間に頭を下げるという自分のプライドまで捨てれるってすごい覚悟ですよね。

この様子を見ていた武臣やベンケイ、ワカがどう思っていたかも気になります。

同時に、千咒にとってタケミチがそれほど大きい存在であることも伝わってきました。

三天抗争後

「さて、そろそろ行くわ」

三天抗争の終結をタケミチに伝えたココは、「三天戦争の後始末に追われていてね」と、そそくさと去っていきます。

これだけ強い3チームが抗争をして、関東卍會がチームを吸収・一方のチームは解散…という結末になったら、これからの東京の状況も注目したいところですよね。

それぞれ納得いかないメンバー同士の派閥争いも起こりそうな予感です…。

「千咒は俺のせいでブラフマンを解散したのか…」

ココから聞いた千咒の決断を改めて考えるタケミチ。

マイキーは、”黒い衝動”を止めようとしたタケミチまでも本気で殺そうとしていました。

そんな最強であり最恐のマイキーを止めるには、チームを解散するまでしなければいけないほどだと思うと、すごすぎますよね…。

それほどマイキーの怖さと本気さは半端ないです。

タケミチも、「本気でマイキーくんは俺を殺そうとしていた。あの人はもう俺の知らないマイキーくんだ」と、この時点であきらめてしまっている様子でした。

”黒い衝動”に駆られたマイキーを止めることができなかったタケミチは、改めて「オレはいったい何をしてるんだろう」と、ふと喪失感に包まれている様子でした。

未来のマイキーは自身の”黒い衝動”によって苦しんでいて、それを知っているからこそ未来からマイキーを救いにきたタケミチ…。

その目的も果たせぬまま、マイキーの中にある”黒い衝動”はそのまま残る形になってしまいました。

タケミチのこれから

タケミチも、自分のふがいなさを実感している様子でしたが、そんなタケミチの横には、”相棒”である千冬がいました。

「千冬…?」

マイキー以外の”元東京卍會”のメンバーはみんな幸せに過ごしている日々の中、当時のメンバーが出てくるのは珍しいですよね!

千冬の久しぶりの登場に心が躍りつつも、やっぱりドラケンがいなくなったということに元メンバーももちろん悲しんでいる様子です。

「ドラケン君の葬儀に言ってきた」

ポツリという千冬に、その時の情景を思い出すタケミチ。

「みんな何があったのか呑み込めなくて放心状態だった。」

その言葉通り、ドラケンの葬儀が行われている場所にいる元メンバーは、みんな遺影を前に立ち尽くしていました。

特に、棺桶を抱きかかけながら泣き崩れている人が誰か?というのも気になるところです…。

葬儀を思い出し、涙をこらえている千冬。

「タケミっち、いったい何が起きたんだよ?」

「おまえ、未来でドラケン君と会ったんだよな?じゃあなんで死んでんだよ?」

”タイムトラベルできる”ことを知っている千冬だからこそ生まれる疑問。

「未来の元メンバーはみんな幸せそうだった」とタケミチが言っていたのに、なんで過去でそのメンバーが死んでいるのか?

当然の疑問ですよね。

私たち読者も、”ドラケンが死んだことで未来がまた変わったのでは?”と少し恐怖を覚えてしまいます…。

「なんでみんなうまくいってたのに戻ってきちまったんだよ!?」

千冬もそんな思いに駆られている一人でした。

その言葉を聞いたタケミチも、何かを考えている様子でした。

戻ってきた理由

みんな幸せだった未来をタケミチから聞いていたからこそ、千冬は…。

「オマエのせいでドラケン君は!!」

と、つい思っていたことを口に出してしまいました。

自分でも抑えていたようなしぐさをする千冬。

「ゴメン、タケミっち。」

正気を取り戻した千冬はタケミチに謝るものの、タケミチは優しくなだめます。

「いいんだ千冬。全部俺のせいだから」

と、自分が何も救えなかったことを思い詰めている様子でした。

「え?おまえ?」

そんなタケミチの意外な言葉に、千冬も驚いているようでしたが…。

「わかった。早くけが治せよ。そしたら思いっきりぶんなぐってやるから」と、病室をあとにしました。

病室の外には、花瓶を持ったヒナの姿が。

「もう帰るの松野君?」「ヒナちゃん、もういいんだ」

何か意味を含んだような千冬の言葉。

「え??」

その言葉に、ヒナも意図をくみ取れない様子でしたが、千冬はタケミチの想いをくみ取っているようでした。

「千冬、ごめん。」

「もう誰も巻き込みたくないんだ。これからは、俺一人で戦う」

と、何かを決意した様子でした…。

自分が千咒を守ったことでその結果ドラケンが死に、ドラケンが死んだことで三天抗争が始まり、その結果マイキーの”黒い衝動”が発動し、サウスが死んでしまった…。

”タイムリーパー”のタケミチの行動ひとつ一つで未来が変わってしまうこの状況に、タケミチの決意も変わってきたのでしょうか?

ブラフマンが解散するとは思いもよりませんでしたが、ドラケンが死んだことで未来も変わったのか?

そのあたりも注目したいですね。

また、この時点でタケミチが”タイムリーパー”であることを知っている千冬が出てきて、病室から出ていった…という描写から、これからはこれまで「未来を変えるために」一緒に奔走してくれた千冬の力も借りないで、”タケミチ一人で”戦っていくことを示しているのかもしれません。

ドラケンが死んだことで、未来のマイキーの”黒い衝動”はもっとひどくなっている…という最悪の展開もイメージできます。

今後は誰一人死なせず、マイキーも救って…。

いろいろと一人で戦う理由が増えたタケミチを応援したいです!

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話234話のTwitter民の感想は?

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話234話のTwitter民の感想は…。

千冬の葛藤の気持ちに同感する人多数でした…!

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話234話のまとめ・考察

ブラフマンが解散するという形で三天抗争が終了しましたね。

久しぶりの千冬登場にテンションが上がりつつも、抗争の存在すら知らなかった”元東京卍會メンバー”からすると、突然ドラケンが死んだという事実だけ知らされても、驚きと放心しか感情が沸かないのは十分にわかります。

ドラケンが死んだことで未来がどう変わるのかも注目すべき点ですが、タケミチが”一人で戦う”と決意していたので、今後タケミチ自身が危険な目に遭ってしまわないかも心配です…!

マイキーの”黒い衝動”を止めることができるのはきっとタケミチだけ。

235話でのタケミチの動きにも注目です!