東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズネタバレ226話!「Dymanic duo」最強のコンビ復活!

2021年10月13日発売号の週刊少年マガジンに掲載の東京卍リベンジャーズ226話のネタバレ速報をお届けします。

225話は、抗争の場に到着したものの微動だにしないマイキーがなんともインパクトがありましたよね。

表情もすでに”闇落ち”してしまっているような印象を受けました。

果たして、東京卍會のころのマイキーはすでにいなくなってしまったのか?

”ドラケンの死”に何も感じていないのか?

マイキーの今後の動きと、三天抗争の今後も気になる226話。

早速気になる内容を見ていきましょう!

※先週のネタバレはこちら→東京卍リベンジャーズネタバレ225話

東京卍リベンジャーズネタバレ226話速報

※東京卍リベンジャーズ226話のネタバレを含みますのでご注意ください。

まだまだ続く”三天抗争”

「わああっ」という雄たけびとともに、盛り上がる抗争はまだまだ続きます。

みんなが一斉に敵チームに向かって殴りかかっていくそれぞれのチームメンバーたち。

かつてのタケミチの幼馴染でもある鶴蝶も、果敢にブラフマンや関東卍會のメンバーに向かっていきます。

しかしそんな抗争のさなか、微動だにしないマイキーに疑問を抱いている様子。

表情1つ変えずにただ抗争を”見守っている”マイキーは、ここでも健在です。

何を考えているのか分からないその表情に、読者である私たちでさえ恐怖すら覚えてしまいますね…。

鶴蝶が不思議がるのも無理はありません。

「なぜ”三天抗争”のこの瞬間に動かないのか」。

最強のマイキーが動かないのには何か理由がありそうです。

最後にそれぞれのチームのトップをシメて、自分一人で三天戦争を終わらせるためなのでしょうか…?

「武器を使えばなんでも楽勝」

マイキーの想像もつかないそのたたずまいにあっけに取られている鶴蝶の元には、武器を持った春千代がやってきます。

現・ブラフマンのナンバー1・2である千咒や武臣と実の兄弟である春千代の、この抗争における立ち居振る舞いも気になるところですね。

そんな春千代が向かったのが、「喧嘩が強いことでかつてのブラックドラゴンの総長だった黒川イザナにもその実力を認められていた」鶴蝶。

鶴蝶の頭を無残にも武器で殴りつける春千代は、どこか楽しそうな表情をしています。

しかし、「いくら喧嘩が強くても武器使えば楽勝なんだよ!」と得意げに言う春千代の後ろには、さらに武器を持った灰谷蘭がいました。

かつて”六本木を牛耳っていた”灰谷兄弟です。

顔面を殴られた春千代は、悔しそうに灰谷をにらみつけました。

「武器を使えば楽勝」と鶴蝶に殴りかかった春千代が、そっくりそのまま武器を使って敵チームに殴られるシーンは、まさに「因果応報」と言ったところでしょうか?

武器を使って敵チームに向かうか、自分の腕っぱしのみで戦うのか…。

この辺りの対比もそれぞれのチームで出来そうですね。

仲間のために命を張れるチーム?

一方、並外れたパワーとタフさを兼ねそろえている「モッチー」こと望月莞爾も、周りの関東卍會メンバーをボッコボコに殴っている1人。

「どうしたトーマン!張り合いがねえぞ!」と叫ぶ望月は、めちゃくちゃ迫力がありますね!

「ロクハラの幹部であり、”極悪の世代”である望月は噂通りけた違いに強い!」と慄く関東卍會のメンバーたち。

その日和ったたたずまいも、冷静に見れば笑ってしまいそうなほど弱い印象を受けます。

(かつてマイキーがメビウスを潰す抗争に向かう際に東京卍會メンバーに放った伝説の言葉が頭を駆け巡りますね!)

「仲間のために命を張れるチームにしたい」という思いで立ち上げた東京卍會。

そして、望月の喧嘩の強さが圧巻すぎて尻込みしているチームメンバーが目立つ関東卍會。

同じ「トーマン」という略称で呼ばれているチーム同士ですが、中身もチーム構想も違うことが悲しくなってしまうのが印象的でした。

自分たちのチームのトップであるマイキーが肩を並べて戦った”ドラケンの死”が原因でこの抗争が勃発しているにも関わらず、現在の”トーマン”メンバーにとってはドラケンはすでに過去の人であり、自分たちの仲間とは微塵も思っていない様子が伝わってきます。

マイキーもその一人なのか、気になるところです…。

元・ブラックドラゴンメンバー

気が付くと、ほとんどのロクハラメンバーは初代ブラックドラゴンメンバーである武臣・ワカ・ベンケイによってボコボコにされていました。

現在のブラフマンの主要メンバーでもある3人がそろうと、何とも迫力のある絵面になりますね…!

そんなかつての元・ブラックドラゴンメンバーの前に立ちはだかるのが、サウスをはじめとしたロクハラの生き残ったチームメンバーたち。

「どけてめえら」と怒りを隠せない様子の武臣は、ここでもまだ怒りが収まった様子はありません。

ドラケンを殺されて”いかに怒り狂ってるか”が伝わってきますね。

そんな武臣を見たベンケイは、「ダメだ。武臣は頭を冷やせ」と言います。

かつてのブラックドラゴン時代から一緒に過ごしてきた”仲間”であるベンケイですら「武臣が怒る」ことについて危惧しているのが印象的ですよね。

過去に”武臣が我を忘れたことで起こったトラブル”があるのか?が余計に心配になるやりとりでもあります。

その様子を、ワカは黙って見ています。

3人の信頼感があるからこそ生まれる独特の雰囲気もインパクトがありますね!

トップ×トップ

「こりゃ100人はやられたか!」とロクハラメンバーが倒れている様子を見てつぶやくサウス。

仲間がやられたのに他人事のように言うサウスの非情さが伝わってくるセリフですね。

「最強コンビの名は健在だな!」と嬉しそうに言うサウスですが、最強コンビとは一体?と気になるところでもあります。

”最強コンビ”と言われて思い浮かぶのはやっぱりマイキー×ドラケンではありますが、片や銃弾で亡くなってしまい、片や”闇落ち”してしまったような表情…。

あの2人の”最強コンビ”復活も恋しくなりますね。

「なんであんなバケモンがトップ張ってないんだ?」「何者だよあの二人…」と敵チームにまで言わせてしまうほどの実力を隠し持っていたのは、なんとワカと望月でした。

その佇まいは、敵チームも言う通り”チームのトップを張っていてもおかしくないほど”の貫禄と覚悟が読み取れるほどでした。

なんと、この2人はかつての”初代ブラックドラゴン”が出来る前は関東を二分していた強者だったのです…!

なんでも、”ブラックドラゴンというチーム”ができるまでは、関東は西と東に分かれていたんだそう。

そんな二分された1つ・西関東を仕切っていたのは600人で構成される日本最大のチーム「ラグナロウ」。

そんなラグナロウを率いていたのは”赤壁(レッドクリフ)”と呼ばれる最強の総長。

抗争の後に返り血で染まる巨体がトレードマークでその異名が付いた総長の正体は、なんと荒師慶三、ベンケイだったんです!

一方、そんな最強チームである「ラグナロウ」に対抗しようと東関東の12チームが集まってできたチームもありました。

それが「煌道連合(こうどうれんごう)」と呼ばれる、ワカが率いたチームでした!

当時”白豹”の異名で恐れられていた男・ワカが不良を束ねてできたチーム…。

かつてはブラックドラゴンのメンバーとして、現在はブラフマンのメインメンバーとしてともに”仲間”として戦っている2人。

そんな2人が、ブラックドラゴンが出来る以前に”関東”を牛耳っていたとは驚きの過去ですよね!

これまでどんなチームよりも東京卍會が最強と言われてきていた印象ですが、その前にも最強のチームがいたなんて…!

読者からすれば、嬉しい過去でもありますよね。

佐野真一郎

「あの2人ってそんなに凄かったんだ…」と驚きを隠せない様子のタケミチ。

”赤壁(レッドクリフ)”と”白豹”がバチバチにぶつかったら、関東はどうなるか…。

想像もできないほどですが、そんな不安も杞憂でした。

なんと、この最強コンビをまとめあげたのが当時無名だった「佐野真一郎」。

その名前は、ご存じの通りマイキーの実の兄貴だったんです!

「ここで登場するのか~!」という読者の声も聞こえてきそうですが…。

当時”関東を牛耳る2人”であったワカと望月をまとめあげるなんて、その腕っぷしがいかに凄いかが伝わってきますよね!

「喧嘩が弱いのになんでトップを張っているのか?」とマイキーも過去に疑問に思っていたほどの兄だった真一郎。

これまでチームのトップを張っていたという事実だけでも凄かったですが、”手に負えないくらい喧嘩が強い”ワカと望月の2人をまとめあげたという過去が発覚したことで、これまで以上に”佐野真一郎”がいかに凄いかが伝わってくる激熱なシーンでした!

喧嘩が弱くても”何か人を惹きつけるものを持っていた”ことがうかがえますね!

「当時の日本最強はあの2人だ!」と武臣に言わせるほどの喧嘩の実力があったワカと望月ですが、次々とロクハラメンバーをボコボコに倒していった描写からしてもその評価は過大ではないことが見て取れます。

”最強コンビ”と言われた当時から2人で敵を倒してきただけある、コンビネーション抜群な様も妙に納得できますよね。

2人がいかに信頼しながら敵に向かっていってたのかがわかります。

最強コンビが仕掛ける!

「マイキーまで力を温存しときたかったけどしょうがない」

「サウスはマイキー級だから油断すんなよ」

サウスを目の前にして、戦う気満々の最強コンビ。

「ビオオオ!かかってこいや”伝説!」と叫ぶサウスに、「いくぞ!オラア!」と向かっていくワカと望月。

ワカの軽やかな飛び蹴り態勢と、望月の豪快さ&タフさを彷彿とさせるようなしっかりとした構え。

この2人を前に、サウスは果たしてどう出るのか…が気になるところです。

”最強コンビ”を「伝説」と呼ぶあたり、「もうお前らは伝説だから俺が勝って終わりにしてやる」というサウスの強い闘争心を感じられますよね。

2人以上にサウスは喧嘩が強いのか?伝説を覆すほどの強者なのか?

仲間をなんとも思っていないような口ぶりだったサウスならありえそうな、「自分で戦わずに後ろにいる仲間に喧嘩をさせようとする」展開につながるのか?

ますますこれからの動きが気になるところです!

東京卍リベンジャーズネタバレ226話のTwitter民の感想は?

東京卍リベンジャーズネタバレ226話のTwitter民の感想は…。

春千代の”卑怯な武器使用”に嘆いている人や、闇落ちしてしまっていそうなマイキーへの熱烈な復活を切望している人など様々でした。

東京卍リベンジャーズネタバレ226話のまとめ・考察

マイキーの無表情さと動きのなさは安定だった226話…。

ワカと望月がかつて関東を二分するほどの”最強コンビ”だった過去が発覚したのは衝撃的でしたね。

ただ、そんな”最強コンビ”が戦っているのにも関わらず、相変わらずマイキーは抗争を見守るだけでした。

そんな”最強コンビ”が向かったのは、ロクハラのトップを張るサウス。

「三天」と呼ばれるロクハラのトップを張っているくらいなので喧嘩は強そうですが、まだまだその強さを確認できるシーンはほとんど描写されていません。

今後のサウスの喧嘩の実力や、”最強コンビ”との結末、そしてロクハラチームVSブラフマンの決着も気になるところです…!

そして、マイキーが今後どう動くのか…227話も見逃せません!