ワンピース

ワンピース985話ネタバレ!カイドウが宣言した新鬼ヶ島計画とは?

Pocket
LINEで送る

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース986話のネタバレをお届けします。

ワンピース984話では、局面局面で物語が描かれていきます。

磔にされているモモの助、そこでカイドウが高らかに「新鬼ヶ島計画」を宣言!

一体「新鬼ヶ島計画」とは何なのでしょう?

一方でヤマトはルフィに語りかけます。おでんの処刑を目撃した事、そしておでんの残した「航海日記」を持っている事。

そして航海日記の存在は父であるカイドウも知らず、更に「大切な事」が書かれており、自らがおでんの意思を継ぎ、ワノ国を開国するつもりであると。

更には「一緒に戦わせてほしい」とまさかの共闘宣言です。

この時に被っていたお面を取ります。その素顔はなんと「女」、まさかのカイドウの息子ならぬカイドウの「娘」だった事が判明!

局面が変わり、鬼ヶ島の裏手、ローと赤鞘達。ローの能力で鬼ヶ島裏手に上陸成功。

そこにマルコに担がれたネコマムシとイゾウも合流。

マルコは気になることがあるとその場を離れますが、かつてのおでんの家臣たちがここに集結しました。

簡単にワンピース984話を振り返りましたが、役者が揃ってきました!

そして気になるのは「新鬼ヶ島計画」でしょう。

いよいよ鬼ヶ島討ち入りも本格戦闘が近そうです。

ワンピース986話の内容がわかりましたのでネタバレ紹介していきます。

今回は「ワンピースネタバレ985話最新話速報!カイドウが宣言した新鬼ヶ島計画とは?」と題してお届けします。

>>ワンピース最新話のネタバレはこちら<<

 

ワンピース985話ネタバレ!

ワンピース985話の話の内容を文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース985話ネタバレ|新鬼ヶ島計画の全貌!

ワンピース984話でカイドウが言い放った「新鬼ヶ島計画」の全貌が明らかになりました。

順を追って解説していきましょう。

まず七武海撤廃は海軍の「新戦力」で自分たちを抑えられる自信の表れであると。

そしてこの「新戦力」については以前から伏線があります。

藤虎が緑牛に「すげぇもんが完成していた、もう七武海は必要ない」と言っていました。

この「すげぇもん」がカイドウのいう「新戦力」。

Drベガパンクが開発した人間兵器の可能性が高いでしょう。

そしてカイドウの演説にビックマムが加わります。

そこで宣言されたのが、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を取りに行く事と、古代兵器を手に入れて世界に恐怖と戦争をもたらす事。

いよいよ四皇が本格的に動く事になります。

そしてまだ語られていない三つ目の古代兵器「ウヌラス」についても明らかになっていく事でしょう。

その目的の土台とするために、「海賊の帝国」を作ると宣言します。

それは鬼ヶ島を花の都に移し、「新鬼ヶ島」とする、そして将軍はヤマトにする事。

これが「新鬼ヶ島計画」の全貌でした。

この計画に異を唱えようとしたオロチをカイドウは一刀両断、なんとオロチが殺されてしまいます。

四皇カイドウの「本気度」を伺わせるものでした。

果たしてルフィ達はこの「新鬼ヶ島計画」を阻止する事が出来るのか!?

今後本格化する百獣海賊団との戦いの行方に注目です。

 

ワンピース985話ネタバレ|ヤマトが麦わらの一味入り?

984話でヤマトがルフィに「一緒に戦わせて欲しい」と頼むシーンがありました。

まさかのカイドウの息子(娘)との共闘の可能性が出てきました。

985話では更にその可能性が高まったと言えるでしょう。もしかするとヤマトが麦わらの一味入りの可能性も?

屋根裏でルフィとヤマトの話が続いています。

ヤマトは光月おでんに心酔しており、自らを光月おでんと名乗るほど。

そして「エースの弟であれば僕を船に乗せてくれるはず」と言います。

エースとの関係性は以前に戦った事だけは分かっており、まだその多くが謎のままです。

尚、ヤマトが光月おでんを名乗るの事にルフィが異議を唱えます。

するとヤマトは「君の方が光月おでんかも」と言い返します。

ルフィとおでんに何かしらの共通点を感じているのでしょうか?

それはこのあとに垣間見れます。

ヤマトは自分の過去を話し始め、8歳の頃からこの島に監禁状態だった事をルフィに明かします。

鎖国中の国を出て白ひげ、ロジャーと航海をしたおでん、そしてルフィの今までの行動、そこに同じ共通点を見たのでしょう。

だからこその「君の方が光月おでん」という発言。

その共通点とは自らの監禁状態の過去とは真逆の「自由」というものだったと推測できます。

そしてヤマトの両腕につけられた錠、ヤマト曰く、鬼ヶ島から脱出したら爆発するとカイドウから脅されているとの事。

嘘かもしれないが、カイドウの言葉に嘘は感じられないと。

その姿を見たルフィはその錠を外してやろうか?と提案します。

ここで推測できるのがヒョウ五郎の首枷を取った際の流桜です。

これを自在に操ることが可能になったのでしょう。

そしてルフィは更に、本当に一緒に戦う気があるのか?とヤマトに問います。

俺はお前の父親であるカイドウをぶっ飛ばすぞ!と。

それを受けたヤマトは、僕がそうしたいくらいだ!今まで何度も返り討ちにあってきた!と言い返します。

ヤマトの決意を聞いたルフィは手錠を取ることを承諾します。

これにて、ルフィとヤマトの共闘は確実です。

そしてヤマトはルフィの船に乗りたがっています。もしかすると麦わらの一味入りの可能性もあり得るかもしれませんね。

 

ワンピース985話ネタバレ|カン十郎VS赤鞘9人男

ワンピース984話で集結したおでんの家臣達。カン十郎が抜けてしまった代わりに、新たにイゾウが加わり、「新赤鞘9人男」の誕生です。

そして裏口から討ち入りに向かう赤鞘達の前に、カン十郎とカイドウの部下達が立ちはだかります。

またカン十郎が描いた首なし武者もカン十郎の能力で待ち構えています。

カン十郎は赤鞘達の前でモモの助を捉え暴行を加えた事を話し、挑発を続けます。

その時、鎧に身を包んだお菊、又の名を「残雪の菊之丞」、春に残る雪のように、あなたの魂を苦しみ続ける!と言い放ち、カン十郎に戦いを挑みます。

それと同時にネコマムシ達もカイドウの部下達との戦闘を開始。

普通に考えて、赤鞘9人男の実力は拮抗していると考えて良いでしょう。となると、一人のカン十郎は極めて不利と予想できます。

そして最後の描写では、涙を流し、血の滴る刀を持ったお菊こと残雪の菊之丞の姿が。

おそらくカン十郎を切り倒し、今まで苦楽を共にしていた頃を思い出した涙であると思われます。

いよいよ赤鞘9人男もカイドウのいるフロアへ。

カイドウにビックマム、最高幹部の大看板、ルフィにヤマト、ジンベエにロビン、そこに赤鞘9人男も参入。

本格戦闘の火蓋が切って落とされる事になりそうです。

そういえば、ゾロはどうしたんだろう・・・。

 

ワンピース985話を読んでのツイッターの反応は?

以下が今回のワンピース985話を読んでの感想や、986話以降の予想などのツイートです。

ワンピース984話同様、幾つもの局面が描かれた985話、 局面局面のツイートが多いですね。

確かにカン十郎がすんなりやられてしまうと言うのも考え難い?

オロチもそう簡単に殺されてしまうのか?

そして四皇が本格的にワンピースを狙いに行くのであれば、ロビンの力は必要不可欠。

今後の事を色々と思考させられますね。

 

まとめ

ワンピース985話では、カイドウの新鬼ヶ島計画の全貌が明らかになり、更にはオロチが殺されてしまうと言う衝撃の展開。

またヤマトの過去も明らかになり、いよいよルフィとの共闘が確実になりました。

そして集結した赤鞘9人男、カン十郎との対決、果たして菊之丞の涙の理由は?

見どころ盛り沢山で目が回ってしまいます。

次回の986話は8月3日、待ち遠しいですね。

今後もワンピースの展開から目を離せません。

今回はワンピース985話のネタバレを紹介してきました。

次回のワンピースも楽しみですね。

以上、「ワンピース985話ネタバレ!カイドウが宣言した新鬼ヶ島計画とは?」と題してお届けしました。

>>ワンピース最新話展開は?<<

Pocket
LINEで送る