ワンピース

ワンピース1038話ネタバレ!キッド&ローvs.ビッグ・マム

2022年1月31日発売号の週刊少年ジャンプに掲載のONE PIECE(ワンピース)1038話のネタバレ速報をお届けします。

前回は、ルフィとカイドウのバトルシーンがメインで描かれていました。

しかし、それを塗り替えるほどラスト2ページにはたくさんの情報が詰め込まれていました。

五老星がとある人物を消そうとしていることや、伝説と呼ばれる悪魔の実について触れられ、読者に衝撃が走りましたね。

今回はどんな展開になっているのでしょうか。

※先週のネタバレはこちら→ワンピース1037話

リンク先:U-NEXT公式サイト

本ページの情報は2022年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ワンピースネタバレ1038話速報

※ワンピース1038話のネタバレを含みますのでご注意ください。

扉絵“カカオ島ショコラタウンに捕まるニジ&ヨンジ”

 “ジェルマ66のあゝ無感情海遊記”のVol.3。

ホールケーキアイランド・カカオ島に位置するショコラタウン。

ヴィンスモーク家のニジとヨンジは、背丈以上もある本に釘で刺され捕らえられています。

シャーロット・モンドールのブクブクの実の能力ですね。

2人を見張るようにシャーロット・オーブンが目の前で座っており、その背後にはシャーロット・プリンの姿もあります。

プリンは、元婚約相手・サンジの兄弟である2人を助けてあげたいように見えます。

2人が自力で脱出してもかっこいいですが、ジャッジ率いるジェルマ66の艦隊が2人を取り戻しに来る展開も見ごたえありそうですね。

第1038話 “キッド&ローvs.ビッグ・マム”

鬼ヶ島 城内3階

燃え盛る炎の中でじっとお互いを見つめ合っているのは雷ぞうと福ロクジュです。

お互いに金縛りの術を掛け合っているため、どちらかが術を解かない限りどちらも動けないデッドロック状態になっています。

福ロクジュは「術を解け雷ぞう!互いに死ぬぞ!」と焦った様子で問いかけますが、雷ぞうはそれに応じることなく術を解こうとしません。

その表情は、命に代えても福ロクジュを仕留めてやる、という意志が表れています。

単純に侍軍の勝利を成し遂げるというだけではなく、ライバル忍者であるという古くからの関係性がそうさせるのでしょうか。

それにしてもこの2人の戦いは長いですね…。何か重要な情報が明かされる予兆であれば良いのですが。

長尺忍者バトルが繰り広げられているフロアの1つ下、鬼ヶ島 城内2階では、火事が原因で天井が崩れてきています。

その場にいる侍たちが天井の下敷きになりそうなところを、ジンベエが間一髪助けます。

魚人に火は辛くないのでしょうか。(無論、ジンベエはそれに耐えうる力は持っていそうですが。)

侍軍とカイドウ軍の戦争とは無関係の火事が両軍を襲う悲劇にジンベエも「戦いに死ぬならまだしも!火事での焼死者が大量に出るぞ!」と憂いています。

副作用

ライブフロアで争っているビッグ・マムとロー&キッドの戦いは、激しさを増していました。

その脇にはミンク族の看護師であるトリスタンがおり、手のひらにチョッパーが乗せています。

シーザーによるランブルボールの改良で巨大化の時間を延ばすことに成功しましたが、その反動で体が小さくなる弱体化を受けてしまいます。

ギア3使用後のルフィみたいですね。

しかし、チョッパーは自分の体よりゾロのことを心配しているようです。

ゾロはカイドウとの戦いで一時戦闘不能状態に陥っていましたが、ゾウに存在するという「超回復」ができる薬を投与されて復活することができました。

そのおかげでキングを討ち取ることができたのですが、問題はその薬の副作用。

それは、効果が切れた後に倍のダメージを受けてしまうことです。

元々負っていた動けないほどの重傷の倍ものダメージが、キング戦を終えたゾロに襲いかかってくることをチョッパーは不安に思っているようです。

思えば、スリラーバークでルフィが受けたダメージをすべて受けたのもゾロでしたし、ゾロは大ダメージを一括で背負わなければならない係でも任命されているのでしょうか。

「ゾロ…死なないよな!?」と心配される当のゾロは、鬼ヶ島 城外にて謎の死神に迫られていました。

キングとの戦いか、薬の副作用か、体が動かないゾロ。

死神はかなりの高身長であり、大きな鎌を振りかぶって今にもゾロの魂を奪おうとしています。

その顔面はガイコツなのですが、ブルックにそっくりに見えます。

ゾロが「誰だてめェ」と言っていますし、ブルックである線は薄いようにも思えます。

しかし、鬼ヶ島での戦いが終盤であるにもかかわらず新キャラが登場するとも思えません。

もしかすると、ブルックのヨミヨミの実の能力が覚醒して死神を生み出せるようになったのかもしれません。

生死を操る能力で死にかけのゾロを正気に戻そうとしているのでしょうか。

もし、ヨミヨミの実が覚醒しているとすると、前回、五老星が話していた覚醒した悪魔の実がヨミヨミの実である可能性が高そうですね。

そんなゾロを探してドクロドーム内 右脳塔を突っ走るのはフランキー。

死神とゾロがいる場所までもうすぐです。

イゾウとCP0

鬼ヶ島 城内1階 天井裏

「くそ…白ひげんトコの隊長が…!若僧共に…加担するとは…!」と、イゾウにやられた百獣海賊団のクルーが倒れています。

天井裏から地下1階に降り立つイゾウ。

ボタボタと血が流れます。

「(ハァ…ハァ 多勢に不覚をとった…腐っても『百獣海賊団』か…!))と、イゾウの腕をもってしても百獣海賊団相手に苦戦したようです。

背後に気配を感じたイゾウはばっと振り返り銃を向けます。

銃口の先には2人のCP0のエージェントが立っていました。

「いる事は知っていたが…!イゾウ…会わなかった事にしよう」というCP0。

「立場上…歴史的な罪を犯した白ひげの残党を放ってはおけんが…今我々が用があるのは麦わらの一味だけだ…」と続けます。

イゾウの首を取るよりも麦わらの一味を逃がさないことの方が重要だそうです。

「またどこかでな…」と立ち去ろうとするCP0に対してイゾウは、「いや…待て…“CP0”」と呼び止めます。

麦わらの一味に手は掛けさせないと言っているように聞こえます。

元クルー・エースの生ける意志であるルフィを守ろうとしているのでしょうか。

それだけでなく、麦わらの一味誰一人欠けても侍軍の勝利はないと確信しているような気がします。

まほろば

鬼ヶ島 城内地下 武器庫には大量の火薬が眠っています。

カン十郎が生み出した妖怪・火前坊がその火薬に火をつけようと進行していました。

引火すると敵味方問わず甚大な被害をもたらしてしまうため、それを避けるためにヤマトも武器庫に向かっています。

ヤマトが到着したと同時に火前坊も天井をすり抜けて武器庫に入ってきました。

火前坊は爆弾目掛けて降ってきており、その距離はほんの少ししかありません。

ヤマトは急いで「無侍氷牙(ナムジヒョウガ)」でを放ち、爆弾を凍らせることで引火を遅らせます。

火前坊は凍った爆弾に落下してジュー!と溶かしています。

このままではどっちみち火薬が爆発してしまうため、ヤマトは「火薬に触るなァ!」と叫びながら、「馬幻刃(まほろば)」を火前坊に喰らわせます。

効いているようですが、火前坊は怯まず手を伸ばしてヤマトに向かって火柱を放出します。

ルーキーの共闘

舞台は再びライブフロアに戻ります。

フロアでは爆発と電撃が走っています。

キッドとローはすでに倒れているのにビッグ・マムの攻撃は止みません。

キッド海賊団とハートの海賊団のクルーが両キャプテンを心配して声を掛けます。

「ふん!部下に同情されちゃ…立つ瀬がねェなお前ら!」とビッグ・マムは言いますが、その息遣いはハァハァ…と荒くなっており、疲労が溜まっているのが伺えます。

キッドとローを救助しようと両海賊団のクルーは駆け寄りますが、ビッグ・マムがそれを許す訳もなく、「天満大自在天神」をお見舞いします。

「ハァハァ さてカイドウの勝鬨はまだ上がらねェな ゼーゼー」と、荒い呼吸を整えながら鬼ヶ島 屋上に向かおうとするビッグ・マム。

しかし、それを逃がすまいとローが「K・ROOM 麻酔(クローム アナススィージャ)」を繰り出し、巨大化した剣でビッグ・マムを突き刺します。

貫通自体に痛みはない技ですが、刺した剣から衝撃波を与える「衝撃波動(ショックヴィレ)」を喰らわせます。

衝撃波動は、過去にビッグ・マムにダメージを与えて有効であることが証明されている技です。

「よくもママを~!」と、魂(ソウル)を与えられたガレキが怒り、ローに詰め寄りますが、立ち上がったキッドの磁力に吸い寄せられます。

「まだ立つのかい…!?キッドォ!おれの首がよっぽど欲しいらしいなガキ共…」とビッグ・マム。

キッドは、「ハハハ…今はなぜか別の目的に動かされてる気がする…」と言い、「上のカイドウもそろそろだろう 時間をかけりゃ水滴でも石を削る」と四皇相手に強気の発言を投げつけます。

「ノーダメージ?そんな物体はこの世に存在しねェんだよ!」と言い放ったキッドは吸い寄せた金属を魔牛の形状にし、「磁気大魔牛(パンク コルナ・ディオ)」としてビッグ・マムに押し付けます。

キッドとローが口を合わせて、「屋上へは死んでも行かせねェ!」と叫びます。

2人がかりでルフィの勝負を邪魔しない、ルフィにすべてを託すという気持ちが見えてめちゃめちゃかっこいいです!

物理的には離れていますが、ルフィと3人で共闘している様子が、シャボンディ諸島で共闘した時のシーンと重なってエモすぎます…。

ワンピースネタバレ1038話のTwitter民の感想は?

ワンピース1038話のTwitter民の感想は…

ゾロの目の前に現れた死神に関する考察で溢れていました。

ブルック説や三代鬼徹に宿っている死神説などがありました。

また、キッド&ローのバトルについてもたくさんつぶやかれていました。

https://twitter.com/remember_MERRY/status/1487804912402825217?s=20&t=FtYeVFQUu3SzzjHy5P3r0g

ワンピースネタバレ1038話のまとめ・考察

今週は、さまざまなシーンが少しずつ進んだ印象です。

長続きしている雷ぞうVS福ロクジュの戦いや、ヤマトVS火前坊の火薬引火を巡る戦い、CP0に仕掛けるイゾウなど、見どころ満載でしたが、ゾロの目の前に現れた死神の存在が気になりますね。

また、ビッグ・マムVSロー&キッドの戦いも盛り上がっており、ロー&キッド側が優勢の状態で終わりましたが、これで折れる四皇ではないと思うので、まだまだ続いていきそうですね。

ちなみに、ヤマトが繰り出した技名・まほろばとは古事記の中で「素晴らしい所」「住みやすい所」という意味があります。

この勝負に勝つことでワノ国をまほろばにしてほしいです。