ワンピース

ワンピース1034話ネタバレ!サンジvs.クイーン

2021年12月6日発売号の週刊少年ジャンプに掲載のONE PIECE(ワンピース)1034話のネタバレ速報をお届けします。

前回は、ゾロの幼少期に関するエピソードが深く掘り下げられました。

※先週のネタバレはこちら→ワンピース1033話

\ワンピースを無料で読む/

リンク先:U-NEXT公式サイト

本ページの情報は2021年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ワンピースネタバレ1034話速報

※ワンピース1034話のネタバレを含みますのでご注意ください。

扉絵「お祭りの射的で子供達のために景品を取ってあげるウソップ」

扉絵では、ウソップが射的の屋台で一等の「One year’s worth of JUICE(ジュース1年分)」を射抜いています。

しかも、横に寝て、さらに的に背を向けながらも、的の真ん中に弾を命中させています。

父親のヤソップの姿と重なりますね。

第1034話 ”サンジvs.クイーン”

ドクロドーム左脳塔 遊郭

爆発が起こるその場所には、逃げ惑う遊女たちがいました。

そんな中、お染と呼ばれる女性が立ち止まっています。

彼女は、1031話でサンジに手をあげられ血を流していた女性です。

周りの遊女から、「離れなケガするよっ!」「もっと奥へ逃げましょう!」と呼びかけられますが、「まだ…忠治が見つからなくて…」と、誰かを探しているようです。お染の子でしょうか。

焔雲を掴むモモの助

鬼ヶ島外では、島の進行を止めようとモモの助が奮闘しています。

これまでは、焔雲を生み出して鬼ヶ島を押し返そうとしていましたが、なかなか焔雲が出せず苦戦していました。

しかし、「名案でござる!」と、何かを閃いたようなモモの助。

「拙者も同じ龍ゆえ!つかめたでござる!カイドウの焔雲!」と、カイドウが元々生み出していた焔雲をつかめることに気づいたのです。

「押しかえせぬまでも!せめて止められれば!さいあくの事態はさけられる!」と言い、その場に島を留めることを目標に切り替え、花の都を守ろうとします。

クイーンによるジェルマのコピー

ドクロドーム内 ライブフロアでは、今もライブフロアに逃げようとする百獣海賊団とそれを止めようとする侍たちの攻防が行われています。

城からの「脱出」を試みる百獣海賊団のクルーの背中には「DASSYUTU(脱出)」と書かれています。

その時の状況をファッションで表すのめっちゃ好きです(笑)

よく見ると同じコマにパンダマンもいます!

そしてシーンは遊郭に戻り、話の軸がサンジとクイーンのバトルに移ります。

クイーンが「火花QUEEN(スパーキングクイーン)」という目から光線を放つ技を繰り出します。

これは、ヴィンスモーク・イチジの「火花光拳 (スパーキングヴァルキリー)」という技に酷似しています。

続けて、電気を帯びながら首を伸ばして噛みつく「起電QUEEN(ヘンリークイーン)」を繰り出し、サンジに電撃を喰らわせます。

この技は、ヴィンスモーク・ニジの「起電光剣(ヘンリーブレイザー)」にそっくりです。

クイーンはムハハハと笑い、「わかるか!?『ジェルマ66』の技だ!」と、ジェルマの技をコピーしていると明かします。

サンジがレイドスーツを着用した後に見せるつもりだったようです。

クイーンの中でジェルマの化学同士を争わせる構成があったのでしょう。

クイーンはジャッジの息子達こそ奴の技術の集大成と話し、「スーツを着たお前を叩きのめせばジャッジの奴に示せた!科学者として!俺の方が優れていると!」と、因縁の相手にマウントを取れるチャンスだったと語ります。

「知るかお前らの因縁なんか!」と、自分には関係ない話に耳を貸さないサンジ。

クイーンは、「さっきはスッとぼけたがよ“ジェルマの化学”は!全て調査研究済みよ!」と言い、サンジを掴みます。

「お前ら兄弟の技は全て再現できる!」と宣言するクイーンに、「また家族扱いを…!」と兄弟と呼ばれるのを嫌がるサンジ。

そこじゃなくて掴まれていることを嫌がれよ!と思いますね。

クイーンはサンジを掴んだ腕を振り、「巻力QUEEN(ウインチクイーン)」をお見舞いします。

これは、ヴィンスモーク・ヨンジの「巻力断頭(ウインチダントン)」を模した技です。

クイーンはそのまま回転し壁に叩きつけられるサンジですが外骨格が発現しているせいか、叩きつけられる度にガン!ゴン!と音が鳴り響きます。

振り回されながらもサンジは戦闘不能になることはなく、クイーンの腕を蹴り壊し反撃します。

これにはクイーンも「手がァ~~!おのれクソガキ~!」とうろたえます。

サンジは、「忠告はしたぞ…!あいつらの名をおれの前で口にするな…!」と怒りをあらわにします。

それに対しクイーンは、「おれの言論の自由を奪おうってか!?」と半正論で返してきます。

ワンピースの世界にも言論の自由の概念があるのですね。

そうクイーンが言った瞬間、サンジが「腹肉(フランシェ)ストライク」を打ち込みます。

クイーンは「おおおおお!」と声を出しており、かなり効いている様子です。

サンジは、「みろ!いつまで優位に立ってるつもりだ」「さっき吹き飛ばした一撃が効いてねェ筈がねェ!散々戦ったんだお前も弱ってる!」と、「地獄の思い出(ヘルメモリーズ)」のダメージが蓄積されていることを見透かします。

強靭な動物系古代種の能力者にも確実にダメージを与えているサンジ、強すぎる。

ステルスブラックで消えるクイーン

「おれは“運命”を受け入れた!広場でのおれとは違う!」と、自分の心と体に起きている変化、すなわち怪物になることを受け入れたことで、クイーンとのバトルに専念するサンジ。

すると、目の前に立つクイーンがスーっと消えていきます。

これは、レイドスーツを着用したサンジが使う「ステルスブラック」そのものです。

突然の出来事に驚くサンジでしたが、「そんな事までできるのか」と言い、次の瞬間、フッと消えてしまいます。

またもや突然の出来事にクイーンは、「(え~!あいつも消えやがった!)」と3割くらいのエネル顔を披露します。

「(しかし奴にスーツはない!“高速移動”による消失だ…!)」と、サンジの消失減少のカラクリを見抜き、体力が尽きて姿を現した瞬間を狙おうとしています。

そんなステルスバトルが行われている脇を1匹のネズミが走っています。

そのネズミをお染が見ており、「(いた!忠治!無事だったのね!」と、心の中でつぶやきます。

お染が探していた忠治とはネズミのことだったのです。

忠治と合流しようとするお染を、ステルス状態のクイーンが見つけてしまいます。

クイーンはお染に自分の指名を今までに何度も断られており、この日お染は頭痛で寝込んでいるはずだったのですが、今ではピンピンしていることに憤りを感じているようです。

一歩ずつお染に近づき、「(さっきの『天罰』じゃまだ足りねェか!?もう一発くらえ!)」と、手をあげようとします。

さっきの天罰とは一体何のことを指しているのでしょう。

その頃空中にいたサンジ。

自分が得た「外骨格」「筋力」「移動速度」を加算される力と称し、「外骨格」に今まで鍛えた「武装色」を重ねることで、より強靭で、より高温の炎をまとう脚になると言います。

サンジの脚は、「魔人風脚(イフリートジャンブ)」という掛け声と共に、いつも以上に燃え盛ります。

イフリートとは、炎を自在に操る魔人の名前です。

「悪魔風脚(ディアブルジャンブ)」の上位互換のようですね。

クイーンに接近しながら「謎も解けたぞ…!」と言うサンジ。

サンジがお染に手をあげた場面、あれはサンジが手をあげたのではなく、ステルス状態のクイーンが「天罰」を下したのでした。

サンジの心が怪物に変化していたわけではなかったのです。

「お前だったんだろ!?クイーン!…人間のクズが!」と言い、加速も重みも普段より増している脚でクイーンの「首肉(コリエ)」に蹴りを入れます。

その後、「肩ロース(バースコート)」「肩肉(バルロン)」「肩バラ肉(ジュモ・ア・ビフテク)」「バラ肉(タンドロン)」「腹肉(フランシェ)」「尾肉(クー)」「モモ肉(ポワール)」「すね肉(ジャレ)」を連続して喰らわます。

そして、「飛べゲス野郎」と添え、炎をまとった強力な脚による「牛肉(ブフ)バースト」をヒットさせます。

仔牛肉(ヴォー)ショットの進化技なのでしょうか。クイーン撃破における有効打になる一撃です。

ワンピースネタバレ1034話のTwitter民の感想は?

ワンピース1034話のTwitter民の感想は…

サンジの強化に関するツイートが多くつぶやかれていました。

また、ゾロやサンジの強化により、ルフィのギア5もそろそろ登場するのではないかという声も多く見受けられました。

https://twitter.com/rin_cho7/status/1467538043964125185?s=20

ワンピースネタバレ1034話のまとめ・考察

今週はタイトル通りサンジとクイーンのバトルシーンが色濃く描かれました。

ジェルマの技をコピーするクイーンと、発現した外骨格を活かした強化を得たサンジとのバトルはただの対決ではなく、因縁や家族とのつながりなどさまざまなものを背負っており、単なる勝ち負けだけで収まる話ではありませんね。

もちろんクイーンにはこれで倒れてほしいですが、過去にジャッジやベガパンクとのつながりがあったようなので、せめてそのあたりのエピソードを展開してから気絶してほしいところです。

とはいえ、百獣海賊団の大看板。ここで倒れることはないと予想します。

もう一つサンジの大技が繰り出されることを期待します。

ゾロとキングの戦いも終盤になってきているため、あと数話で完結しそうですね。

となると気になるのはルフィとカイドウの決闘です。

覇王色同士がぶつかってからは描かれていないため、待ち望んでいる読者も多いはずです。

ギア5の登場も楽しみですが、ゴムゴムの実の覚醒した能力が何なのかが気になります。

ジキジキの実と同様、他のものにゴムの能力を付与するのでしょうか?

次回以降、ルフィ・ゾロ・サンジのバトルシーンが今まで以上にアツく描かれてほしいです。