キングダム

キングダムネタバレ660話最新話速報!什虎城の隠されたカラクリがある?

キングダムネタバレ660話最新話速報!什虎城の隠されたカラクリがある?
Pocket
LINEで送る

2020年11月12日のヤンジャンに掲載のキングダム最新話660話のネタバレ考察をお届けします。

キングダム659話では、寿胡王が生け捕りにされます。

これにより楚軍の本陣は陥落しました。

勝鬨の秦の旗が楚軍の旗に代わって打ち立てられます。

秦と魏の連合軍は歓喜をあげました。

全体を掴むことができない末端の楚軍の兵士は混乱しています。

しかし旗が上がったことにより、敗北を認めざるを得ないことになってしまいました。

鮮やかな勝利、しかし什虎城にはまだ

満羽、千斗雲、玄右が残されています。

これからのキングダムはどのような展開となるのでしょうか?

今回は「キングダムネタバレ660話最新話速報!什虎城の隠されたカラクリがある?」と題してお届けします。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察

このまま魏と秦の勝利は間近なのでしょうか?

キングダム660話の考えられる展開を紹介していきます。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|あっさり陥落の什虎城!

援軍の白麗や、什虎城の将軍たちがあっさりと退却していたので、

什虎城の持久戦が始まると思ったのでしたが、

なんとあっさりと別働隊によって什虎城は陥落してしまいました。

しかし、満羽たちの撤退があまりにもあっさりしすぎていると言う伏線があります。

この撤退は寿胡王が最初から織り込み済みの作戦の1つだった可能性があります。

寿胡王が謄に捉えられたときに全く驚いていなかったと言う描写もあります。

連合軍が什虎城の手のひらの上で踊らされているのでしょうか‥。

また、項翼と白麗は援軍でありながらも

什虎の秘密については知らされていないように思います。

この辺の戦いに対するモチベーションの違いも次回以降描かれていくと思います。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|満羽が昌平君と関係がある?

キングダムの熱心な読者はみんな知っていると思いますが、

昌平君は楚の最後の王となる人物です。

そこに至るまで何があったのかは記録に残されていません。

ゆえに、昌平君は実質ラスボス扱いの李牧がいない世界において、真のラスボスと言えるでしょう。

ここまでの満羽の発言で、楚と昌平君がこの時点で何らかの関係を持っていると予想できます。

次回、満羽と蒙武の対峙が考えられます。

そして何が語られると言うのでしょうか‥。

楚と秦はもともとある程度のつながりがあります。

昌平君が既に何らかの行動を起こしているのか‥。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|什虎城の秘密!

見事に什虎城を陥落した連合軍ですが、あまりにもあっさりしすぎています。

呉鳳明も逆に仕掛けがはまりすぎていることを不思議に思っているようです。

そもそもなぜ什虎城は絶対に落ちない城と言われているのでしょうか?

函谷関みたいな天然の要塞と言うのならわかりますが、

什虎城は周りに何もない平地に立たされています。

いくら強い将軍がいると言っても、

周りを四方から攻められたら、兵糧攻めにあって一網打尽でしょう。

什虎城は奪われても、すぐに奪いされてしまうような仕掛けがしてあるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|井闌車には仕掛けがしてある?

今回は軽量化している井闌車を城攻めに使っています。

ゆえに什虎城の兵士からワイヤーのようなものをかけられて、倒されそうになっています。

しかしすでに対策済みだったようで、逆側から引っ張り返すと言う作戦をとっています。

実はそれだけではなくて、今まで炎や煙に弱かった井闌車ですが、

今回使っているのは四方が密閉された井闌車ではないと言うことがポイントになっていると思われます。

これにより相手から煙攻めをされたり、簡単に乗っ取られたりすることを防ぐ役割になっていると思います。

魏の兵士のセリフから、さらに何か仕掛けが施してある可能性もあります。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|失うものがない満羽

蒙武は最初こそ出番をくじかれていますが、今は満羽と互角に戦っています。

基本的にキングダムの世界ではかかえているものが多いほど強いキャラクターとなっています。

それを根底から覆す、失うものは何もないと言う満羽。

満羽はみたところでは、死に急いでると言うわけでは無いですが、生きることにも全く執着がないように見えます。

これは趙の龐煖(ほうけん)と同じタイプだと言えるでしょう。

このタイプは強いけど、生きる意志を持っている李信などのタイプには弱いはずです、果たしてどうなるか‥。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|満羽の背負うものとは?

主人公の信もそうですが、背負うものがあると強くなる!それであの龐煖を打倒しました。

満羽もキングダム656話では、蒙武を”背負っている”と指摘、だからこそ、汗明に勝てたのだと。

その蒙武を一撃で跳ね返す満羽の背負っているものとは一体何なのでしょうか?!

ヒントはこの満羽の描写にあるのではないでしょうか!?

死体の山となっている戦場を見つめる満羽、これが彼の強さ、即ち”背負っているもの”の正体でしょう!

恐らく、満羽の祖国の全滅した姿だと思われます。

祖国があった什虎城周辺を荒らすものは許さない!それが楚であっても例外ではありません。

趙の万極が秦に対して猛烈な恨みと強さを発揮したように。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|呉鳳明が裏切る!?

史実では秦・魏の同盟がなり、楚軍と戦うことになります。

そして現状では史実通りの展開になっていますが、呉鳳明にとっては、秦と共に戦い什虎城を得ることも大きな”利”ですが、無駄に兵力を失うのも避けたい筈です。

現在は秦・魏12万に対して楚軍11万と兵力は拮抗しており、仮に勝ったとしても無傷では済みません。

逆に魏軍7万が楚軍側につけば、兵力差は秦軍5万に対して魏と楚合わせて18万となります。

多勢に無勢、流石の蒙武や謄もひとたまりもないでしょう。

呉鳳明からすれば、什虎城は取れなくても、秦の大将軍である蒙武と謄を討ち取る事ができれば大戦果です。

特に謄は秦と魏の国境を守る大将軍ですから、謄を討ち取ることは今後の対秦戦略においても有利に事を運べます。

史実からは考えにくい事ですが、呉鳳明が秦を裏切る可能性も十分にあり得ます。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|楚との戦いがこれからも続く?

史実では235年に秦と魏が同盟を結び、楚を攻めるとあります。

つまり、今回の楚攻めは史実通りなのです。

そしてこの戦いは長期に渡るものではなく、大規模な戦いには至っておりません。

史実では李園の調略により大きな戦いに至る事はないのですが、その辺がどう描かれるかはわかりません。

ただ、大きな戦いにはならないのであれば、今回の什虎城を巡る戦いは早期に終わる可能性があります。

寿胡王が捕らえられ、什虎城が魏軍によって落とされましたが、まだ満羽、千斗雲、玄右、が残っています。

帰るはずの什虎城がなくなり3人の将軍はこれからどうするのでしょうか?

この3人がこのまま終わることはないと思いますので、何かしらの行動を起こすかと思いますが、どのような展開になっていくのか気になりますね。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|ツイッターでの感想・予想は?

以下がキングダム659話を読んでのツイッターの考察、感想です。

 

キングダムネタバレ660話最新話速報

キングダム最新話660話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回キングダム掲載のヤングジャンプ発売日の週の火曜日か水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

キングダムネタバレ660話最新話速報まとめ

キングダム659話では、連合軍がついに什虎城を制圧しました。

しかしあまりにもことがうまく運びすぎることに疑問を感じる呉鳳明。

謄達もまだ他の将軍が残っているので警戒を解いていません。

謄は寿胡王を生捕りにしました。

戦っている途中であまりにも他の軍と什虎城が違いすぎることに気が付いたからです。

寿胡王が知っている什虎城の秘密とは一体なんなのでしょうか‥。

次号のキングダムではどうなっていくのでしょうか?

キングダム最新話660話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「キングダムネタバレ660話最新話確定考察!什虎城の隠されたカラクリがある?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る