キングダム

キングダムネタバレ655話最新話速報!化け物達の住処だった什虎城にて各地で苦戦!

Pocket
LINEで送る

キングダム654話では、まさかの馬介が一刀両断にされてしまいました!

玄右恐るべし!です。

満羽、千斗雲、寿胡王も亡国の大将軍で、国が滅ぼされても戦い続け、楚から倒すことを諦められた者達!あの汗明も返り討ちにしたとか?!

まさに化け物級!!

玄右の一太刀で魏軍が劣勢に立たされることは明白でしょう!呉鳳明はどう立て直すのか!?

そして秦軍側の満羽は玄右以上の実力者の可能性が高いです。

蒙武に謄、更には呉鳳明まで加わり、”余裕”だと思われた戦いが、化け物登場で混沌としてきました!

什虎城という”踏んではいけない尾”を踏んでしまったようです。

655話でも各戦局が描かれると思います。

ここでも什虎軍の強さが発揮されるのでしょうか!?

今回は「キングダムネタバレ655話最新話考察!化け物達の住処だった什虎城!各地苦戦!!」と題してお届けします。

 

キングダムネタバレ655話最新話考察

馬介を討たれた魏軍は立て直せるのか!?

秦軍側はどうなるのか!?

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|楚軍の攻勢がしばらく続く!?

形勢有利から馬介が討たれてしまったことで形勢不利になる可能性がある魏軍。

呉鳳明の実力の見せどころなのでしょうが、龍范、荀詠の両将も玄右に勝てるとも思いません。

魏軍側は一気に玄右軍に蹂躙される可能性があるでしょう!

そして秦軍側でも同様に蒙武、謄軍が苦戦すると予想されます。

蒙武には満羽、謄には項翼、まさか蒙武や謄が馬介のように討たれることはないと思いますが、楚軍の強さが際立つ展開が続くのではないでしょうか!?

ただし、それらはあくまでも”フリ”の可能性が高いと思います。

確かに什虎軍の強さは群を抜いていますが、呉鳳明、蒙武、謄がこのまま黙っている筈もありません。

什虎軍の強さを確認した後、猛烈な反撃に出る可能性が高いでしょう!!

特に蒙武、久し振りの登場の割には今まで大人しすぎる!!

おそらく最終的には満羽を討ち取る展開になるでしょう!!

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|蒙武VS満羽・謄VS項翼

654話では魏軍側の攻防が描かれましたが、655話では秦軍側の攻防が描かれるでしょう。

まさか、楚の大将軍だった汗明を什虎城の面々が返り討ちにしたとは、化け物達が住んでいた什虎城。

什虎軍の大将格である満羽は千斗雲や玄右以上の強さを持っている可能性が高いでしょう。

流石の蒙武も苦戦は必至です。

謄に対する項翼も、今では将軍にまで登り詰め、当然成長していることでしょう。

合従軍戦でも謄と互角に近い戦いを演じましたので、謄も大いに苦戦する可能性が高いです。

臨武君の敵でもある謄ですから、項翼も最初からフルスロットルで来ると思います。

魏軍も苦戦、秦軍も苦戦、いよいよ打つ手なし?!

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|千斗雲が録嗚未を討ち取る!?

録嗚未・乱美迫VS千斗雲の戦い。

録嗚未に関しては元王騎軍の第一軍の将軍として実力は相当なもので、今までの合従軍編、著雍攻略編でも大活躍し、現在の謄軍においてNO2の実力者です。

乱美迫は、元魏火龍七師・霊鳳の右腕として”武”を担った強者、その実力は秦が誇った六大将軍の王騎や摎(きょう)をも手を焼いたと謄が回顧しています。

謄も著雍攻略編では乱美迫に苦戦しています。

千斗雲は楚に吸収された亡国の大将軍であった事は分かっていますが、未だ実力は未知数!

しかし、あくまでも階級で考えるのであれば千斗雲の実力は録嗚未を上回っている可能性が高いです。

実際、最初のコンタクトでは「楚なら千人将になれる!」と録嗚未に対して余裕を見せていました。

そして、未だ秦軍と魏軍の連係が取れていないことは千斗雲にとっては好機と言えるでしょう!

この好機に千斗雲が録嗚未を討ち取ってしまうのでは?

討ち取るまでは行かないとしても、戦闘不能に陥る可能性があるのではないでしょうか!?

序盤戦で録嗚未を失い、秦・魏軍は劣勢に立たされる可能性があります!

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|呉鳳明が裏切る!?

史実では秦・魏の同盟がなり、楚軍と戦うことになります。

そして現状では史実通りの展開になっていますが、呉鳳明にとっては、秦と共に戦い什虎城を得ることも大きな”利”ですが、無駄に兵力を失うのも避けたい筈です。

現在は秦・魏12万に対して楚軍11万と兵力は拮抗しており、仮に勝ったとしても無傷では済みません。

逆に魏軍7万が楚軍側につけば、兵力差は秦軍5万に対して魏と楚合わせて18万となります。

多勢に無勢、流石の蒙武や謄もひとたまりもないでしょう。

呉鳳明からすれば、什虎城は取れなくても、秦の大将軍である蒙武と謄を討ち取る事ができれば大戦果です。

特に謄は秦と魏の国境を守る大将軍ですから、謄を討ち取ることは今後の対秦戦略においても有利に事を運べます。

史実からは考えにくい事ですが、呉鳳明が秦を裏切る可能性も十分にあり得ます。

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|謄VS項翼も戦闘開始!

謄軍の前に布陣するのは項翼。

信たち同様に将軍に昇格し、1万5000人の兵を従えています。

対する謄軍は1万!兵力は拮抗しています。

そして謄と項翼は合従軍編の因縁があります。

項翼が慕っていた臨武君を謄が討ち取り、その後、項翼が臨時の5千将となり、謄と刃を交えています。

項翼は「臨武君の敵」と既に発言しており、謄への敵対心は相当なものです。

戦闘開始と共に突進して、いきなり謄との一騎打ちの可能性もありそうです!!

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|頭脳合戦が始まる?

魏軍登場で楚軍との兵力も均衡化されてきました。

ここから勝敗を決するのは、”武”はもちろんですが、”鄴攻略”でも李牧と王翦で見られたような、頭脳・戦略も鍵を握ってくるでしょう。

秦・魏の同盟軍には蒙毅と呉鳳明、そして楚軍には寿胡王がいます。

魏軍登場で慌てると思った寿胡王ですが、逆に喜ぶ始末で、什虎城の満羽、千斗雲、玄右、寿胡王は一筋縄では行かない可能性があります。

しかし、呉鳳明も中華で3本の指に入る戦略家であることも間違いないでしょう!

呉鳳明と寿胡王の戦略合戦になる可能性がありそうです!

そして、什虎城の面々の実力が明らかになっていない一方で、蒙武はまだ燻ぶったままです。

呉鳳明の戦略で蒙武が動く、”夢の共演”が見られる可能性があります。

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|蒙武が力を開放!!

合従軍編以来の蒙武。

現在は敵の総大将・満羽と相対しています。

しかし、まだ蒙武の活躍の姿は描かれていません。

蒙武が霞むほど、満羽が強いのか?

本当にそうでしょうか?

中華一と言われた”汗明”を一騎討で破った実力はこんなものではないでしょう!!

蒙武が真の力を開放し、一気に敵将を打つ可能性があると考察します。

敵の寿胡王はもちろん、味方の呉鳳明ですら驚愕する、”策”を”武”が凌駕する姿を見せてくれるのではないでしょうか。

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|勝負は一瞬!?

史実では235年に秦と魏が同盟を結び、楚を攻めるとあります。

つまり、今回の楚攻めは史実通りなのです。

そしてこの戦いは長期に渡るものではなく、大規模な戦いには至っておりません。

史実では李園の調略により大きな戦いに至る事はないのですが、その辺がどう描かれるかはわかりません。

ただ、大きな戦いにはならないのであれば、今回の什虎城を巡る戦いは早期に終わる可能性があります。

満羽、千斗雲、玄右、寿胡王、かなりの強者である事は分かりますが、蒙武の”武”が全てを上回る可能性があるのではないでしょうか?

満羽を一瞬の内に打ち倒し、戦局が一気に秦に傾く。

久し振りに登場しても、まだ蒙武の活躍が描かれていません。

無敵と化した蒙武が見られるかも!?

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|蒙武が苦戦?!

いよいよ始まった蒙武と什虎城との戦い。

満羽、千斗雲、玄右、寿胡王の実力や如何に!?

相当な”武”を持ち合わせている可能性は高いでしょう。

でも正直、”武”で蒙武に勝てる人間がいるとは思いません。

そもそも、合従軍編において、楚の大将軍”汗明”を破っている訳ですから、楚の中で蒙武に”武”で対抗できる者はいないと言っても過言ではないでしょう。

でも、満羽の”武”も相当なものです。

となると、蒙武が苦戦する?

だったらどうやって?

可能性としては、蒙武の弱点ともいえる”軍略”の部分でしょう。

蒙武軍の軍師は息子の”蒙毅”が担っているようですが、幾ら優秀でも経験値が足りない事は間違いありません。

蒙武苦戦となれば、この部分しか考えられません。

連携技に特化しているとか?

什虎城の周辺に落とし穴などの”罠”を無数に用意しているとか?

什虎城に攻めてくる敵に無敗と言うのであれば、純粋に守る将軍の力か、什虎城に何かがあるとしか考えられません。

となると、”武”では蒙武に及ばないと考えると、後者の可能性が高いのではないでしょうか!?

 

キングダムネタバレ655話最新話考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

キングダムネタバレ655話最新話確定速報

[キングダム]最新話655話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回キングダム655話掲載のヤングジャンプ発売日の週の火曜日か水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

キングダムネタバレ655話最新話考察まとめ

キングダム654話では、満右、千斗雲、玄右、寿胡王がその昔、汗明をも返り討ちにしたことが明らかになりました。

馬介を一刀両断する玄右、当然、満右、千斗雲、寿胡王も同等の実力を持った将軍である事は間違いないでしょう!

秦と魏は”眠れる虎”を起こしてしまったのでしょうか。

化け物の住処だった什虎城、このまま一気に形勢不利に傾いてしまうのか!?

次回のキングダムの展開も気になりますね。

以上「キングダムネタバレ655話最新話考察!化け物達の住処だった什虎城!各地苦戦!!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る