キングダム

キングダム663話ネタバレ最新話速報!飛信隊復活せよ!

Pocket
LINEで送る

2020年12月3日のヤンジャンに掲載のキングダム663話のネタバレ考察をお届けします。

キングダム662話では、飛信隊が調子をしている様子が描かれました。

歩兵団の副隊長だった松左。

松左は鄴攻めで命を落としました。

その穴は埋められることがない位大きかったのでしょう。

何か力の底上げを図る要素が必要です。

しかしさらに問題なことが飛信隊には起きてたのでした。

これからのキングダムはどのような展開となるのでしょうか?

今回は「キングダム663話ネタバレ最新話考察!飛信隊復活せよ!  」と題してお届けします。

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察

羌瘣に近づく影の正体は何なのか。

キングダム663話の考えられる展開を紹介していきます。

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察|調子が良いのは長く続かない

腰を落としている飛信隊の対して、玉鳳隊と楽華隊はかなりの勢いで相手を押し込んでいるようです。

しかし史実ではこのまま簡単に北上してカンタンを攻めると言うことにはなっていません。

まずは邯鄲の南にある都市を落とすところから始まっています。

その戦いですが2年がかかっているのです、今回のエピソードと関係してくるのかもしれません。

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察|部隊の底上げはなるか

飛信隊は何か新しいメンバーを増やすことで体制を整えようとしています。

松左の穴を怪物級の力を持った兵士で埋めるのが良いのではないかと言っています。

ここはある程度伏線を買っているので、本当にそういったメンバーが増えるのかもしれません。

しかし協力のメンバーが増えたとしても、部隊として足並みを整える必要があります。

松左は個人の力は大したことがありませんが、

飛信隊のみんなをまとめたり、鼓舞する能力に長けていたと言うことなのでしょう。

そういうキャラクターが今の段階ではあまり思い浮かばないのですが、強いて言えば弓矢の兄弟がそういった役割を担ってくれることに期待したいと思います。

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察|夢の中の影の正体

羌瘣をこれから攻撃するであろうと思われる影。

現在考えられるとしたら

  • 羌瘣に恨みがある者
  • 羌瘣を倒して名前をあげようとしている者
  • 一族の者から指令を受けて、羌瘣を打とうとしている者

など、はっきりって羌瘣はどんな理由で狙われても仕方のない存在です。

影がどこに所属している人間なのかで今後の展開が決まると思います、羌瘣と同じように部隊に所属していることも考えられます。

 

キングダム662話ネタバレ最新話考察|同盟は失敗?

媧燐が同盟は2つの国にとっていいものではないと言っています。

これは一体どういうことなのか考えてみました。

まず、城を得たことでに有利になったはずの魏。

魏はこれで楚と秦を相手にしなくてはならないと言うことでしょうか。

また秦は趙を吸収すれば、魏に立ち向かえますが、

そんなにうまくはいかないと言うことでしょうか。

いずれにしても、趙の動きが鍵になってくると思います。

 

キングダム662話ネタバレ最新話考察|満羽はどこへ向かうのか

満羽が城を取り戻すことなくそのまま敗走しています。

表情も心なしか意気消沈、心ここにあらずなように見えます。

そもそも満羽は守るべきものもないため、

ここで本当に斬首になっても本望なのでしょう。

しかし、媧燐が満羽を焚き付けて、また利用しようとしている風にも見えます。

もともと敵同士だった満羽と媧燐の邂逅は何を生み出すのでしょうか。

 

キングダム662話ネタバレ最新話考察|李牧が動く?

呉鳳明は自信たっぷりでここを拠点として韓を奪うと言っています。

しかし史実ではそれは叶いませんでした。

楚にも攻めいってないはずです。

謄は三年の間に趙を落とすと言っていますが、

やはりそれも叶っていません。

次の平陽の戦いだけでも2年間かかっているからです。

水面下で李牧が動いていることが考えられます。

そもそも李牧があっさりと居場所がバレてしまうのは不自然です。

逃走しているふりをして、いろいろな考えを巡らせているんじゃないでしょうか?

 

キングダム662話ネタバレ最新話考察|楚との戦いがこれからも続く?

史実では235年に秦と魏が同盟を結び、楚を攻めるとあります。

つまり、今回の楚攻めは史実通りなのです。

そしてこの戦いは長期に渡るものではなく、大規模な戦いには至っておりません。

史実では李園の調略により大きな戦いに至る事はないのですが、その辺がどう描かれるかはわかりません。

ただ、大きな戦いにはならないのであれば、今回の什虎城を巡る戦いは早期に終わる可能性があります。

寿胡王が捕らえられ、什虎城が魏軍によって落とされましたが、まだ満羽、千斗雲、玄右、が残っています。

帰るはずの什虎城がなくなり3人の将軍はこれからどうするのでしょうか?

この3人がこのまま終わることはないと思いますので、何かしらの行動を起こすかと思いますが、どのような展開になっていくのか気になりますね。

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察|ツイッターでの感想・予想は?

以下がキングダム663話を読んでのツイッターの考察、感想です。

 

キングダム663話ネタバレ最新話速報

キングダム最新話663話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回キングダム663話掲載のヤングジャンプ発売日の週の火曜日か水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください

 

キングダム663話ネタバレ最新話考察まとめ

キングダム662話では、久しぶりに什虎城から場面が移り、飛信隊などの現在の状況も明らかにされました。

鄴攻めによって戦力もそがれてしまって、羌瘣も未だに動けない様子。

夢の中の影の存在が気になりますが、羌瘣は将軍になる存在。

これから覚醒して将軍の道へと進むことになるのではないでしょうか。

キングダム663話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

次号のキングダムではどうなっていくのでしょうか?

以上「キングダム663話ネタバレ最新話確定考察!飛信隊復活せよ!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る