キングダム

キングダムネタバレ697話!将軍の役目

2021年10月28日発売号の週刊少年ヤングジャンプに掲載のキングダム697話のネタバレ速報をお届けします。

軽く今までの振返りをしましょう。

秦軍は王翦・桓騎・楊端和が趙の前線へ向かい、
王都(邯鄲)の喉元、武城と平陽の城を狙う。

そして現在は影丘という険地で桓騎軍と扈輒軍が戦っている。

終始圧倒する扈輒軍だが、桓騎の作戦(孫臏)により形勢逆転。

扈輒の首を取った桓騎だが、雷土が残虐的に殺されたと知った。

趙軍を投降させてた桓騎軍。

そして投降した趙兵を皆焼き殺した。

その数、十万に及ぶ。

読者はこれに対して、「桓騎はやってはいけないことをした」「立場がない」「桓騎のやり方は観ていてスッキリする」といった桓騎に対しての意見が多いです。

そしてこれから話す697話は、捕虜した兵を皆殺しにしたことを各場所に報告がいきます。

各々の反応、特に嬴政の動きに注目です!

それではキングダムネタバレ697話速報をどうぞ!

※先週のネタバレはこちら→キングダムネタバレ696話

キングダムネタバレ697話速報

※キングダム697話のネタバレを含みますのでご注意ください。

残酷な報告

劣勢から勝報と未曾有の大虐殺。

大量の首が焼かれ、頭だけが残り、山のように積まれている絵からスタート。

数百人の焼かれた頭が積まれ、その山が何十個もあり、まるで今でも桓騎・秦国を呪っているかのように見えます。

場所は移り、趙の王都・邯鄲。

とある家に大勢の市民が喚き、泣き崩れ、何かを訴えています。

きっと桓騎を許すな!とかでしょう。

絶望している市民を見ると、相手ながら心を痛めます。

これが戦争なんでしょう。

そして秦国の王都・咸陽。

弥灰様「鄴からか。昨日の桓騎軍の勝利の続報であろう。」「どれどれ…」「な……」

「急報ー!」

「桓騎が捕虜を殺した?!」

そして嬴政が勢いよく立ち上がり、言葉を詰まらせます。

そして、「…」「……」「何人だ?!」と言い放つ。
(これはどこかで聞いたことあるような…笑)

弥灰「ハ…それが正確な数字ではないと…書かれておりますが」

嬴政「何人だっ?!」

嬴政の何人だ?!は桓騎に比べて、怒りがあらわですね。

弥灰「鳥の伝文には正確な数は不明であるがお…恐らく…」「かっ桓騎将軍は捕虜数万人を皆殺しにしたと!」

昌文君「す…数万人っ…」「みっ皆殺しに…?!」

一同騒然とし、嬴政は衝撃と絶望で腰を落とし顔に手をやる。

桓騎がしたことは秦国の顔に泥を塗った。

李斯「昌文君分かっているか、我々は今とてつもなく難しくなったぞ」「中華統一の道は国々を滅ぼしてそれで終わりではない」「そこにいた者達と同じ国民とならねばならんのだ」「その道にあって此度は虐殺は絶対におかしてはならぬ過ちだ」

嬴政はまだ顔に手をやっていた。

「この暴挙の事実は全土に広がるぞ」「殺された数万の兵の遺族だけではなく、この行為を耳にした各国の民達も…」

昌文君「もういい李斯、分かっておるわ」

昌文君はショックを受けている嬴政を見て、もういいと言ったのであろう。

その後も李斯は話し続けた。

李斯「そもそもなぜあの男を六将にした」「おれはぐんのことはお前達ほど深くはわからんが、一度は忠告したぞ」「桓騎を六将にして大丈夫なのかと」「この顛末は戦争の自由をはき違えた桓騎の…」「六大将軍、最悪の暴走だ。制度そのものの是非に関わるぞ」

昌文君「わ、分かっているがしかし…」

嬴政「今はそんな議論をしている場合ではない」

立ち上がる嬴政。

やはりこの人は王に相応しいですね。

今やるべきことを窮地の中でも模索し、いかなるときも正しい選択をする。

嬴政「昌平君」「今すぐ動かせるそなたの直下兵団は何人いる」

昌平君「豹司牙の黒騎兵団ですか?」

嬴政「黄竜の兵団もだ」

昌平君の兵?となりますが昌文君は介億からが言うには「誇張して言うなら武力は蒙武級、誇張なしに頭脳は李牧級」と言われるほどの強さである。

そしてその傘下が豹司牙の黒騎兵団と黄竜の兵団である。

昌平君「どこへ向かわせるおつもりですか」

嬴政「無論」「桓騎の元へだ」

終始、嬴政の言葉に注目してました。

特に桓騎への仕打ちがどうなるか気になりましたが、まだわかりませんね。

将軍信の決断

場面は変わり、平陽城近郊、飛信隊宿営地。

桓騎の指示により逃げた趙軍を平陽城まで追って見張りに行っていた信。

羌礼はなぜかずっと気持ち悪いと言い、岩陰に隠れ嘔吐をしている。

「なんでも昨夜、桓騎将軍が投降兵を皆殺しにしちゃったんだ。何万人もだって」

羌礼「あー。(識が夢で言ってたのはこのことか…)」

羌礼は予知夢を見れるんですかね。

だとしたら、今後またそれが役に立つかもしれないです。

そして信の場面に移ります。

信「くそぉっ。桓騎のヤロォ俺らがいると止めるから邪魔でこんな先まで負わせて遠ざけやがったんだ」「俺が近くにいればこんなっ…」

一同、桓騎が改めて化け物だと認識した。

信「戻るぞ」「戻って桓騎をぶっ飛ばす」「虐殺された捕虜の数だけ殴り続けてやる」「行くぞテン」

河了貂「行くわけないだろ、バカ」「立場を考えろ」「お前はもう将軍で桓騎は六大将軍、黒羊の時とは違うんだ」「お前が動けば軍が動く、今のお前が桓騎に近づくだけで桓騎軍と飛信隊の戦争になるんだぞ」

信「構うかよ」

河了貂「構うだろ!本気で言ってるなら今この場で将軍をやめろ、信」

信「なんだとてめっテン!」

河了貂がいなかったら本当に戦争になりかねない。

そして、秦が滅んでいた可能性があると考える河了貂は評価されても良い。

河了貂「今は将軍の役目を果たす時だ!」

信「何だよ将軍の役目って」

河了貂「虐殺の知らせで趙は怒り狂って平陽からこちらに大挙して討って出て来るかもしれない」「ボロボロの桓騎軍が立て直すのにはまだ時間がかかる」「それを守るために飛信隊は少し下がった所に防衛戦を敷くんだ」

信「はあ?!桓騎軍を…守るためにだと?!」

河了貂「そうだ!それが今この軍がやるべき役目だ」

信「こんなことやっといて桓騎はお咎めなしだってのかよテン」

河了貂「そんなわけないだろ。万の投降兵を皆殺しにしておいてお咎めなしなんて…」「そんなことあるわけないだろ」「でもそれをやるのは信じゃない」「この暴虐を許さないのは…」

「秦王嬴政だ!」

河了貂は状況をしっかり把握出来てますね!

さすが将軍の軍師だけあります。

それに対して信はメンタル面では今も昔も良い意味でも悪い意味でも変わっていないので、いつか痛い目に遭いそうな予感です…。

数日後の決断

嬴政や信などに報告が入った後、九日後。

見知らぬ軍が遠くからやってき、それを見かけた桓騎軍。

驚き、急いで魔論のもとへ。

桓騎兵「お頭っ魔論さん」「魔論さん、お頭は?!」

魔論「いますよ、どっかの天幕に」

桓騎兵「じ、じゃあとりあえず魔論さんに」

顔にハンカチのような布を被せ、天を見上げていた魔論。

やはり、桓騎があれを実行したせいか、誰よりも絶望していました。

魔論「んー何ですか」

特に関心を持たず天を仰ぐ。

南西の見張りからどうやら何かの軍が来たが魔論曰く、友軍の増援と解釈。

桓騎兵も敵じゃないのは知っており、なぜなら軍の伝令が来ており、おかしなことを言っていたのこと。

桓騎兵「敵じゃないんですが、何かその見張りのとこにその軍の伝令が来て、おかしなことを言ったと…」

魔論「おかしなこと?」「何です?」

桓騎兵「この軍は……」

「王の軍であると!」

魔論「へ?!」

豹司牙と黄竜、そしてその前に立つのが嬴政。

総勢どのくらいいるかまだ定かではありませんが、数万人いそうな気がします。

錯覚かもしれませんが、とてつもなく普通の馬よりゴツいです。

何より嬴政は際立ってかっこよく、最前線に来たことが桓騎の事の重大さを知らしめていますね。

これにて第697話は終わりとなります。

キングダムネタバレ697話のTwitter民の感想は?

キングダム697話のTwitter民の感想は…

桓輝の処罰の行方や政のかっこいいが溢れてました。

キングダムネタバレ697話のまとめ・考察

今回は、キングダム697話のネタバレをご紹介しました。

今回は嬴政と河了貂の冷静な判断が際立って良かったです。

ただ、嬴政の今後の動向によっては良し悪しが決まります。

特に嬴政と桓騎の話し合いもしくは戦いは、秦国にとって今後、重要なことです。

軍を率いてやってきたら嬴政なので、戦う覚悟があることは前提でしょうね。

何より桓輝と嬴政の対話は魅力的で非常に見応えがあります。

また、魔論をはじめ桓騎のやり方が気に食わない桓騎兵がどう動くのか、気になるとこです。

それと信はこのまま平陽城近郊で止まっているかそれとも帰ってくるか。

河了貂は行くわけないと言っているので、行かないと思いますが、政がやってきたことを知ったらもしかしたら行くと思います。

皆さんはどちらだと思いますかね。

次号以降は嬴政・桓騎・信といった人達の決断が今後の秦国の未来に繋がるでしょう。

ただ今回の桓輝の行動は中華統一を大きく後退させたことは変わりません。

本日はこのへんで失礼します。

次号は11月4日になります!

最後までご覧いただきありがとうございます!