キングダム

キングダム669話最新話ネタバレ速報!礼の説得が成功するか

キングダム669話最新話ネタバレ速報!礼は祭の勝利者なのか
Pocket
LINEで送る

2021年2月11日のヤンジャンに掲載のキングダム669話のネタバレ考察をお届けします。

キングダム668話では、巫舞の戦いが描かれました。

2つの力は似て非なるもの。

キョウカイはその才能で深く潜り、力を発揮します。

しかし礼もまた祭の勝利者としての力を遺憾なく発揮しているようです。

2人は剣で火花を散らせます。

この戦い優勢に見えたのは礼でした。

これからのキングダムはどのような展開となるのでしょうか?

今回は「キングダム669話最新話ネタバレ考察!礼の説得が成功するか」と題してお届けします。

 

Contents

キングダム669話最新話ネタバレ考察

キングダム669話の考えられる展開を紹介していきます。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|礼の使う術

どうやら同じ一族のものでも、使える術はそれぞれ違うようです。

礼が使っている霞の術。

敵に残像のようなものを見せる強烈な術です。

キョウカイは今のところそういった力を持っている気配はありません。

少し前に禁術のことが語られました。

もしかしたらこれはキョウカイや象だけが使える類のものだったのかもしれません。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|飛信隊は間に合うか

今のところ完全に蚊帳の外の飛信隊。

本来なら見届け人にもなってないし、特に邪魔する通りはありません。

しかしこの戦いはキョウカイが破れてしまうと他のものは確実に全滅してしまうので気が気じゃないでしょう。

飛信隊は礼が弱まった時にとどめをさす役割をするのがベストだと考えられます。

正々堂々と言う言葉からはかけ離れた行為です。

しかし生きているものが正しいと言う時代と言うのも事実、果たしてどう動くか。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|祭を不完全に終えている礼

祭を終えているからこそ完璧な存在と思えた礼。

668話ではそれが不本意な形で終わったことが描かれました。

祭は自分の愛するべきものを手にかけるからこそ効力があるもの。

このことにより、周りの世界から断絶されることで技に集中できるからです。

しかし礼は手加減した織を倒しただけになってしまいます。

このことがトラウマになっているように思います、キョウカイの反撃のチャンスはそこになると思います。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|どちらが強いのか?

今までちゃんと読んできた人はみんな知ってると思いますが、2人は同じ強いと言っても性質が全く違います。

羌礼は時間制限なしに戦場で暴れまわることができる能力。

対して羌瘣はその才能で、より深いところから自分の力を引き出すことができます。

この2人が戦ったらどちらが強いのか。

回復さえしていれば羌瘣が勝つと予想します。

その理由を次の段落で説明します。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|祭を経験したものが絶対に強いと言うわけではない

祭を行う目的。

祭で生き残ったただ1人が能力を開花させることができます。

その理由は巫舞の力と関係しています。

一族の者は、外界からの情報を遮断することで自分の中にある力を引き出します。

祭は自分以外のものを全て抹消することが目的。

自分の親しい人を含めた周りのものを自分の手にかけることで、外界の余計な情報を遮断する事が目的です。

普通なら祭に勝ち残った礼が強いはずですが、実は羌瘣だけが持っている強くなる方法があります。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|自分の中にある光

羌瘣は祭の勝利者ではありません。

羌瘣はもともと自分の才能だけで戦ってきました。

このため、普通なら祭を経験した者にはかなわないとされていました。

羌瘣と礼との違いは自分にとって大切な人が存在しているかどうかです。

普通ならそういったものが存在していない方がより集中して巫舞ができるはず。

羌瘣は自分の中にある力を限界ギリギリまで引き出しても自分を見失うことがありません。

羌瘣は自分の中にあった象の光を頼りに現実世界に戻ってきたことがあります。

このように自分にとって大切な人がいれば羌瘣は強くなるのです。

まして今は羌瘣には李信やテンなど帰ってくる理由がたくさんあります。

こういったことからこの戦いにはよほどのことがない限りは羌瘣が勝つと予想されます。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|羌瘣はベストコンディションで戦えるか?

最初から今までを考えて疑問に思ったこと。

羌瘣は最初は完全に戦闘不能だったはず。

最初の段階では歩くこともままならないのかと思うほどでした。

しかし今は相当素早い動きができるようです。

もともと1年以上長い間を回復に当てていたと言うことも考えられます。

しかしやはり飛信隊のピンチと言うことに力が呼応をしているようにも思われます。

もともと持っている力+何か秘められた力をここで発揮する可能性もあります。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|羌瘣が信に使った禁術の影響

李信に使った日は寿命のほとんどを使う禁術だったと言うことがわかりました。

ここで予想されること。

今のところ戦闘中には弱点を見せることがない礼。

ではそれは禁術を使っているからと言うことが考えられます。

自分の寿命を使っているからこそあそこまで動けるのではないか?

礼が戦闘の後に具合を悪くしていたこととも辻褄が合います。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|飛信隊の行動

ここまではただの外野扱いの飛信隊。

このままでは人間の若い女の子1人に束でかかってもかなわないと言うことが証明されたただの恥ずかしいエピソードになってしまいます。

かつてはキングダム世界ではこういった王騎などの強キャラには戦闘に参加してない者の外からの不意打ちが効果的でした。

しかしある程度気配を消せると思われる弓矢の兄弟の存在も見破ってしまう礼。

可能性があるのは礼がダウンした瞬間に弓を引くこと位です。

正々堂々と一対一の対決となるのかそれとも‥。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|羌礼の弱点

一族には連続して力を使えないと言う弱点があるはずです。

しかし戦闘中に弱点を見せることがなかった礼。

キングダム666話では戦闘が終わった後の夜に嘔吐する羌礼が描かれてました。

このことからやはり力を使って代償があるのだと予想されます。

羌瘣が力を使った後一定期間動けなくなる代償。

礼は一体何を代償にしているのでしょうか?

  • 力を使う代わりに自分の内臓にダメージを与える
  • 力を使う代わりに自分の寿命が縮まっていく
  • もともと不治の病である

大体上記のことが予想されます。

もしくはこの中のいくつかの複合的な理由。

力を使いすぎて自分の寿命がわかっているから自暴自棄に暴れているのかもしれません。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|羌礼を止めるのは誰か

羌礼はキングダムの世界では、トップクラスの強さの龐煖と間違える位のオーラを放っているようです。

今いるメンバーで戦えるのはやはり羌瘣でしょう。

しかし今回はとっさに出てきた羌瘣。

戦える状態に回復しているとは思えません。

そもそも戦うどころか最初は立ち上がることもできなかったはずです。

李信やテンは曲がりなりにもここまで戦ってきた猛者ですから、さすがに何か考えていると思いますが如何に‥。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|祭を勝ち残ったもの

羌礼は祭を終えて外の世界に入るのだと言っています。

おそらくは自分の愛するものも自分で手にかけてしまったのでしょう。

羌礼はもともと周りから見ても危険な存在ではなかったのかもしれません。

しかし外に出て自由に生きても良いことを許された者。

また戦場に舞い戻って、羌瘣の前に立ったのは理由があることなのでしょうか。

本当に自分の先輩の手助けをしようとしているだけなのかそれとも‥。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|周りのものがいてこそ発揮できる力

羌瘣は作品の中でもトップクラスに強い存在です。

しかし一定時間動けなくなるので周りのものに助けてもらわないと、活躍ができません。

羌礼はそれとは正反対に1人で戦場のど真ん中に突っ込んで行きます。

弱点を克服していると言う事なんでしょうか。

いずれにしても単独行動をする人間は非常に部隊としては邪魔な存在です。

かといって入隊を断ると本当に趙側の戦力にしまうかもしれません。

羌礼がただ人を斬る喜びを感じるために戦場にいるのかどうかは今後の展開で明らかになるでしょう。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|邯鄲攻略は一筋縄ではいかない

裏で李牧が動いているのか理由が分かりませんが、趙は増援して勢いを増しています。

邯鄲を直接攻めるところが、その南の都市を落とすのにも2年かかっているのです。

どこかのタイミングで邯鄲を直接落とそうとするのを秦は諦めて違う方法に切り替えると思います。

飛信隊が復活と同時に、趙攻めを仕切り直すことが予想されます。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|調子が良いのは長く続かない

腰を落としている飛信隊の対して、玉鳳隊と楽華隊はかなりの勢いで相手を押し込んでいるようです。

しかし史実ではこのまま簡単に北上して邯鄲を攻めると言うことにはなっていません。

まずは邯鄲の南にある都市を落とすところから始まっています。

その戦いですが2年がかかっているのです、今回のエピソードと関係してくるのかもしれません。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|部隊の底上げはなるか

飛信隊は何か新しいメンバーを増やすことで体制を整えようとしています。

松左の穴を怪物級の力を持った兵士で埋めるのが良いのではないかと言っています。

ここはある程度伏線を買っているので、本当にそういったメンバーが増えるのかもしれません。

しかし協力のメンバーが増えたとしても、部隊として足並みを整える必要があります。

松左は個人の力は大したことがありませんが、飛信隊のみんなをまとめたり、鼓舞する能力に長けていたと言うことなのでしょう。

そういうキャラクターが今の段階ではあまり思い浮かばないのですが、強いて言えば弓矢の兄弟がそういった役割を担ってくれることに期待したいと思います。

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

以下がキングダム668話を読んでのツイッターの考察、感想です。

 

キングダム669話最新話ネタバレ速報

キングダム669話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム669話最新話ネタバレ速報| 祭の決着

先に刃で体を貫いたのは礼。

織は刃がぶつかる直前に加減をしたように見えました。

蒼魔灯のように2人に昔の光景が思い浮かびます。

2人は外の世界にいたら何をしたいのかと話し合っていました。

そして現在。

体を貫かれた織は倒れます。

礼は涙を流しながら倒れる織を止めました

 

キングダム669話最新話ネタバレ速報| 織に裏切られた礼

時間は現在のキョウカイ礼の次の戦いに戻っています。

礼は織に裏切られたと言っています。

最後に手を緩めたことが裏切りなのだと。

しかしそれは自分の力を強くするには充分だったようです。

あの時以来私は力を呼び起こすことができるようになったのであると。

飛信隊もその様子を固唾を飲んで見守っていました。

しかし、礼はそれは間違っていると言っています。

 

キングダム669話最新話ネタバレ速報| 泣き崩れる礼

礼はここに集まっている人たちの命を全員奪うと言い出しました。

キョウカイはそんなことをしていてもお前の先に道はないと言っています。

幽連と同じ道を辿る落としていると。

織の最後を思い出すように問いかけます。

記憶の中の織。

実は織は手を抜いたのではなく自分の大切な人を手にかける覚悟がなかったのだと言っていました。

それを思い出した礼は泣き崩れました。

 

 

キングダム669話最新話ネタバレ考察まとめ

キングダム668話では、巫舞を使っての2人の戦いが描かれました。

この戦いで先に優勢に立ったのは礼。

礼はキョウカイが使えない術も使えるようです。

キョウカイはとあることに気がつきます。

織の命を奪ったのは礼。

最新話速報としてキングダム669話のネタバレを紹介してきました。

キングダム669話では、泣き崩れる礼。

祭の勝者だと思い込んでいた礼。

しかしそれは違っていました。

手を抜いた識を手にかけたことで闇の力を得たつもりの礼。

しかしそれは織の優しさだったのです。

全てを失った礼は。

今後のキングダム670話の展開も気になりますね。

以上「キングダム669話最新話ネタバレ確定考察!礼の説得が成功するか」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る