呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報!虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか?

呪術廻戦最新話ネタバレ147話速報!虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか?
Pocket
LINEで送る

2021年4月26日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌146話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦146話では、死滅回遊の各ルールについてのおさらいがなされました。

各ルールを確認しながらそれぞれの意見を出し合います。

そしてその後に各自の役割が決定されました。

虎杖と伏黒は停学中である3年の先輩秤金次の元へ向かうことに…。

薨星宮を後にすることになった虎杖は今まで一緒にいてくれた張相にお礼を言います。

張相は虎杖に「死ぬなよ」と伝え、虎杖の後ろ姿に涙します。

場面は変わり、お笑い劇場で芸人・高羽史彦が登場。

死滅回遊のプレイヤーの一人ですが、今度どんな展開となるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦147話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報! 虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか?   」と題してお届けします。

 

今大人気の呪術廻戦ですが、ここで単行本で復習してみませんか?

ですが、お得に漫画を読みたいですよね?

そこで漫画をお得に読む方法があるんです!

その方法は海賊版サイトのような違法なものではなく、正規のちゃんとしたサイトで電子書籍を読むことができます。

ですので、あなたのパソコンやスマホがウイルスに感染することも、違法ダウンロードで逮捕される心配もありません。

そんな安全に電子書籍を読めるサイトはU-NEXTというサイトです。

このU-NEXTでは現在31日間無料お試しキャンペーンが実施中で、漫画1冊読むことができるポイントも無料で手に入れることができます。

そのため無料で弱虫ペダルマウンテンバイク編のところを1冊読むことができるんです!

さらには無料でアニメも見ることができ、弱虫ペダルももちろん無料で見ることができます。

この機会にアニメも見直してみませんか?

その他にも、映画やドラマといった動画も無料で見ることができるものが多くそろっていますので、ついでに気になっていたものを見て見るのもいいですね。

もしこのサイトが気に入らなくても、この期間中に退会したら無料のままですので、リスクなしに無料で漫画を読むこともアニメを見ることもできてしまうんです!

コロナの影響もあって、最近は会員数も増え、いつこのキャンペーンが改悪されてしまうかわかりません。

他のサイトではすでにキャンペーンの期間が短くなってしまったりしています。

ですので、改悪される前にこの機会に試してみませんか?

電子書籍でしたら、わざわざ本屋に行く必要も、ネットショップで買ってから届くまで待つ必要もありませんし、場所も取りません。

弱虫ペダルマウンテンバイク編を無料で読み返してみませんか?

無料で呪術廻戦のアニメをイッキ見!/

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

Contents

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話146話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|3年秤金次はどんな人物?

呪術廻戦146話で虎杖と伏黒は停学中である3年の秤金次(はかりきんじ)の元へ向かうことになりました。

秤金次の正確な情報は今のところありませんが、以前に五条悟が「自分と並ぶ術師になる」と乙骨優太と並んで名があがった人物です。

これを聞くだけでも実力はかなりのものと推測できますよね。

何をして停学になったかはわかりませんが、乙骨の情報によるとムラッ気はあるようですがのってる時は乙骨より強いとのこと。

しかし乙骨の発言に真希が「それはない」とキッパリ言ってるので乙骨より実力はやや下回るといったところでしょうか?

また聞く感じからすると京都高の藤堂葵を連想させます。

藤堂は虎杖を「ブラザー」と呼ぶほど信頼しています。

もし藤堂と似たような感性を秤が持っていたとするなら、虎杖のことは気に入るのではないでしょうか?

虎杖と伏黒は秤を無事に引き込むことができるのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|芸人・高羽史彦の術式とは?

死滅回遊のプレイヤーとして登場した高羽史彦。

芸人として頑張っているようですが実力はまだまだのようです。

観客は全く笑っていませんでしたね…w

そんな高羽史彦ですが、先輩芸人からとある質問を聞かれたときに気になる発言が。

「五分五分」と答えたあとに「本当は七三ぐらいか」と言っていました。

そう言った後に高羽史彦の雰囲気が変わりました。

この「七三」って聞き覚えありませんか?

呪術観戦でも人気キャラでありながら、死亡してしまったあの「ナナミン」こと七海建人の術式で使用される言葉です。

七海の術式は「十劃呪法」。

どんな相手・物体に対しても対象の長さを線分した時に”7:3”の比率の点に強制的に弱点を作り出す術式です。

とするならこの高羽史彦の術式って七海の術式なのでは?

死んでしまった七海の術式がここで復活するのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|組屋鞣造 (くみやじゅうぞう)のアトリエで一体?

それぞれの役割が決まり、動き出す虎杖一行。

その中で禪院真希は家に戻り呪具の回収に当たるようです。

ですがその前にと言い天元様に組屋鞣造のアトリエについて尋ねていました。

みなさん組屋鞣造って覚えていますでしょうか?

ハンガーラックとして有名な呪詛師です。

組屋鞣造は人体を使って家具や道具を作る趣味があったようですが、五条悟によって倒されてしまったため実際の能力は不明です。

そんな組屋鞣造のアトリエに真希が何やら用があるようです。

組屋鞣造の趣味で作った道具に用があるのか?

それともアトリエで回収した呪具に手を加える気なのか?

話の流れでは、「禪院家の忌庫に行く前に」と言っていたので組屋鞣造の作った道具に用がある可能性が高そうですね。

真希がアトリエに向かう動機が気になりますね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|来栖華は協力してくれる?

死滅回遊の参加者である来栖華の術式が獄門彊の裏を開けてくれるとの情報を手に入れた虎杖たち。

とはいえ来栖華の情報は「あらゆる術式を消滅させることができる」ということだけ。

一体どんな人物なのか?何を考えて死滅回遊に参加しているのか?などは何も語られていません。

仮に死滅回遊に参加した理由がプレイヤーたちを助ける為だとしたら、快く虎杖たちに強力してくれそうですが、そうでない場合は苦戦を強いられそうですね。

また、この情報が羂索達にどこまで漏れているかも気になるところです。

もし羂索たちがこのことを知っているとするなら当然来栖華を狙って動き出すはずです。

感の良い羂索のことなのでもう動き出している可能性は高そうですが…。

これはスピード勝負になりそうですね。

虎杖たちは無事に来栖華の元へ辿りつけるのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|九十九・張相vs羂索?

天元様の護衛として残ることを決めた九十九と張相。

張相は虎杖を配慮した上での選択と弟たちの仇打ちと称して居残りました。

九十九は天元と話し足りないと言っていましたが、2人の間に何かあったことは確かです。

これから2人にしか分からない内容が明らかになることと思います。

また、衝撃の事実として天元様が呪霊操術の術式対象ということが明らかになりました。

とするならここに羂索がせめてくることは十分ありそうですね。

死滅回遊を”慣らし”としているのですぐに攻めてくる可能性は低そうですが、ある程度ゲームが進めば天元様を狙ってくるのではないでしょうか?

攻めてこられたとしても九十九がいるのでそう簡単にことは運ばないとは思いますが、天元様が呪霊操術にかかるような未来は迎えてほしくないですね…。

死滅回遊の進行具合がカギとなりそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|九十九由基は何者?

張相のおかげて天元様の元へ辿りつけた6人。

しかし、天元様が口にしたのは「禪院の子=伏黒と真希、道真の血=乙骨、呪胎九相図=張相、そして宿儺の器=虎杖」の5人のみでした。

なぜかここに九十九由基は入っていませんでした。

九十九が天元様に会うのはこの時が初めではなかったからなのか?

それとも他の理由があって九十九だけが名を呼ばれなかったのでしょうか?

それに加えて気になるのが、本殿に到着した時に九十九だけが「拒絶されている」と瞬時に気が付きました。

また「拒絶されているのは私か」とも思っていましたね。

このことにより以前に九十九と天元様に何かあったことは間違いなさそうです。

一体、2人の間に何があったのでしょうか?

今後、この謎が解明されそうですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|釘崎は本当に死んだの?

呪術廻戦144話では釘崎野薔薇の生死が明らかになりました。

とは言っても、虎杖が「釘崎はどうなったか?」という質問に対して伏黒が何も答えなかったという展開でした。

このことにより虎杖が釘崎の死を悟ったことは間違いないです。

しかし、誰の口からも釘崎の死について直接述べられていません。

顔面を半分を真人の無為転変によって吹っ飛ばされているわけですから、死んでいておかしくはないのですが、実は植物人間のような形で生きながらえているのかも?と思ってしまいました。

しかし仮に生きていたとしてもう一度呪術師として活躍できるかと言われるとそうなる可能性は低そうですが…

ですが、虎杖の中で釘崎の存在は大きかったことだと思います。

どんな形であれ生きててほしいなと個人的には願っています。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|狗巻とパンダはどこに?

ようやく禪院真希の安否が確認されましたね。

渋谷事変で濡瑚によって焼かれたわけですが、天与呪縛のフィジカルギフテットのおかげで顔面に火傷の跡が残ったものの生きていました。

しかしここにいつも一緒にいたはずの狗巻とパンダの姿はありませんでした。

2人に何もなければ一緒に行動していたはずです。

彼らは一体どこにいるのでしょうか?

狗巻に関しては事実かどうかは現在のところ不明ですが「腕が切り落とされた」という衝撃の展開となっています。

事実ならば療養中なのか?それとも上層部による嘘をでっち上げるために監禁されているのか?と推測しています。

パンダ先輩の方は夜蛾の死罪宣告を受けて、矢蛾と一緒に逃亡しているのではないでしょうか?

呪骸といえど育ての親である夜蛾を見捨てるような真似はしないと思います。

ひと騒動落ち着いたらまた3人が揃うシーンが見たいですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話146話速報考察|禪院真希のフィジカルが更に強化される?

呪術廻戦144話で禪院真希の安否が確認されましたね。

しかし真希の顔には生々しい火傷の跡が残ってしましました。

また左目には包帯が巻かれ負傷したものとみられます。

真希自身はそれほど気にしていないようですが女子としては心痛めてしまいますよね…。

そんな真希ですが生き残れたのは天与呪縛のフィジカルギフテットがあったからです。

そして今回の負傷により真希の左目は使えなくなったと予想します。

このことにより更に真希のフィジカルギフテットが底上げされるのではないでしょうか?

禪院甚爾(伏黒父)とまではいかないものの真希の実力はかなりのもの。

しかし将来的には甚爾のようなポジションになるのでは?

真希の今後の成長に注目ですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話146話速報考察|加茂憲倫は虎杖の産みの親?

呪術廻戦143話で虎杖の両親について少し明かされました。

しかし、内容は何やら雲行きの怪しい雰囲気が漂っていましたね。

何より衝撃的だったの母親とみられる女性の頭に加茂憲憲倫と同じ傷があったことです。

加茂憲倫といえば何代の身体を乗り換えて生きながらえてきた人物。

夏油に移る前は虎杖の母親の身体を乗っ取っていたのかも…。

仮にこの女性が加茂だった場合、当然虎杖は加茂の子供となるわけです。

そうなるとまた話はややこしくなってきますね。

虎杖の両親についてはまだまだこれから解明されると思います。

虎杖の誕生についても注目していきたいですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|伏黒が虎杖を誘導する?

以前、少年院で伏黒が虎杖に言った言葉がずっと虎杖の心に突き刺さっています。

「自分が助けた人間が将来人を殺したらどうする?」

伏黒はきっと自分の言葉が、虎杖をこんなに苦しめていることなんて知るはずもないとは思いますが。

とはいえ、伏黒はなぜか虎杖の変化にとても敏感です。

今回も虎杖が1人思い悩んでいることは察していることでしょう。

だからこそ虎杖を高専に連れ帰つ為、探し回っていたのだと思います。

しかし、虎杖は高専に戻ることは拒否…

そこで「まずは俺を助けろ」と提案を出しましたよね。

こうして少しづつ伏黒が虎杖を誘導していくのではないでしょうか?

宿儺にとってもこれは好都合のはずです。

宿儺が伏黒を使って何か企んでいることは確実ですからね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|乙骨は虎杖の良き理解者になる?

呪術廻戦143話では、虎杖の苦悩がよく描かれていました。

乙骨は、パターンは違えど自分と同じような境遇にいる虎杖をとても気にかけているようでしたね。

注意深虎杖を観察している乙骨がとても印象的でした。

考えてみればキャラは違いますが、虎杖と乙骨は身に余る力を持っている点や置かれている状況、五条先生に気にかけてもらってる点では他生徒よりも共通点は多いですよね。

きっと乙骨も今の虎杖のように自分の存在理由のことで思い悩んだ時期もあったのだと思います。

だとするなら虎杖の気持ちは痛いほど理解できるはず!

元々、友達思いで優しい乙骨ですから、これから虎杖の心に寄り添い良い理解者となってくれるのではないでしょうか?

また五条先生が封印された今、乙骨が五条悟の想いを引き継ぐことになりました!

今後は乙骨が虎杖たちを導いてくれそうですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|乙骨優太はリカちゃんを掌握している?

呪術廻戦0巻で乙骨優太は「里香ちゃん」に振り回されっぱなしで、全然制御できていませんでしたよね?

基本的に里香ちゃんの気分次第で戦いが繰り広げられていました。

しかし、呪術廻戦141話で登場した「リカちゃん」は、ちゃんと乙骨の指示に従っていましたよね?

このことにより乙骨はリカちゃんを掌握できるようになったのではないでしょうか?

海外で相当修行をつんできたようですね!

五条悟以上の呪力をもつ乙骨と特級呪術であるリカちゃんのペアはまさに最強です。

今後もっと活躍するリカちゃんがみてみたいですね。

今後の2人のコンビネーションに注目です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|パンダも反逆者になる?

呪術総監部の通達の一つに「夜蛾正道の死罪」が入っていましたよね?

というよりも通達の5つにはそれぞれ思うところはありますが、誰かの陰謀が隠されていることは違いなさそうです。

通達に登場した夜蛾正道はパンダを生み出した親でもあります。

パンダは「人間は嫌い。めんどくさい。」と発言していますが夜蛾に関しては特別な感情をもっているはずです。

死罪を認定した上層部に対して不信感を持ってもおかしくありません。

それにパンダはキャラとして明確な意思を持っていますし、簡単に誰かの言いなりになるとは考えにくいです。

夜蛾の死罪を回避するためにも上層部の通達は無視して独自で動き出すのではないでしょうか?

そこにはいつも一緒に行動していた禪院 真希も賛同しそうな気もします。

狗巻に関しては「腕が落とされた」とされていますし状況が状況なだけに簡単に動けないような気がします。

とにかくパンダは呪術総監部の通達は受け入れず反逆者になる可能性が高いですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|乙骨優太の術式とは?

久々に登場した乙骨優太ですが、呪術廻戦0巻では特級過呪怨霊である折本里香を連れていましたよね?

そしてこの「里香ちゃん」が基本的は登場してバトルを繰り広げていました。

ですが一度だけ乙骨が術式?を使ったような場面がありましたよね?

それは狗巻の術式「呪言」をマネていました!

呪術を学んでわずか1年足らずでです。

普通の術師にできる技ではありませんよね?

とするなら乙骨優太の術式は相手の術式をマネる=「模倣する」ことかもしれません。

だとすると乙骨は海外にいる間に様々な術式を模倣して更なるパワーアップを果たしているのではないでしょうか?

乙骨の術式も気になるところではありますが、第2の「リカちゃん」の存在もきになりますよね?

乙骨の現在の実力がまだまだ表に出てないのでそこにも注目ですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|狗巻の腕は虎杖ではなく別の人物によって落とされた?

呪術廻戦で衝撃の展開となった狗巻の腕が落とされた事件ですが、1つの考察として宿儺の領域展開「伏魔御廚子」に巻き込まれたとあげました。

しかしこの宿儺の領域展開に巻き込まれていなかったとしたら?と考えてみるととっても雲行きが怪しくなってきますよね。

上層部はこれまでに何度も宿儺の器である虎杖をどさくさまぎれに殺そうと企んできました。

五条悟がいたこともあり表だっては虎杖を始末できませんでしたが、邪魔だった五条悟は封印されました。

ということは上層部にとってとても都合がよくなったと思われます。

ここで早速、虎杖を始末する為に動きだしたのでしょう。

そこへ特級術師である乙骨を宛が為に狗巻を傷つけその濡れ衣を虎杖にかぶせたのではないでしょうか?

もし虎杖ではく意図的に狗巻を傷つけた人物がいたとするなら狗巻は口封じの為に監禁されているのでは?

狗巻が現在どこにいるかも気になるところではあります。

一体誰が狗巻の腕を落としたのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|狗巻の腕はどうしてなくなった?

呪術廻戦137話では乙骨から衝撃の事実を聞かされましたね。

「狗巻の腕が虎杖によって落とされた」と…

狗巻ファンにとってはかなり痛い出来事だったのではないでしょうか?

とは言っても、実際に狗巻が虎杖と争った形跡などないですし、作中でもそんな描写はありませんでした。

一体、いつ狗巻の腕は落とされてしまったのでしょうか?

それは、宿儺の領域展開「伏魔御廚子」に巻き込まれたのではないかと考察します。

この「伏魔御廚子」は最大半径約200mにも及ぶがこの時は半径140mの地上に絞られていました。

この半径140m内に狗巻がいた可能性が高いです。

狗巻の腕はこのまま戻らないのでしょうか?

今後の狗巻の腕にも注目ですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|伏黒恵vs伏黒津美紀となるのか?

ずっと病院で眠っていた伏黒津美紀が偽夏油のマーキングによるのもだったなんて…

かなり衝撃的な展開となりましたね。

気になるのは目覚めた伏黒津美紀が目覚める前と同一人物であるのか?というところです。

偽夏油は「これからマーキング済みの非術師同士に殺し合いをしてもらう」と言っていました。

それに対して九十九由基が「人間の理性をなめんな」と言っていましたが、どうやらそこら辺の仕込みも済んでいる様子です。

だとすると、マーキングされた非術師たちは正常な理性は持ち合わせていない可能性が大きいです。

自分が誰なのかもわかっていない一種の記憶喪失的な状態に陥っているのかも?

そうなると誰彼構わず攻撃をしてくるのではないでしょうか?

とすると当然伏黒恵と伏黒津美紀の姉弟バトルが始まってもおかしくないでしょう。

とはいえ、伏黒恵にとって津美紀の存在はとても大きいようですし簡単に手は出せないとは思いますが…

できる事なら見たくないバトルではありますが、津美紀が目覚めたことが伏黒恵の耳に入らないわけはないと思いますので避けて通れない気がします。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報

呪術廻戦最新話147話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回呪術廻戦掲載のジャンプ発売日の前の週の木曜日か金曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話147話速報まとめ

最新話速報として呪術廻戦147話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦146話では、死滅回遊のルールの再確認がされました。

そしてそれぞれの役割についても明確になりましたね。

九十九と張相は天元様の護衛に当たること。

禪院真希は禪院家に戻って呪具の回収し、パンダを探して回遊に参加。

乙骨は一足先に回遊に参加し情報収集にあたる。

虎杖と伏黒は3年秤金次を引き込むこと。

死滅回遊攻略に向けて各々が動き始めました!

そして初登場の高羽史彦って今後の需要キャラなのか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

呪術廻戦147話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「呪術廻戦ネタバレ147話最新話確定速報! 虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか? 」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る