呪術廻戦

呪術廻戦最新話142話ネタバレ速報!乙骨優太が宿儺を引きずり出す?!

呪術廻戦最新話142話ネタバレ速報!乙骨優太が宿儺を引きずり出す?!
Pocket
LINEで送る

2021年3月15日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌142話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦141話では、乙骨の猛攻撃が虎杖を襲います。

虎杖は乙骨の攻撃をかわしながらサバイバルナイフをGETし、反撃にでます。

そして見事乙骨の刀を折ることに成功。

しかし、その後リカちゃんに取り押さえられ身動きが取れなくなります。

そこへ乙骨の折れた刀が虎杖の心臓を突き刺します。

虎杖の中で宿儺が不適に笑う。

一方、張相は禪院直哉の攻撃に苦戦してるようです。

しかし張相も反撃の技を繰り出します。

虎杖の命は無事なのでしょうか⁉

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦142話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦最新話142話ネタバレ速報!乙骨優太が宿儺を引きずり出す?!」と題してお届けします。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話141話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|リカちゃんvs両面宿儺?

呪術廻戦141話では、虎杖が乙骨に心臓を刺されてしまいました。

しかし虎杖の中で宿儺が舌打ちをした後、不適な笑みを浮かべる。

以前にも虎杖は宿儺に心臓をもぎ取られ一度は死亡していますが、宿儺な死なないようですね。

このことから、乙骨は宿儺を引きずり出すためにわざと虎杖の心臓を刺したのではないでしょうか?

虎杖を刺す前に乙骨がなぜか「ごねん」と誤っていることも気になりますね。

上層部から虎杖悠仁の死刑執行を命じられた乙骨ですが、上層部の狙いは虎杖ではなく両面宿儺です。

ということは宿儺を殺さない限り、乙骨の任務完了とはいかないということです。

だとすると乙骨は最初から虎杖ではなく宿儺と戦う気でいたのでしょうね。

次回はリカちゃんvs宿儺のモンスター対決が見れそうですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|張相の覚悟

禪院直哉との戦いに苦戦している模様の張相。

とはいえ禪院直哉も張相を仕留められず苛立ちを感じています。

そして張相は反撃の狼煙として「赤鱗躍動・載」を繰り出しました。

この技を出す前に「10人兄弟の兄!」と名乗っていることから、この技にかける覚悟のようなものが伝わってきます。

張相は九相図の一人で本来なら9人兄弟のはずですが、ここに虎杖が加わって10人と言ったのでしょね。

全兄弟の長男としての覚悟をここで見せたいんだと思います。

術式も分からない厄介な相手の「直哉」に対して本気でぶつかっていくようですね!

この間に虎杖の心臓が乙骨に刺されてしまっていますが、張相は虎杖の命を守ることができるのでしょうか?

張相の今後に注目ですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|虎杖は2度目の復活?

乙骨に心臓を貫かれた虎杖悠仁…

これによって虎杖の死亡は確定ではないでしょうか?

虎杖の死亡と言えば、以前も一度宿儺に心臓をもぎ取られ死亡…

しかし、宿儺の術式反転で生き返ることに成功しました。

この時、宿儺との契約成立しています。

宿儺の狙いが何なのかは不明ですが、この契約は宿儺にとって重要なはずです。

このまま虎杖に死なれては不都合が出てくるのではないでしょうか?

とするなら、再度反転術式で虎杖を復活させるのでは?

とはいえ虎杖は人生で何度心臓を貫かれなければいけないのでしょうか…

虎杖に同情してしまいますね。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|乙骨を足止めするために誰かが参戦?

虎杖vs乙骨と張相vs禪院直哉の戦いが始まりました。

禪院直哉の実力がどの程度かは不明ですが、乙骨の登場により虎杖サイドは圧倒的に不利な状況にあります。

張相が乙骨を足止めする作戦のようでしたが直哉によって阻まれてしまいました。

とはいえ、張相と虎杖だけで逃げ切れるとは考えにくいです。

ここで他の人物が登場してきてもおかしくないでしょう。

同じ等級術師が登場してくれらた安心できるのですが、状況的にそれはあり得なさそう…

とるすなら、虎杖の死刑に反対の人物が参戦してきそうですね。

可能性としては、渋谷事変で虎杖と一緒に戦った伏黒恵や京都高のメンバーなどかな?と推測します。

とりあえず誰でもいいから一旦乙骨を止めてほしいです!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|禪院直哉の術式は前当主禪院直毘人と同じ?

禪院直哉が早くも再登場を果たしましたね。

直哉の術式はまだ明らかにされていませんが、瞬間移動のようなものでした。

この術式は前当主の禪院直毘人とよく似ている気がします。

直毘人は「最速の術師」という異名を持っていて「投射呪法(とうしゃじゅほう)」という術式の使い手でした。

この術式を扱うには天性のコマ打ちセンスと時間感覚が必要です。

現当主に選ばれるぐらいなので実力はかなりのものと推測できます。

作中では「もっと速くしてみるか?」と速度を調整していることから「速さ」が術式に関係していることは間違いなさそうですね。

禪院直哉の術式が気になりますね。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|張相は「お兄ちゃん」を全うする?

呪術廻戦138話では、張相が虎杖と行動を共にしていることが明らかになりましたね。

張相と言えばクールが外形とは裏腹に、弟愛に溢れた人物。

渋谷事変では、虎杖に壊相と血塗を殺され殺意を抱いていましたが虎杖が弟であると確信するやいなや偽夏油に向かっていく場面もありました。

その時の「お兄ちゃん」っぷりは凄まじいのもがありましたよね?w

そして渋谷事変後も虎杖と行動を共にしているということは、このまま虎杖と離れる気はないのでしょうね。

今や虎杖は、あらゆる人物から命を狙われています。

(そのことを当の本人たちがどこまで把握してるかは不明ですが…)

張相にとっては最後に残った弟です。

どんな状況になろうと張相が全力で虎杖を守るに違いありません。

また張相は受胎九相図という特殊な存在なので立ち位置が微妙ではありますが、虎杖の味方であることは間違いないでしょう。

2人の今後の関係性にも注目ですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|禪院直哉は宿儺に殺される?

禪院直毘人の遺言により当主となった直哉ですが、遺言には続きがありましたね。

「五条悟が死亡もしくは戦闘不能となった場合は伏黒恵を当主にする。」と。

この遺言に納得できるはずもない直哉は、伏黒恵が虎杖を探していると知り、虎杖もろとも始末しようと企みます。

直哉は1級術師であり、当主に選ばれるだけの実力者であることは間違いありません。

直哉自身も自分に相当の自信をもっているようですが、果てして宿儺を倒せるほどの実力があるかは疑問です。

また宿儺のお気に入りの伏黒を殺害するというのが一番の目的で宿儺がそんなことを許すとは思えません。

伏黒は現在、虎杖を捜索しているようですし仮に虎杖と伏黒が居合わせる現場で直哉が戦闘を仕掛けるとしたらほぼ100%の確率で宿儺に返り討ちにされてしまうのではないでしょうか?

それに直哉は性格の悪さから禪院家の中でも味方もいない様子…

短命に終わってしまうキャラなのか?

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|虎杖は伏黒の助けを拒む?

渋谷事変後、虎杖は張相と行動を共にしていることが明らかになりました。

そして伏黒恵は虎杖を探しているようですね!

ですが、虎杖はというと自分がたくさんの人を殺してしまったと強く引け目を感じているようです。

その引け目の根底にあるのは、「伏黒が自分を助けた」ことでしょう。

そして「自分が助けた人間が人を殺したらどうする?」

伏黒に言われたこの言葉が深く胸に刺さっているようですね。

現在、伏黒は虎杖を心配して必死に捜索しているはずです。

仮に伏黒が虎杖を発見したとしても、虎杖が簡単にそれを受け入れるとは思えません。

虎杖自信が納得のいくレベルの人助けをいないことには戻る気はないようですね。

これから虎杖と伏黒は別々の行動になってしまうのでしょうか?

2人の今後の展開が気になりますね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|パンダも反逆者になる?

呪術総監部の通達の一つに「夜蛾正道の死罪」が入っていましたよね?

というよりも通達の5つにはそれぞれ思うところはありますが、誰かの陰謀が隠されていることは違いなさそうです。

通達に登場した夜蛾正道はパンダを生み出した親でもあります。

パンダは「人間は嫌い。めんどくさい。」と発言していますが夜蛾に関しては特別な感情をもっているはずです。

死罪を認定した上層部に対して不信感を持ってもおかしくありません。

それにパンダはキャラとして明確な意思を持っていますし、簡単に誰かの言いなりになるとは考えにくいです。

夜蛾の死罪を回避するためにも上層部の通達は無視して独自で動き出すのではないでしょうか?

そこにはいつも一緒に行動していた禪院 真希も賛同しそうな気もします。

狗巻に関しては「腕が落とされた」とされていますし状況が状況なだけに簡単に動けないような気がします。

とにかくパンダは呪術総監部の通達は受け入れず反逆者になる可能性が高いですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|乙骨優太の術式とは?

久々に登場した乙骨優太ですが、呪術廻戦0巻では特級過呪怨霊である折本里香を連れていましたよね?

そしてこの「里香ちゃん」が基本的は登場してバトルを繰り広げていました。

ですが一度だけ乙骨が術式?を使ったような場面がありましたよね?

それは狗巻の術式「呪言」をマネていました!

呪術を学んでわずか1年足らずでです。

普通の術師にできる技ではありませんよね?

とするなら乙骨優太の術式は相手の術式をマネる=「模倣する」ことかもしれません。

だとすると乙骨は海外にいる間に様々な術式を模倣して更なるパワーアップを果たしているのではないでしょうか?

乙骨の術式も気になるところではありますが、第2の「リカちゃん」の存在もきになりますよね?

乙骨の現在の実力がまだまだ表に出てないのでそこにも注目ですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|狗巻の腕は虎杖ではなく別の人物によって落とされた?

呪術廻戦で衝撃の展開となった狗巻の腕が落とされた事件ですが、1つの考察として宿儺の領域展開「伏魔御廚子」に巻き込まれたとあげました。

しかしこの宿儺の領域展開に巻き込まれていなかったとしたら?と考えてみるととっても雲行きが怪しくなってきますよね。

上層部はこれまでに何度も宿儺の器である虎杖をどさくさまぎれに殺そうと企んできました。

五条悟がいたこともあり表だっては虎杖を始末できませんでしたが、邪魔だった五条悟は封印されました。

ということは上層部にとってとても都合がよくなったと思われます。

ここで早速、虎杖を始末する為に動きだしたのでしょう。

そこへ特級術師である乙骨を宛が為に狗巻を傷つけその濡れ衣を虎杖にかぶせたのではないでしょうか?

もし虎杖ではく意図的に狗巻を傷つけた人物がいたとするなら狗巻は口封じの為に監禁されているのでは?

狗巻が現在どこにいるかも気になるところではあります。

一体誰が狗巻の腕を落としたのでしょうか?

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|狗巻の腕はどうしてなくなった?

呪術廻戦137話では乙骨から衝撃の事実を聞かされましたね。

「狗巻の腕が虎杖によって落とされた」と…

狗巻ファンにとってはかなり痛い出来事だったのではないでしょうか?

とは言っても、実際に狗巻が虎杖と争った形跡などないですし、作中でもそんな描写はありませんでした。

一体、いつ狗巻の腕は落とされてしまったのでしょうか?

それは、宿儺の領域展開「伏魔御廚子」に巻き込まれたのではないかと考察します。

この「伏魔御廚子」は最大半径約200mにも及ぶがこの時は半径140mの地上に絞られていました。

この半径140m内に狗巻がいた可能性が高いです。

狗巻の腕はこのまま戻らないのでしょうか?

今後の狗巻の腕にも注目ですね!

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|伏黒恵vs伏黒津美紀となるのか?

ずっと病院で眠っていた伏黒津美紀が偽夏油のマーキングによるのもだったなんて…

かなり衝撃的な展開となりましたね。

気になるのは目覚めた伏黒津美紀が目覚める前と同一人物であるのか?というところです。

偽夏油は「これからマーキング済みの非術師同士に殺し合いをしてもらう」と言っていました。

それに対して九十九由基が「人間の理性をなめんな」と言っていましたが、どうやらそこら辺の仕込みも済んでいる様子です。

だとすると、マーキングされた非術師たちは正常な理性は持ち合わせていない可能性が大きいです。

自分が誰なのかもわかっていない一種の記憶喪失的な状態に陥っているのかも?

そうなると誰彼構わず攻撃をしてくるのではないでしょうか?

とすると当然伏黒恵と伏黒津美紀の姉弟バトルが始まってもおかしくないでしょう。

とはいえ、伏黒恵にとって津美紀の存在はとても大きいようですし簡単に手は出せないとは思いますが…

できる事なら見たくないバトルではありますが、津美紀が目覚めたことが伏黒恵の耳に入らないわけはないと思いますので避けて通れない気がします。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ速報

呪術廻戦最新話142話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回呪術廻戦掲載のジャンプ発売日の前の週の木曜日か金曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

呪術廻戦最新話142話ネタバレ速報まとめ

最新話速報として呪術廻戦142話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦141話では、乙骨の容赦ない襲撃が虎杖を襲います。

虎杖はなんとか乙骨の攻撃をかわし、乙骨の刀をへし折ることに成功します。

しかしリカちゃんに取り押さえられ身動きが取れなくなる虎杖。

そこにすかさず乙骨の折れた刀が虎杖の心臓を貫きます。

この出来事に対して宿儺は舌打ちをしますが、その後すぐさま不適な笑みを浮かべます。

一方で、張相と禪院直哉の戦いも繰り広げられており、直哉の術式に困惑する張相。

直哉はしぶとい張相にイラつきをみせますが、張相は「赤鱗躍動・載」を発動します!

虎杖に一体何がおきたのか?!

張相の術式は直哉に通用するのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ142話最新話確定速報!乙骨優太が宿儺を引きずり出す?!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る