呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ157話!部品

2021年9月6日発売号の週刊少年ジャンプに掲載の呪術廻戦157話のネタバレ速報をお届けします。

※先週のネタバレはこちら→呪術廻戦156話

呪術廻戦ネタバレ157話速報

※呪術廻戦157話のネタバレを含みますのでご注意ください。

ついに綺羅羅を取り押さえた伏黒。

賭けの要素もありましたが、なんとか綺羅羅の術式を攻略しました。

少ない材料をもとに検証しながら戦うのは冷静な伏黒ならではのスタイルですね。

読み切られた綺羅羅はやられたという顔をしています。

本当に一年生か?と疑う綺羅羅の拘束をといた伏黒。

即座に土下座し、話を聞いてくれと懇願します。

伏黒の嘘偽りない申し出に対し、綺羅羅も応えてくれました。

(綺羅羅との戦いでは、パンダ先輩はいいところなし。笑)

その瞬間、戦闘中の虎杖と秤先輩が屋上にあがってきます。

伏黒とパンダ先輩に対し、虎杖は手を出さないでくれと伝えます。

舐めるな!と言わんばかりに秤先輩の渾身の右ストレートが虎杖の顔面に直撃。

避けるつもりのない虎杖に気づいた秤先輩は、お前が立ってるうちなら話を聞いてやるとのこと。

秤先輩はなぜ俺を頼るのか?と虎杖に問いただし、虎杖はアンタが強いと聞いたからだと答えます。

その瞬間、またもや虎杖の顔面に渾身のパンチが…

その後、秤先輩は虎杖に熱を俺に伝えてみろ!夜蛾のオッサンは何してるんだ!と説教します。

しかし、虎杖はこう言います。

俺に熱はない、呪いを祓い続けるための部品だと。

伏黒が心配したのも束の間、呆れた秤先輩は今までで一番のパンチを虎杖にくらわせます。

自身の呪力について語りながら、伏黒たちに虎杖を連れて帰れと伝えます。

しかし、ゾンビのように復活する虎杖は、秤先輩に認めてもらうまでしつこくつきまとう気でいます。

己を部品という虎杖の目を見て、熱を感じてしまった秤先輩。

ついに虎杖、伏黒、パンダ先輩たちに取引を持ちかけます。

綺羅羅は、なんだかんだで人助けしてた秤が一番熱かったから。と言いますが、パンダ先輩は何言ってるんだ?とポカーン。

ここで157話は終了します。

呪術廻戦ネタバレ157話のTwitter民の感想は?

呪術廻戦157話のTwitter民の感想は…

やはり秤先輩についての話題でもちきりでした。笑

呪術廻戦ネタバレ157話のまとめ・考察

今回は、呪術廻戦157話のネタバレをご紹介しました。

秤先輩と綺羅羅のノリに対し、いまいちついていけない伏黒とパンダ先輩のコントラストが絶妙な感じでした。笑

虎杖の冷めた言葉ではなく、魂そのものに熱を感じてしまった秤先輩からは良い意味でヤンキー感を感じます。

調子の良い時は乙骨以上の実力を発揮すると言われる秤先輩がついに味方につくのか?

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加