呪術廻戦

呪術廻戦152話ネタバレ!禪院直哉の最後…

呪術廻戦最新話ネタバレ152話速報!伏黒と虎杖が秤金次の元へ急ぐ?
Pocket
LINEで送る

2021年6月14日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌152話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦151話では、禪院直哉と禪院真希の対決となりました。

直哉は、真希に隙を与えないよう連続で攻撃にでます。

真希は攻撃を受けながらも、数字を数えます。

直哉は真希に攻撃をしながらも伏黒甚爾のことを思い出していました。

そして「真希と甚爾は違う」と言い聞かせるようにひたすら攻撃を仕掛けます。

流石の真希も扇戦から始まり、だいぶ負傷しており直哉との長期戦は不利だと判断。

それを察知した直哉は正面衝突はせず、術式を使用しますが真希に見切られ顔面にパンチをもらいます。

その後、直哉は気絶。

真希の完全勝利が確定しました。

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦152話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦152話ネタバレ!  伏黒と虎杖が秤金次の元へ急ぐ?   」と題してお届けします。

 

呪術廻戦152話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話151話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦152話ネタバレ考察|禪院直哉の今後は?

呪術廻戦151話では、真希と直哉の対決が繰り広げられました。

そして見事真希が勝利を手にしました。

真希から一撃を受けた直哉の顔面は真希の拳の後がくっきりとついており、自慢の容姿は台無しとなってしまいました。

現状で直哉が気絶しているだけなのか?死んでしまったのか?ははっきりしていません。

終始、悪目立ちしてきたキャラですのでこのままご臨終を迎えてくれても問題はありませんが、しぶとく生き残りそうな気もしますよね…。

しかし、例え生きていたとしても再度真希に手を出すことはなさそうです。

これだけダメージを受けた真希相手に負けたのですから、もう手に負えないことは明らかでしょう。

これを機に伏黒恵の暗殺計画も白紙に戻るのではないでしょうか?

直哉の役割もここで終わったような気がします。

今後は誰からも相手にされずひっそりと生きてもらいたいですね。

 

呪術廻戦152話ネタバレ考察|真希が禪院家当主に?

真依を失うことで覚醒した真希!

その実力は伏黒甚爾を思わせるほどです。

真希は以前から当主になることを目指して日々鍛錬してきました。

それもこれもすべては真依の居場所を作ってあげる為でしたがその真依はいなくなってしまいました。

しかし真依の願いは今の禪院家をぶっ壊すこと。

その願いは叶えられつつあります。

今回の騒動で真希の実力は言わずとも禪院家に知れ渡ったことでしょう。

これにより実力不足という理由で反対する者もいなくなるでしょう。

近い将来は真希が当主となり禪院家の立て直しを計るのではないでしょうか?

これを機にいい方向に変わってくれることを期待しています。

 

呪術廻戦152話ネタバレ考察|伏黒恵が当主を譲る?

意に反する形で当主となった伏黒恵。

当主になった理由は真希に説得され、致し方なくといった感じでした。

しかし、真希が覚醒したとなれば話が変わってきますよね。

覚醒した真希の実力ってすでに伏黒恵を越えているのでは?

とはいえ、伏黒恵が当主となる利点は、五条家や加茂家との関係などが含まれています。

ですので実力だけで当主を決定するわけにはいかなそうですね。

しかし、伏黒恵としては禪院家に思い入れはないはず。

それに比べて真希は禪院家で生まれ育ったゆえ思う所はたくさんあるでしょう。

そういった意味でも将来的に伏黒恵が真希に当主を譲るのではないでしょうか?

 

呪術廻戦152話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦152話ネタバレ

呪術廻戦152話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦152話ネタバレ|真希の惨殺

「お母さん」と台所で母に向かって話かける真希。

台所のあちこちに血が飛び散っています。

母は怯えながら「どうしてあなたは…」と口にします。

そんな母に真希は「どうして「戻れ」って言ったの?」と疑問を問う。

しかし母はその出来事について全く覚えていない様子でした。

真希は一歩一歩と母に近づき…

その後、台所で再び血が飛び散ります。

母親までに手をだした真希…。

なんだか殺戮兵器のようになってしまいましたね。

真希自身、こんな未来を迎えたくはなかったと思いますが…なんだかやるせないですね。

呪術廻戦152話ネタバレ|禪院直哉

禪院家のあちらこちらに残骸が横たわっています。

そんな中、「フーッ、フーッ」と息を切らす禪院直哉の姿がありました。

直哉の顔の右半分は血に染まっています。

直哉は「詰めが甘いじゃ…クソ女が!」と怒りを露わにします。

その時、直哉のいる部屋に誰かが近づいてくる足音が聞こえます。

それは、首から血を流し包丁と手にした真希の母親でした。

何とか生きていた直哉ですが、もう虫の息という感じですね。

そこへ現れた真希の母親…。

長年の恨みがこもっていそうで、ゾッとします。

 

呪術廻戦152話ネタバレ|直哉の死

それを見た直哉は、身体を起こそうとしますが力が入りません。

「ふざけんなや」と叫ぶ直哉…。

そんな直哉の背中に包丁が突き刺さります。

そして真希の母親は「産んで、よかった…」と呟きます。

虚ろな目をした真希の母親の脳裏には、幼い頃にお花畑で楽しそうに遊ぶ真希と真依の姿が浮かんでいました。

直哉の最後はなんと呪力を持たずバカにしてきた女から刺されるという結末でした。

直哉らしい最後だったと言えますね。

直哉からしてみればこんな屈辱なないでしょう。

そして真希の母親は最後にいい夢を見られたのでしょうか?

なんとも残念な死の迎え方ですね…。

呪術廻戦152話ネタバレ|禪院家除名?

真依を担いで禪院家を出た真希に西宮桃が駆け寄ってきます。

西宮は、真希の表情から全てを悟る。

そして「だから行くなって…」と崩れ落ちます。

真希はそんな西宮の元に、真依を下ろし「後は頼む」と真依を託します。

そしてその場を立ち去りました。

その後、その日に禪院家に不在だった炳6名と躯倶留隊21名が死を遂げる。

後日、五条家および加茂家から呪術総監部に禪院家の御三家除名が提議され、総監部はこれを保留としています。

真希は本当に禪院家をぶっ壊してしまいましたね。

ぶっ壊すというより全滅という感じでしたが…。

これで真依との約束は果たされましたね。

とはいえ真希の心がどこにいってしまったのかとても気になりますね…。

次回、呪術廻戦153話へつづく…。

 

呪術廻戦152話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦152話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦152話では、直哉を破った真希はその後も止まりません。

禪院家の者たちを殺して回ります。

そして、自身の母親にも傷をつけます。

一方で、何とか生きていた直哉ですが呪力を練れないほど弱り切っていました。

そこへ真希の母親が現れ、背中を刺されしまいます。

その後、真希はその日に禪院家にいなかった者たちを探し惨殺していきます。

これにより、禪院家は御三家からの除名を提議されることに…。

総監部はこれを保留としています。

あっけなく終わった直哉の最後は直哉らしいのもだったと言えますね。

そして今後、禪院家はどうなるのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ152話最新話確定速報! 禪院直哉の最後… 」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る