呪術廻戦

呪術廻戦151話ネタバレ!禪院直哉vs真希の最終対決?

呪術廻戦最新話ネタバレ151話速報!禪院直哉vs真希の最終対決?
Pocket
LINEで送る

2021年6月7日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌151話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦150話では、禪院家で真希が暴れまくりました。

扇が殺されたことが警鐘で知らされ、躯倶留隊が真希の元へ。

これを真希は次々と切り倒し全滅させます。

そこへ隊長の禪院信朗が到着し、長寿郎と2人がかりで真希に挑みますが、喉を潰され返り討ちに…。

その後、蘭太と甚壱も参戦しますが、全く歯が立ちません。

最終的に禪院直哉が登場します。

次回は直哉と真希の対決がみれるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦151話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦151話ネタバレ!  禪院直哉vs真希の最終対決?   」と題してお届けします。

 

呪術廻戦151話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話150話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦151話ネタバレ考察|禪院直哉vs禪院真希

呪術廻戦150話では真希が真依の言いつけを守り禪院家で暴れまくりました。

扇の頭を真っ二つにした後、躯俱留隊を全滅にし、隊の信朗と長寿郎の喉を素手で潰します。

その後に駆け付けた蘭太・甚壱も真希の手にかかり死亡…。

最終的に現れたのは禪院直哉でした。

禪院家の当主として一時的ですが名が挙がった実力者ですから、ラスボスと言ってもいいでしょう。

次回は直哉と真希の戦いがみれそうですね。

直哉と言えば張相に敗北したのが記憶に新しいところ…。

今の真希相手に直哉が勝てるとは到底思えないのですが。

個人的に無駄口も叩く暇もないぐらい秒で死んでくれたらと願っています。

 

呪術廻戦151話ネタバレ考察|扇の計画は白紙に戻る?

今回の出来事で禪院家がいかにクズ揃いなのかが明らかになりました。

直哉は絵にかいたようなクズ性を発揮していましたし、真希の父親である扇は実の子を手にかけようとする始末。

母親はと言うともがく娘たちを応援するわけでもなく卑劣な言葉を浴びせる。

家柄がそうさせてしまったのだと思いますが、にしても酷い有様です。

そんな中、扇の発案により「伏黒恵・真希・真依の謀殺」が密かに企てられていまいた。

これには禪院家の特別一級術師たちは賛成のようでした。

しかし、発案者である扇は死亡…加えて真希は覚醒してしまうという異常事態。

扇をあっさりと破った真希に手を出そうとする術師はいないのではないでしょうか?

この計画は一旦白紙に戻して別の手立てを考えた方が無難な気がします。

とはいえ伏黒恵暗殺の計画だけが進行しそうな気もしますけど…。

真希の存在が今後の禪院家に大きな影響を与えることは間違いなさそうですね。

 

呪術廻戦151話ネタバレ考察|伏黒恵vs禪院直哉

禪院直毘人の遺言により禪院家当主となった伏黒恵。

伏黒自身は特に興味なさそうですが、伏黒がいなければ当主になれていたはずの禪院直哉にとっては気持ちのいい話ではありませんよね?

遺言を聞いたその日に伏黒恵暗殺を企て虎杖の元へ辿り着きましたが、張相と乙骨により一度撤退しています。

ですが、これしきで諦めるような男ではありません。

今度は確実に伏黒恵を殺しにくるのではないでしょうか?

現在、伏黒たちはそれぞれの役割を果たすため単体行動となっています。

これはことを大きくしたくない直哉にとって好都合なはず!

この機を逃さず、伏黒恵に奇襲を仕掛ける可能性が高そうですね。

伏黒恵にとってはとばっちり案件かと思いますが、直哉のプライドを砕いてくれることを期待しています。

 

呪術廻戦151話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

 

呪術廻戦151話ネタバレ

呪術廻戦151話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦151話ネタバレ|伏黒甚爾

「俺は天才なんや」と言い聞かせる禪院直哉は、真希と対峙しながら幼い頃のある日を思い出していました。

「禪院家には落ちこぼれがいる」と噂する声が聞こえてくる。

その声を聞き直哉は「どんなショボい奴や」と想像を巡らします。

そんなことを考えながら廊下を走っていた直哉の表情が一瞬で固まります。

直哉の視線の先には、酷く冷たい目をした伏黒甚爾がいました。

幼い頃から自分は特別だと思い込んで生きてきたようです。

そんな中でも伏黒甚爾の存在はとても特別なのもだったようですね。

 

呪術廻戦151話ネタバレ|あっち側

そんな幼き日を思い出し、真希と対峙した直哉は先手必勝とばかりに次々と技を繰り出していきます。

しかし真希はこれを冷静に受けとめながら数字を口ずさみます。

その時、真希は直哉に腕を掴まれ動画の1コマにされる。

すぐさま直哉は真希の腹部に強烈な蹴りを入れ、地面に叩きつけます。

戦いの最中、直哉は真希に向かい「オマエは甚爾君やない!」と強く思います。

直哉が真希に対して攻撃を緩める気配はありません。

直哉の脳裏に伏黒甚爾と甚爾の強さに気づいていた五条悟の姿が蘇ります。

そして「あっち側に立つんは俺や!」と改めて決意を胸にする。

 

呪術廻戦151話ネタバレ|投射呪法

真希は、直哉の攻撃を受けるが間一髪のところで体制を立て直します。

しかし、直哉がそれすらも読んでいたようで真希の前の回り込み真希の顔面に強烈な一撃を浴びせます。

投射呪法は過度に物理法則や軌道を無視した動きは作れない。

同じく速度も術式発動時の加速度には上限がある。

しかし、逆に術式を重ねれば重ねるほど出せる速度は上がっていく。

「もうあの時のようなミスはせん!」と直哉の脳裏に張相との戦いが思い出される。

さらにスピードを上げた直哉が真希に向かって走り出します。

 

呪術廻戦151話ネタバレ|真っ向勝負?

その時、真希が両足を地面に踏ん張り「パン」と手を叩きます。

真依の命と引き換えに手に入れた鋼の肉体。

ですが、扇との戦いで負傷し、炳との連戦、そして亜音速を越えている直哉を目の前にし真希は長期戦は不利だと判断します。

真希の素振りで真向勝負だと気づく直哉。

しかし真希と直哉がぶつかり合う寸前で、直哉は真希の腕をすり抜け、左腕に触れます。

投射呪法発動中の掌に触れたモノも1/24で動きを作らないといない。

失敗すれば1秒フリーズする。

 

呪術廻戦151話ネタバレ|一発KO勝ち

トップスピードを維持したままの直哉が真希に襲いかかります。

「お前は偽物や!」と攻撃を繰り出そうとする直哉ですが、その時振り返った真希の拳が直哉の顔面目掛けて飛んできます。

「24回だろ」と口にする真希。

投射呪法を見切った真希に対して直哉は「この偽物」と言おうとしますが、途中で顔面にパンチをくらいます。

真希は「悪い。もう一回言ってくれ」と直哉に話しかけますが、すでに直哉の意識は飛んでいます。

こうして完全勝利した真希。

直哉の顔面にパンチは久々にスカッとしましたね!

次回はパンダと合流編になるのでしょうか?

呪術廻戦152話へつづく…

 

呪術廻戦151話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦151話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦150話では、真希が禪院家で大暴れをみせました。

真希と扇の出来事が禪院家に伝わり、躾倶留隊の隊員たちが真希を取り囲みます。

その隊員たちを切り伏せていく真希。

そこへ隊長の禪院信朗が現れ、長寿郎と共に戦闘に入りますが真希によって喉を潰されます。

その後蘭太と禪院甚壱も参戦しますが、蘭太は目を潰され、甚壱は首だけとなってしまいます。

そしてラスボス禪院直哉が登場します!

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

呪術廻戦151話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「呪術廻戦151話ネタバレ! 禪院直哉vs真希の最終対決? 」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る