呪術廻戦

呪術廻戦149話ネタバレ!禪院真希と真依が一つになる!

2021年5月24日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌149話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦148話では、禪院真希が禪院家に訪れていました。

最初に真希の前に現れたのは禪院直哉…。

直哉は真希に悪態をつきますが真希は構わず忌庫へ向かいます。

忌庫の扉を開けるとそのには真希の父親である禪院扇が待ち構えていました。

また真希が回収しようとしていた呪具は扇によって別の場所に移されていました。

そして真希と扇の戦いが始まります。

真希は扇の隙をついて技を繰り出しますが返り討ちに合い顔にダメージ受けます。

その後真希はそのまま倒れ込んでしまいます。

真希はここで殺されてしまうのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦148話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦149話ネタバレ!真希・真依の窮地に救世主現る?」と題してお届けします。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話148話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察|パンダが救出に来る?

顔面を切られその場に倒れ込んだ真希。

真希にこれ以上戦闘を続けることは不可能でしょう。

だとしたら、ここで殺されるか?誰がか救出にくるか?の2パターンだと考えられます。

相手が相手だけに同じ1級術師の登場が望ましいですが、状況的にそれは難しそうですね…。

九十九由基は天元様の護衛、乙骨は死滅回遊の参加に動いているでしょうし、瞑々たちは何処へいるのか不明。

こうなると助けに現れるのはパンダぐらいではないでしょうか?

ただパンダ1人で1級術師の扇に適うとは到底思えません…。

逃げる隙を与えれるだけの人物がいなければ真希・真依の救出は難しそうですね。

しかしここで力尽きる真希は見たくありません。

パンダの策に期待ですね!

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察|禪院真希のフィジカルギフテットが強化?

顔面に更なる傷を負った真希…。

切られた片目はもう使い物にならないのではないでしょうか?

更に腹部からも出血しており、真希の身体はボロボロです。

女性でありながらこんなに体に傷がつくキャラは真希ぐらいなのでは…。

もはや死亡フラグが立っていますが、仮にここを生き延びられたら間違いなく真希のフィジカルギフテットが強化されることと思います。

その為にここまで無残な傷跡をつけているような気すらしてきます。

フィジカルギフテットと言えば伏黒甚爾が最強クラスですが、真希もこのレベルを目指すのではないでしょうか?

禪院家が本当にくだらない家系ということは理解できたので最終的には真希に当主になって立て直してほしいですね。

真希の更なる進化に期待です!

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察|真希・真依の姉妹愛が深まる?

どういう訳か先に忌庫を訪れていた真依。

そこで父親である扇の手にかかってしまいました。

真希はずっと真依を想い走り続けてきたようですが、真依は真っ直ぐ進んでいく真希の姿に歯がゆい思いを抱えていたようですね。

しかし、心の底ではお姉ちゃん子の真依。

きっと真希の力になりたかったのでしょう。

お互い大切に想っていることに違いはないのですが、まだ距離感がある2人…。

そして扇の発案により命を狙われることとなった真希と真依。

この窮地を乗り越えられれば2人の距離は一気に縮まるのではないでしょうか?

真依が真希のサポート役になってくれれば嬉しいですけどね。

今後の2人の関係に注目です。

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察|禪院真希のフィジカルが更に強化される?

呪術廻戦144話で禪院真希の安否が確認されましたね。

しかし真希の顔には生々しい火傷の跡が残ってしましました。

また左目には包帯が巻かれ負傷したものとみられます。

真希自身はそれほど気にしていないようですが女子としては心痛めてしまいますよね…。

そんな真希ですが生き残れたのは天与呪縛のフィジカルギフテットがあったからです。

そして今回の負傷により真希の左目は使えなくなったと予想します。

このことにより更に真希のフィジカルギフテットが底上げされるのではないでしょうか?

禪院甚爾(伏黒父)とまではいかないものの真希の実力はかなりのもの。

しかし将来的には甚爾のようなポジションになるのでは?

真希の今後の成長に注目ですね。

 

呪術廻戦149話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦149話ネタバレ

呪術廻戦149話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦149話ネタバレ|呪霊が蠢く部屋

禪院扇は倒れ込んだ禪院真希と真依の襟元をつかみ引きずりながら歩く。

そして「私が前当主になれなかったのはオマエ達のせいだ」と何度も言い張ります。

その後「訓練と懲罰部に使われる部屋」に連れてこられた真希と真依。

ここには2級以下の呪霊が無数にいるようです。

扇は2人を部屋に放り込むと「さらば」とあっさり部屋を後にします。

最初から最後まで利己的な扇。

自分が当主に選ばれなかったのは本気で子供たちである真希と真依のせいだと思っているようです。

御三家であるがゆえの問題なのかも知れませんが、親としてはクズ以外の何物でもないですね…。

 

呪術廻戦149話ネタバレ|精神世界

無数の呪霊がいる寝屋に取り残された真依は、気を失っている真希に「しぶといわね。いつかこうなると思ってた」と呟き真希に口づけをします。

ー精神世界へー

真希が意識を取り戻すと隣には真依の姿がありました。

真依は「私の術式は大体わかってるでしょ?これを作ったら私死ぬから。」とサラッと伝え「後は1人で頑張って」と言い終えると立ちがりザブザブと海に入り始めます。

真希は慌てて真依を呼び止めます。

しかし真依は真希の声には気にも留めす「随分前からわかってた」と心の内を話し始めます。

真依にはこんな術式があったんですね!

そして真依は前から何となくこんな展開になることを予想していたんですね…。

 

呪術廻戦149話ネタバレ|姉妹の約束

真依は呪術師にとってなぜ双子が凶兆と言われるのかについての持論を展開する。

「何かを得るためには何かを差し出さないといけない。」

「そうゆう利害がいちいり成立しないのが双子…」と説明を続ける真依。

一卵性双生児は呪術では同一人物とみなされるらしく、真希がいくら強くなりたいと思っても真依が強くなりたくないなら意味がないとのこと。

真依は「私がいる限りアンタは一生中途半端者なの」と伝える。

真依の説明に「わかったから…戻れ!」と真依を追って海に入る真希。

真依は「これだけは置いていく」と手を差し出し、「全部壊して」と真希との約束を結びます。

 

呪術廻戦149話ネタバレ|真希の進化

真希が精神世界から目覚めると、膝枕をしたまま倒れ込んでいる真依の姿は目に入ります。

また真希の手には一つの刀が握られていました。

涙を流し真依を呼ぶ真希の側には無数の呪霊の姿が…。

立ち去った扇は部屋から溢れる不穏な空気に気がつき立ち止まります。

「なんだ?」と部屋の入り口を向き身構えた瞬間、恐怖に扇の身体が震えだす。

視線の先に再び現れた真希に伏黒甚爾の姿が重なります。

扇はすぐに術式を開放し攻撃体制に入ると、「来い!出来損ない!」と叫ぶ!

その瞬間、扇の頭が真っ二つ割れ扇は崩れ落ちます。

「真依、始めるよ」と真希は静かに呟く…。

大切な人を失って完全体となった真希…今後どう動くのでしょうか?

呪術廻戦150話へつづく…。

 

呪術廻戦149話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦149話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦149話では、扇によって真希と真依は呪霊たちのいる部屋へ閉じ込められてしまいます。

真依は術式を使い真希を精神世界へと導きます。

そこで真依は真希に呪術師にとってなぜ双子が凶兆と言われるのかについての説明を始めます。

その後、真依は真希と約束を交わし力尽きてしまいました。

そして異変に気付いた扇の元へ再び姿を現した真依は、一瞬にして扇を打ち破ります。

真依との約束を胸に真依が動き出します…。

真依のこれまで過ごしていたジレンマの日々が思い起こされる切ない回でしたね。

大切な人を失い一人前となった真希はどう動いていくのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦149話ネタバレ!禪院真希と真依が一つになる!」と題してお届けしました。