呪術廻戦

呪術廻戦147話ネタバレ!パンダの秘密と夜蛾からの呪いとは?

呪術廻戦最新話ネタバレ147話速報!虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか?
Pocket
LINEで送る

2021年4月26日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌146話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦146話では、死滅回遊の各ルールについてのおさらいがなされました。

各ルールを確認しながらそれぞれの意見を出し合います。

そしてその後に各自の役割が決定されました。

虎杖と伏黒は停学中である3年の先輩秤金次の元へ向かうことに…。

薨星宮を後にすることになった虎杖は今まで一緒にいてくれた張相にお礼を言います。

張相は虎杖に「死ぬなよ」と伝え、虎杖の後ろ姿に涙します。

場面は変わり、お笑い劇場で芸人・高羽史彦が登場。

死滅回遊のプレイヤーの一人ですが、今度どんな展開となるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦147話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦147話ネタバレ! 虎杖と伏黒は秤金次を仲間にできるのか?   」と題してお届けします。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦147話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話146話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦147話ネタバレ考察|狗巻とパンダはどこに?

ようやく禪院真希の安否が確認されましたね。

渋谷事変で濡瑚によって焼かれたわけですが、天与呪縛のフィジカルギフテットのおかげで顔面に火傷の跡が残ったものの生きていました。

しかしここにいつも一緒にいたはずの狗巻とパンダの姿はありませんでした。

2人に何もなければ一緒に行動していたはずです。

彼らは一体どこにいるのでしょうか?

狗巻に関しては事実かどうかは現在のところ不明ですが「腕が切り落とされた」という衝撃の展開となっています。

事実ならば療養中なのか?それとも上層部による嘘をでっち上げるために監禁されているのか?と推測しています。

パンダ先輩の方は夜蛾の死罪宣告を受けて、矢蛾と一緒に逃亡しているのではないでしょうか?

呪骸といえど育ての親である夜蛾を見捨てるような真似はしないと思います。

ひと騒動落ち着いたらまた3人が揃うシーンが見たいですね。

 

呪術廻戦147話ネタバレ考察|パンダも反逆者になる?

呪術総監部の通達の一つに「夜蛾正道の死罪」が入っていましたよね?

というよりも通達の5つにはそれぞれ思うところはありますが、誰かの陰謀が隠されていることは違いなさそうです。

通達に登場した夜蛾正道はパンダを生み出した親でもあります。

パンダは「人間は嫌い。めんどくさい。」と発言していますが夜蛾に関しては特別な感情をもっているはずです。

死罪を認定した上層部に対して不信感を持ってもおかしくありません。

それにパンダはキャラとして明確な意思を持っていますし、簡単に誰かの言いなりになるとは考えにくいです。

夜蛾の死罪を回避するためにも上層部の通達は無視して独自で動き出すのではないでしょうか?

そこにはいつも一緒に行動していた禪院 真希も賛同しそうな気もします。

狗巻に関しては「腕が落とされた」とされていますし状況が状況なだけに簡単に動けないような気がします。

とにかくパンダは呪術総監部の通達は受け入れず反逆者になる可能性が高いですね!

 

呪術廻戦147話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦147話ネタバレ

呪術廻戦147話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦147話ネタバレ|パンダとは?

死刑宣告を受け牢屋で待機している夜蛾の元に楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)が現れます。

楽巌寺は、夜蛾が作った最高傑作の突然変異呪骸に対して「あれは何だ?」と質問する。

更に「人工的な呪骸は他の操術により自立して行動することが可能だが、アレは自身の呪力で自己補完が出している。」と突然変異呪骸について理解していることを話す。

そして今、上層部が夜蛾を特級の認定し無期限拘束を正式に下そうとしていると伝えます。

どうやら上層部は夜蛾の突然変異呪骸を使って軍隊を作ろうと考えているらしい。

楽巌寺は夜蛾がアレを意図的に作り出せるのかの確認をしに来たようです。

楽巌寺の問いに対して夜蛾は知らないと答えます。

 

呪術廻戦147話ネタバレ|タケル

夜蛾の回想シーン…

「まさみち」と呼ぶイヌのような呪骸(タケル)が夜蛾の名を呼びます。

タケルは「みんなが元気がないって心配してる。」と伝え、「だからそれなら元気づければいいって言ってやった。天才だろ」と誇らしげに夜蛾に言います。

矢蛾はタケルの頭をなでながらそうだなと言い「すまないが暫く帰れない。皆にもそう伝えてほしい」と伝言を頼みます。

また「ここにいれば天元様が守ってくれる。俺がいなくても大丈夫だ。」と付け加えます。

夜蛾はその場を後にしようと歩き出しますが、タケルが「まさみち」と呼ぶ。

振り返った夜蛾の目にはタケルの他にも多くの呪骸が矢蛾を心配そうに見つめている姿が映ります。

そして呪骸は「まさみちがいないとさみしい」と口にします。

 

呪術廻戦147話ネタバレ|日下部の過去

場面は変わり…

日下部篤也は拘束されているパンダの縄を切り「俺が助けたって言うなよ。」と口にします。

「あの人には恩がある」と言った日下部の脳裏には昔の出来事が思い出されます。

車いすに座った女性の横に立つ日下部に向かって「本当にいいんだな」と夜蛾は言います。

「コイツはお前の甥ではない。甥の情報が入った何かだ。」と伝えます。

日下部は夜蛾の言い分に対して「言いたいことはわかっている。でも妹はもう過去が支えてくれないと生きていけない。」と言う。

すると、夜蛾の背後からタケルが「あの人僕のお母さんじゃない?」と姿を現します。

夜蛾が「良く分かったな」と言うと「天才だろ」と誇らしげな表情を見せるたその瞬間…

女性の脳裏に子供の姿が蘇る。

するとそのまま車いすから立ち上げりタケルを抱きしめます。

夜蛾はその様子をみて「悪いが」と口を開きますが、日下部がすぐさま「わかっています」と答えます。

完全自立型の呪骸の存在は公にできない為、日下部は妹とは一緒に暮らせないことを承諾しする。

謝る夜蛾に対して日下部は「ありがとうございます。」と肩を震わせます。

 

呪術廻戦147話ネタバレ|夜蛾からの呪い

場面はもどり…

街頭の上に立ち夜蛾を見下ろす男が「呪骸も連れずに何処へ行くのか?」と夜蛾に尋ねます。

夜蛾は「息子に会いたい」と答え臨戦態勢に入ります。

男は「死罪となったアナタが助かる方法は伝えたはずです。完全自立型人口呪骸の製造方法をここで話せ。」と強い口調で言う。

そのすぐ後にギターを持った楽巌寺が登場し夜蛾と対戦、その後楽巌寺に敗れた夜蛾は血まみれで倒れ込みます。

男は楽巌寺に言われ姿を消し、楽巌寺と夜蛾の間に沈黙が流れます。

先に沈黙を破ったのは夜蛾で夜蛾は静かにパンダの税造過程を話し始めます。

楽巌寺は「なぜ今更話した。なぜ生き延びようしない。」と戸惑いをみせる。

夜蛾は「私からの呪いです」と答えます。

 

呪術廻戦147話ネタバレ|パンダの涙

そこへパンダが現れます。

「まさみち」と夜蛾を呼ぶパンダですが夜蛾に反応はありません。

ゆっくりと夜蛾に歩み寄るパンダに楽巌寺は戦う姿勢をみせますが、パンダは楽巌寺の横をすり抜け夜蛾を抱える。

「なぜ戦わない」と驚く楽巌寺。

パンダは「人間と一緒にすんな」一括し、こうなった状況を察します。

そのうえで楽巌寺に「パンダだって泣くんだ」と大粒の涙を流します。

そしてパンダの悲痛の叫びが夜の街に響き渡ります。

 

呪術廻戦147話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦147話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦147話では、夜蛾の現状が明らかになりました。

夜蛾は完全自立型人口呪骸の製造方法を教えることを条件に死罪を免れるという提案を迫られていました。

パンダは夜蛾をあぶりだすために拘束されており、夜蛾に恩がある日下部に助けられました。

しかし、パンダが夜蛾と再会を果たした時はすで遅し、夜蛾は楽巌寺と交戦した後で息はありませんでした。

パンダは夜蛾を抱え大粒の涙を流し悲しみを露わにします。

育ての親でもある夜蛾を失いパンダはこれからどうするのでしょうか?

夜蛾が楽巌寺に言った「呪い」とは一体どういうことなのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ147話最新話確定速報!パンダの秘密と夜蛾からの呪いとは? 」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る