呪術廻戦

呪術廻戦146話ネタバレ!ルールの整理とそれぞれの役割

2021年4月19日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌146話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦145話では、沢山の事実が明らかになりました。

天元様は進化を遂げ人間離れしてしてしまっており、呪霊操術の術式対象ということ。

また、天元様と星將体そして六眼はすべて因果で繋がっていること。

そして死滅回遊が同化前の慣らしであり、死滅回遊を止める為にはゲームに加わり新たなルールを作らなければならないこと。

死滅回遊のプレイヤーである来栖華は獄門彊の裏をこじ開ける術式を持っているということ。

多くのことを同時進行で行わなければならなくなった虎杖たち!

果たして、それぞれをクリアしていくことはできるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦146話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦146話ネタバレ! 天使こと来栖華に辿り着ける?  」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦146話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話145話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦146話ネタバレ考察|死滅回遊に参戦!

死滅回遊はプレイヤーが全員死ぬか全員参加を拒否して死ぬかしか終わらせる方法がないようです。

結局みんな死ぬということが終着地点です…w

というわけで乙骨と伏黒が新たなルールを追加してプレイヤーに抜け道を作るという案を出しました。

伏黒に関しては津美紀の件があるので一刻も早く死滅回遊に参戦したいはずです。

九十九と張相は天元様の護衛につく為居残りますが、後の4人は早々にゲームに参加しそうですね。

死滅回遊には天使こと来栖華の参戦してるようですし、獄門彊の裏さえ解ければ五条悟が復活できます。

これは術師サイドにとって多大な戦力となりますよね。

五条悟の早急な復活を望みますが、そう簡単に復活はさせてくれなさそうな予感…。

羂索の動きも気になりますね。

 

呪術廻戦146話ネタバレ考察|張相は「お兄ちゃん」を全うする?

呪術廻戦138話では、張相が虎杖と行動を共にしていることが明らかになりましたね。

張相と言えばクールが外形とは裏腹に、弟愛に溢れた人物。

渋谷事変では、虎杖に壊相と血塗を殺され殺意を抱いていましたが虎杖が弟であると確信するやいなや偽夏油に向かっていく場面もありました。

その時の「お兄ちゃん」っぷりは凄まじいのもがありましたよね?w

そして渋谷事変後も虎杖と行動を共にしているということは、このまま虎杖と離れる気はないのでしょうね。

今や虎杖は、あらゆる人物から命を狙われています。

(そのことを当の本人たちがどこまで把握してるかは不明ですが…)

張相にとっては最後に残った弟です。

どんな状況になろうと張相が全力で虎杖を守るに違いありません。

また張相は受胎九相図という特殊な存在なので立ち位置が微妙ではありますが、虎杖の味方であることは間違いないでしょう。

2人の今後の関係性にも注目ですね!

 

呪術廻戦146話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦146話ネタバレ

呪術廻戦146話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦146話ネタバレ|結界(コロニー)について

獄門彊の裏をこじ開ける方法を聞いた虎杖たち。

伏黒は天元様に天使の居場所について尋ね天元様は「東京の東京の東側の結界」と答えます。

それ以上の情報は回遊の結界が拒絶しているため分からないとのことでした。

また天元様より結界(コロニー)についての説明がされる。

コロニーは全国に10か所存在し、それが日本の人間を彼岸へ渡す境界の結界と繋がっていると。

彼岸へ渡すとは同化するための前準備のようなもので、この儀式は2月ほどで終わってしまうようです。

コロニーの説明がされたことで少し話が紐解かれましたね!

この儀式が終わってしまう前になんとかしなければいけません。

 

呪術廻戦146話ネタバレ|死滅回遊のルール

そして死滅回遊のルールについて情報の整理を始めます。

最初のルールで津美紀が回遊に参加するまでの猶予はざっと10日程度ということが判明。

その後も一つ一つルールを確認し、各々の意見を出し合いながら情報を整理していきます。

最後までルールを確認し直し、整理は終了します。

虎杖はすべてのルールを確認後「また人を殺さないといけないのか」と沈んだ表情を浮かべます。

虎杖の言葉に「いくつか考えがある」と禪院真希が答えます。

死滅回遊のルールもややこしくてわかりにくかったですが、内容が少し解読されましたね。

とはいえまだ謎は多いです。

一筋縄ではいかないことは確かですね…。

 

呪術廻戦146話ネタバレ|それぞれの役割

そして、それぞれの役割について話し合います。

九十九由基と張相は天元様の護衛に当たること。

禪院真希は一旦禪院家に戻って呪具の回収し、パンダを探して回遊に参加。

乙骨は情報収集の為、先に回遊に参加することを決めます。

しかしここで乙骨と虎杖は伏黒について考えます。

以前虎杖は乙骨に「宿儺に変わったら殺してくれ」とお願いしており、乙骨も承諾済み。

乙骨が虎杖の近くにいた方が伏黒は安全ですが、戦力的には乙骨が1人で動いた方が効率的です。

そんは2人の様子をみて伏黒は「大丈夫だ。そん時は俺が死んだ後に殺してもらえ」と虎杖の肩をたたきます。

 

呪術廻戦146話ネタバレ|3年秤金次

動揺する虎杖を気にすることもなく伏黒は話しを進める。

そして、禪院真希より秤金次(はかりきんじ)の元へ向かうように言われます。

虎杖は聞き覚えのない名前に「きんじ?」と尋ねます。

そこへ「停学中の3年生だよ」と乙骨が説明する。

更に「ムラはあるけどノッてるときは僕より強い」と続けます。

そして伏黒と虎杖は秤金次の元へ向かうことに。

それぞれの役割が決まり、薨星宮を後にします。

虎杖は張相にお礼を言い、張相は虎杖を見送りながら涙します。

 

呪術廻戦146話ネタバレ|芸人の高羽史彦

場面が変わり、とある劇場に…。

1人の芸人がネタを披露していますが、お客さんの反応は良くなくそのまま終了…。

控室に戻った芸人に怒声が飛びます。

その芸人は高羽といい、年齢は35歳。

怒声を飛ばした男から「もうやめてしまえ。オマエには向いてない」と言われてしまいます。

その後男は部屋を出ていきましたが、先輩芸人のケンさんは「お前のネタ嫌いやないで」と声を掛けます。

そして「芸人には2種類おって、ずっとおもろい奴とずっと自分はおもろいと勘違いできる奴や」と語り「お前はどっちや?」と問います。

高羽は「七三ぐらいか…」と静かに答えます。

この芸人「高羽 史彦(たかば ふみひこ)」は死滅回遊泳者の一人…。

突然登場した高羽ですが、死滅回遊の要となる人物なのでしょうか?

呪術廻戦147話へつづく…

 

呪術廻戦146話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦146話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦146話では、死滅回遊のルールの再確認がされました。

そしてそれぞれの役割についても明確になりましたね。

九十九と張相は天元様の護衛に当たること。

禪院真希は禪院家に戻って呪具の回収し、パンダを探して回遊に参加。

乙骨は一足先に回遊に参加し情報収集にあたる。

虎杖と伏黒は3年秤金次を引き込むこと。

死滅回遊攻略に向けて各々が動き始めました!

そして初登場の高羽史彦って今後の需要キャラなのか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ146話最新話確定速報!ルールの整理とそれぞれの役割 」と題してお届けしました。

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加