呪術廻戦

呪術廻戦145話ネタバレ!羂索の目的と獄門彊の裏

2021年4月12日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌145話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦144話では、虎杖が伏黒たちと行動と共にする決意をします。

その後、禪院真希と九十九由基とも合流を果たします。

伏黒たちの今後の計画としては、天元様に会い、2つの質問をすることです。

しかし天元様に会う為には、シャッフルが1000以上の繰り返される中から1つの扉に辿り着かなければなりません。

そこで張相の術式の副次的効果を使い薨星宮へ続く扉を見つけることに成功する。

無事に薨星宮に辿り着いた6人の前に現れたのは天元様でした!

6人は2つの質問をすることはできるのでしょうか?

そして天元様はそれに答えてくださるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦145話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦145話ネタバレ!虎杖は伏黒達と合流し天元様の登場!   」と題してお届けします。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦145話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話144話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦145話ネタバレ考察|天元様は何者?

本当に存在するのか疑問視されていた天元様ですが、ようやくその姿が明らかになりましたね。

しかし現れた天元様の姿は異様なものでした。

身体は人間のようですが、顔に関しては人とは言い難い姿です。

これがお面であれば話は違ってきますが…。

そもそも天元様は薨星宮でしか会えないようですし、500年に一度肉体の適合者を探し生きながらえている点からみるともう人間ではないのかも?

また偽夏油は作中で「ただの木かなんかだと思ってくれればいい。」と言っていました。

どうやら天元様のことは眼中にないようです。

基本的に天元様の能力な守りに特化したものであるため偽夏油たちの邪魔にはならないということでしょうか?

とはいえ呪術界にとって天元様の存在は必要不可欠なようですし、一体天元様ってどういう存在なのでしょうか。

これからまだまだ謎多き天元様についてこれから明らかになりそうですね!

 

呪術廻戦145話ネタバレ考察|天元様は質問に答えてくれる?

計画道り天元様の元に辿り着いた虎杖たち。

しかし道中で、九十九由基だけが理解できるシーンがありました。

そして、薨星宮に到着するも霧に覆われるという事態に見舞われます。

九十九が「拒絶されている」と言っていましたね。

このことより天元様は姿は見せてくれましたが、快く迎え入れたわけではなさそうですね。

そもそも天元様は呪術師にとって味方なのかも怪しいところ。

以前に九十九たちとひと悶着あったようですし…。

天元様は虎杖の質問に答える気はあるのでしょうか?

それとも別の理由で姿を現したのでしょうか?

今後の展開がとても気になりますね。

今後の天元様の動向に注目ですね!

 

呪術廻戦145話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦145話ネタバレ

呪術廻戦145話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦145話ネタバレ|天元様の条件

天元の姿に一同がざわつきます。

そんな中唯一名前を呼ばれなかった九十九由基が「なぜか薨星宮を閉じた?」口を開く。

九十九の問いに天元は「羂索(かつての加茂憲倫であり現偽夏油である術師)が君に宿っていることを警戒した」と答えます。

そんな2人のやりとりに虎杖が「天元様はなんでそんな感じなの?」と割って入ります。

天元は「500年老いればこうなる」と返します。

ここでようやく伏黒と乙骨が天元に2つの質問をします。

それに対して天元は1つの条件を出す。

それは「九十九・乙骨・張相の3人のうち2人が天元の護衛に当たること」でした。

 

呪術廻戦145話ネタバレ|羂索の目的

天元の条件に対して各々が疑問の口にします。

そこで天元はまず1つ目の質問「羂索の目的」について口にする。

羂索の目的とは「人類と天元の同化だ」と回答します。

この回答に対して一同は「同化って星將体にしかできないはずじゃ…」とピンとこない様子。

天元は説明を続けます。

進化した今の天元は天地そのもの…それゆえその所在はどこにでも存在するとのこと。

そこに禪院真希が「天元様が同化を拒否したらいいだけでは?」と疑問を口にします。

しかし天元の口から衝撃の事実を聞くことに…

なんと天元は呪霊操術の術式対象だったのです。

この事実に一同が言葉を失います。

 

呪術廻戦145話ネタバレ|死滅回遊を行う理由

羂索の実力を考えると接触した時点で取り込まれる可能性があるとのこと。

なので今は薨星宮ですべてを拒否するという対策をとっていたようです。

護衛を条件にしたのはこのことがあったからですね。

天元の衝撃の事実に九十九は「なぜ今なんだ」と困惑を口にする。

天元は「わたし・星將体・六眼」はすべて因果で繋がっていると言い、意図せず獄門彊以外のピースが揃ってしまったことを説明する。

そして獄門彊も6年前に羂索の手に渡ってしまいまいた。

天元の説明に目的を果たせるだけのピースが揃ったのに「なぜ死滅回遊を行うのか?」と伏黒が怪訝な顔で質問します。

その問いに「同化前の慣らしだ」と回答します。

 

呪術廻戦145話ネタバレ|獄門彊の裏

現時点では星將体以外との同化は高確率で不完全なものとなるため、死滅回遊にて慣らしを始めるようです。

しかしこれだけ巨大は儀式を行うにはそれなりの縛りが発生する為、ゲームマスターは羂索ではないとのこと。

したがって羂索を殺してもゲームは終わらない。

このことを踏まえて伏黒と乙骨が抜け道を考えだします。

それは、自分たちもゲームに参加して「新しいルールを追加すること」でした。

この提案を聞き九十九と張相が天元の護衛役に回ると名乗りを上げます。

条件をクリアしたので、天元は2つ目の質問にも答えることに。

天元は五条悟開放に必要な”獄門彊の裏”を渡します。

 

呪術廻戦145話ネタバレ|天使こと来栖華

聞き覚えのない言葉に一同が驚きます。

しかし獄門彊の開門の権限は表の所有者である羂索のもの。

強引にこじ開けるには”天逆鉾”か”黒縄”のどちらかが必要ですが、2つとも五条悟が破壊してしまったようです。

呆れる一同…

ですがまだ手は残っているようです。

死滅回遊に参加してるプレイヤーの中に天使と名乗る術師がおり、彼女の術式はあらゆる術式を消滅させることができるとのこと。

その術師の名は来栖華!!

獄門彊をこじ開けれ糸口が見つかりましたね!!

虎杖たちは無事来栖華を見つけ出すことができるのでしょうか?

呪術廻戦146話へつづく…

 

呪術廻戦145話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦145話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦145話では、天元様から一つの条件と引き換えに2つの質問の回答をもらうことができました。

一つ目の質問の羂索の目的は天元様と人類の同化。

そして天元様は呪霊操術の術式対象という衝撃の事実が明らかになりました。

2つ目の獄門彊の開門については来栖華を見つけ出すこと。

来栖華の術式はあらゆる術式を消滅させることができるようです。

今回も沢山の情報が盛り込まれていましたね!

虎杖たちは死滅回遊に新ルールを追加することができるのか?

そして来栖華に辿り着くことはできるのか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ145話最新話確定速報!羂索の目的と獄門彊の裏 」と題してお届けしました。

LINE@

公式LINEを始めました!
近日中にお得な情報を配信予定なので、登録して待機しておいてください!

友だち追加