呪術廻戦

呪術廻戦144話ネタバレ!虎杖は伏黒に協力し天元様が姿を現す!

呪術廻戦最新話144話ネタバレ速報!虎杖は一旦伏黒達と行動を共にする?
Pocket
LINEで送る

2021年3月29日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌143話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦143話では、乙骨が味方ということが判明して一安心でしましたね。

乙骨の説明を聞いて混乱する虎杖の前に伏黒恵が現れます。

伏黒恵は依然と変わりなく虎杖の接しますが、虎杖は受け入れられない様子…

そんな虎杖に伏黒が助けを求めます。

加茂憲倫による死滅回遊が始まること。

そしてそれに姉である津美紀が巻き込まれていること。

虎杖悠仁は伏黒の助けに応えるのでしょうか?

伏黒は津美紀を救い出すことができるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦144話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦144話ネタバレ! 虎杖は一旦伏黒達と行動を共にする?    」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレはこちら<<

 

 

呪術廻戦144話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話142話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦144話ネタバレ考察|虎杖は伏黒の助けに応える?

渋谷事変で宿儺が暴れたことにより、沢山の命を奪ってしまった虎杖は自分自身が許せないようですね。

しかし、伏黒の「俺を助けろ!」の一言により虎杖の目の色が変わったような気がします。

虎杖は自分の存在価値をまだ受け入れられていませんが、七海から言われた一言でどうにか踏みとどまっているような感じでした。

また高専に入るきっかけになったのもおじいちゃんの遺言がきっかけだったりします。

虎杖悠仁は基本的に頼まれたら断れないお人好しですし、人を助けたという思いは人一倍強いです。

そして、今回はとても大切に思っている友達の伏黒からの頼みです。

虎杖自身はとても複雑な心境だとは思いますが、ここを断ることはないでしょう。

今後の伏黒との付き合い方をどうするのかはわかりませんが、津美紀の問題が終わるまではとりあえず伏黒と行動を共にするのではないでしょうか?

 

呪術廻戦144話ネタバレネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦144話ネタバレ

呪術廻戦144話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦144話ネタバレ|虎杖の決意

伏黒から「死滅回遊」そして「津美紀」のことを聞かれた虎杖。

迷う虎杖の脳裏にじいちゃんの「人を助けろ」という言葉が蘇ります。

その後虎杖は覚悟を決めたのか、黙って聞いていた乙骨に向かってく口を開きます。

「宿儺が伏黒を使って何か企んでいる。もし次に俺がす宿儺と変わったら迷わず殺してくれ」と。

この言葉に乙骨は「ベストを尽くす」と承諾します。

この言葉をどんな気持ちで乙骨は言ったのでしょうね?

本当に宿儺と殺し合う気なのでしょか?

 

呪術廻戦144話ネタバレ|今後の動き

その返事を聞いた虎杖は次に伏黒の方を向き「何をすればいいのか?」と尋ねます。

伏黒は「まず天元様と接触すること。」そして「獄門彊の封印の解き方と加茂憲倫の目的と今後の出方」について尋るというものでした。

そしてこの提案をしたのは九十九由基だということが発覚。

九十九も高専に潜伏しているようです。

ただこの作戦の問題は天元様の隠す結界…

シャッフルが繰り返される1000以上の扉から1つだけ天元様のいる薨星宮へ繋がる扉があり、それを見つけなければならないというもの…

かなり難易度の高いですね…

天元様のシャッフルって1000以上されているんですね!

驚きです。

 

呪術廻戦144話ネタバレ|釘崎の安否

その後考え込むように目を閉じた虎杖は、意を決したように目を開け伏黒にずっと気になっていたことを聞く。

「釘崎はどうなった?」と。

その問いに伏黒は目を伏せます。

その伏黒の表情で察した虎杖は「わかった!」と答えそれ以上は言及しませんでした。

虎杖の左手に力がこもります。

釘崎は本当の死んでしまったのでしょうか?

それが本当ならショックですが…

ここはドッキリであってほしいと願います。

 

呪術廻戦144話ネタバレ|薨星宮へたどり着く方法

その時「その隠す結界とやらなんとかなるかもしれん」と突然張相が口を挟みます。

「どういうことだ」と尋ねる虎杖に張相は続けます。

「以前真人が宿儺の指と呪胎九相図を盗み出したことと同じことをする」と。

その後、地下にある部屋に誘導される。

そこには、顔に激しい火傷をおった禪院真希と九十九由基の姿がありました。

真希たちと無事合流した虎杖たちに張相の口から天元様の結界についての説明がされる。

張相曰く扉から薨星宮の途中には忌庫があり、その中には張相の弟たち(呪胎九相図)がいる。

張相の術式なら弟たちの気配ぐらいは感じとれるというものでした。

張相の言葉に「Good!」と反応する九十九。

 

呪術廻戦144話ネタバレ|天元様登場

そして6人はその部屋を出て天元様へつづく扉を探しに向かいます。

張相は「あれだ」と一つの扉を指さします。

その扉を開くと枯れた気が無数に生える森が存在していました。

森の奥に薨星宮へ続く昇降機が存在し、6人はそれに乗り薨星宮へ向かいます。

「本殿はこの先だよ」と言う九十九。

トンネル抜けると、そこには何もない真っ白い世界が広がっていました。

困惑する虎杖たちに九十九は「私たちを拒絶している」と告げる。

「見通しが甘かった」と引き返そうとする6人に「帰るのか?」と背後から声が…

こそには天元が立っていました。

「初めまして。宿儺の器」

呪術廻戦145話へつづく…

 

呪術廻戦144話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦144話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦144話では、虎杖が伏黒の言葉に乗り行動を共にすることとなりました。

伏黒たちの今後の目的は天元様に会い「獄門彊の封印の解き方」と「加茂憲倫の目的と今後の出方」について尋ねること。

その後、九十九と禪院真希と合流して天元様の元へ向かいます。

張相の術式の副次的効果のおかげで無事に薨星宮にたどり着いた6人でしたが、そこは真っ白い世界が広がっていました。

一旦引き返そうとする6人に突如、天元が姿を現す。

天元様自ら出てくるとは何か用があるみたいですね!

虎杖たちは無事に目的を果たすことができるのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ144話最新話確定速報!虎杖は伏黒に協力し天元様が姿を現す!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る