呪術廻戦

呪術廻戦143話ネタバレ!乙骨は味方で伏黒が虎杖に助けを求める! 

呪術廻戦最新話143話ネタバレ速報!乙骨が2人を連れて逃亡する?
Pocket
LINEで送る

2021年3月22日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌143話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

呪術廻戦142話では、張相と禪院直哉の戦いが繰り広げられました。

張相は直哉の術式が分からず悪戦苦闘している様子…

直哉はなかなか倒れない張相に得物を使ってダメージを与えます。

また直哉は自分の兄弟が嫌いだと暴露する。

それに対して張相は持論を展開し、兄であるがゆえに自分は強いと言い張ります!

そして張相のオリジナル「超新星」にて直哉に大ダメージを与えることに成功します。

そこへ突如、虎杖を引きずった乙骨が現れ張相に一撃を与えると「直哉さん。辛そうだね」と声をかけます。

乙骨は一体何をするつもりなのでしょう?

虎杖はどうなってしまったのか!?

次回の呪術廻戦の内容も気になりますね。

呪術廻戦143話の内容がわかりましたらこちらのページに追記していきます。

今回は「呪術廻戦143話ネタバレ!乙骨が2人を連れて逃亡する?」と題してお届けします。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察

考えられる今後の呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

呪術廻戦最新話142話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|禪院直哉は乙骨に始末される?

呪術廻戦142話では、乙骨が直哉に「辛そうですね」と声をかけた出来事が印象的でした。

直哉は張相の「超新星」をくらい瀕死の状態です。

そこへ乙骨が虎杖を引きずった現れましたが、本気で直哉を心配している感じではないような…

直哉の本当の目的は、伏黒恵を始末すること。

実はこのことを乙骨は知ってるのではないでしょうか?

伏黒恵は乙骨を尊敬できる先輩をして慕っていますし、乙骨にとっても大切な後輩なはずです。

基本的に乙骨は優しく情が深い人物です。

もし直哉が伏黒恵を殺そうと企んでいることを知っていたら、そのまま放置することはまずしないでしょう。

ここで乙骨に始末されてしまうのではないでしょうか?

直哉は禪院家の新当主ではありますが、性格にだいぶ難あり。

直哉を慕っている人もいなさそうですし、ここで消えてしまっても問題ないような…w

とにかく乙骨がどんな動きを見せるのかに注目です!

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|乙骨が虎杖と張相を助ける?

張相に一発食らわして直哉に声をかけた乙骨ですが、その手には呪力がこもっています。

このまま瀕死状態の直哉を仕留める気でいるのでしょうか?

また虎杖の生死が不明ですが、仮に虎杖が生きているのだとしたら何か聞きたいことがあるのかもしれません。

もしかしたら、直哉を倒して虎杖と張相を連れ一旦場を離れる可能性もあり得ます。

一旦、身を隠して虎杖に狗巻の一件の真相を確かめるのでは?

そうしたら乙骨の誤解が解けるかもしれません。

乙骨が虎杖たちに仲間になってくれたらこんなに心強いことはありませんが、乙骨が一体何を考えているかが不明です。

次回、乙骨の考えが明らかになるかもですね!

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|リカちゃんvs両面宿儺?

呪術廻戦141話では、虎杖が乙骨に心臓を刺されてしまいました。

しかし虎杖の中で宿儺が舌打ちをした後、不適な笑みを浮かべる。

以前にも虎杖は宿儺に心臓をもぎ取られ一度は死亡していますが、宿儺な死なないようですね。

このことから、乙骨は宿儺を引きずり出すためにわざと虎杖の心臓を刺したのではないでしょうか?

虎杖を刺す前に乙骨がなぜか「ごねん」と誤っていることも気になりますね。

上層部から虎杖悠仁の死刑執行を命じられた乙骨ですが、上層部の狙いは虎杖ではなく両面宿儺です。

ということは宿儺を殺さない限り、乙骨の任務完了とはいかないということです。

だとすると乙骨は最初から虎杖ではなく宿儺と戦う気でいたのでしょうね。

次回はリカちゃんvs宿儺のモンスター対決が見れそうですね!

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|虎杖は2度目の復活?

乙骨に心臓を貫かれた虎杖悠仁…

これによって虎杖の死亡は確定ではないでしょうか?

虎杖の死亡と言えば、以前も一度宿儺に心臓をもぎ取られ死亡…

しかし、宿儺の術式反転で生き返ることに成功しました。

この時、宿儺との契約成立しています。

宿儺の狙いが何なのかは不明ですが、この契約は宿儺にとって重要なはずです。

このまま虎杖に死なれては不都合が出てくるのではないでしょうか?

とするなら、再度反転術式で虎杖を復活させるのでは?

とはいえ虎杖は人生で何度心臓を貫かれなければいけないのでしょうか…

虎杖に同情してしまいますね。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|乙骨を足止めするために誰かが参戦?

虎杖vs乙骨と張相vs禪院直哉の戦いが始まりました。

禪院直哉の実力がどの程度かは不明ですが、乙骨の登場により虎杖サイドは圧倒的に不利な状況にあります。

張相が乙骨を足止めする作戦のようでしたが直哉によって阻まれてしまいました。

とはいえ、張相と虎杖だけで逃げ切れるとは考えにくいです。

ここで他の人物が登場してきてもおかしくないでしょう。

同じ等級術師が登場してくれらた安心できるのですが、状況的にそれはあり得なさそう…

とるすなら、虎杖の死刑に反対の人物が参戦してきそうですね。

可能性としては、渋谷事変で虎杖と一緒に戦った伏黒恵や京都高のメンバーなどかな?と推測します。

とりあえず誰でもいいから一旦乙骨を止めてほしいです!

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|虎杖は伏黒の助けを拒む?

渋谷事変後、虎杖は張相と行動を共にしていることが明らかになりました。

そして伏黒恵は虎杖を探しているようですね!

ですが、虎杖はというと自分がたくさんの人を殺してしまったと強く引け目を感じているようです。

その引け目の根底にあるのは、「伏黒が自分を助けた」ことでしょう。

そして「自分が助けた人間が人を殺したらどうする?」

伏黒に言われたこの言葉が深く胸に刺さっているようですね。

現在、伏黒は虎杖を心配して必死に捜索しているはずです。

仮に伏黒が虎杖を発見したとしても、虎杖が簡単にそれを受け入れるとは思えません。

虎杖自信が納得のいくレベルの人助けをいないことには戻る気はないようですね。

これから虎杖と伏黒は別々の行動になってしまうのでしょうか?

2人の今後の展開が気になりますね!

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|ツイッターでの感想・予想は?

 

呪術廻戦143話ネタバレ

呪術廻戦143話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|乙骨は味方?

乙骨の声掛けに直哉は「見下ろすなや!」と睨みつけます。

しかしその後直哉は嘔吐し始めます。

この現象に直哉は張相が人間ではなく受肉体だ気づく。

苦しむ直哉に「治しましょうか?」と乙骨が提案します。

続けて「反転術式で他人を治せます。その代わり虎杖君の死は貴方の口からも上に報告してください。」と交換条件を出します。

そういえば乙骨も反転術式を使える貴重な人物でしたね!

すっかり忘れていました。w

ここでも直哉の性格の悪さが現れていて笑えました。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|虎杖の両親が登場!?

「仁」

「父さんなんですか?彼女の話をするなら帰ります。」と眼鏡をかけた男が赤ちゃんを抱いて言います。

「オマエがどう生きようと勝手だ。だがあの女だけはやめとけ。」

「死ぬぞ」と言ったのは虎杖悠仁の祖父でした。

続けて「オマエが子供を欲しがっていたことも、それが叶わなかったことも知ってる」

「だが香織が死んだのはー」と何か言いかけますが背後から「お義父さん」と呼ぶ女の声が…

「何の話ですか?」といった女の額には夏油傑と似たような傷がついていました。

謎に包まれていた虎杖の両親の破片がみえましたね!

女の額の傷って…

虎杖のお父さんに一体何があったんでしょうか?!

とっても気になりますね!

 

呪術廻戦143話ネタバレ|やっぱり乙骨は味方だった!

そこでハッと目が覚めた虎杖悠仁。

そして目の前には虎杖を見つめる乙骨の姿がありました。

虎杖をみた乙骨は「良かったー」と安堵します。

困惑する虎杖に乙骨は説明を始める。

「五条先生から君のことを頼まれた。それで芝居を打たせてもらった。」

「他に執行人を立てられたり虎杖君の情報を絶たれるよりはこう振舞うのがベストだと思ったから一度殺した。本当にごめん。」と誤ります。

「いや、じゃーなんで生きてんの?」と疑問を抱く虎杖。

「反転術式だよ。君の死を偽装するのはこれで2回目だね。すぐにばれるかも知れないけどとりあえず執行済みで処理されるはず。」と答える乙骨。

ようやく乙骨の元の姿がみれて安心しました。

今までめちゃブラックでしたもんねー。w

それにしても五条先生の手の打ちようがハンパないですね。

流石としかい言いようがありません。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|伏黒恵との再会

虎杖は乙骨の説明に困惑の表情を浮かべます。

「俺は人を…」とつぶやく虎杖を背後から呼ぶ声が。

そこには伏黒恵の姿がありました。

「さっさと高専に戻るぞ」と言う伏黒に「やめろ」と虎杖は拒絶します。

「俺のせいで大勢が死んだんだぞ!!」と自分を許せない虎杖。

感情がぐちゃぐちゃの虎杖に向かって伏黒は「まずは俺を助けろ!」と言い放ちます。

驚きをみせる虎杖に更に伏黒は言います。

「死滅回遊に津美紀の巻き込まれている。オマエの力が必要だ!」と。

やっぱり伏黒は虎杖のことをちゃんとわかっていますね!

どの言葉を使えば虎杖を動かせるか知っているところが素敵です。

とはいえ津美紀のことが心配ですね。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|死滅回遊

死滅回遊とは、加茂憲倫が仕組んだ呪術を与えられた者たちの殺し合い。

ここには8つのルールが提示されてありました。

ついに加茂が仕掛けたゲームが幕を開けたようですね!

虎杖は心を整理している時間なんてありません。

虎杖はどんな決断をするのでしょうか?

また伏黒は津美紀を無事救い出すことができるのでしょうか?

呪術廻戦143話へつづく…

 

呪術廻戦143話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦143話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦143話では、さまざまな情報がでてきましたね。

まずは乙骨が実は2重スパイで虎杖の味方だったこと。

流石は五条先生と乙骨です!

また、虎杖悠仁の両親のことも少し描かれていていました。

そして、伏黒と再会を果たしますが、混乱状態の虎杖は素直に伏黒の言葉を聞き入れられません。

そこで伏黒は「俺を助けろ」と言い死滅回遊のことと津美紀について話します。

乙骨が味方だったことは本当に嬉しい。

ですが、事態は深刻です。

虎杖は伏黒の提案を受け入れられるのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「呪術廻戦ネタバレ143話最新話確定速報!乙骨は味方で伏黒が虎杖に助けを求める!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る