未分類

ブログ記事を外注するときの費用は?安く頼む方法とは?

Pocket
LINEで送る

今回はブログ記事を外注するときの費用はどのくらいかかるかと安く頼む方法について紹介します。

アフィリエイトブログを運営していく上で、急成長させるには外注化がカギとなってきます。

外注化となると、結構な金額がかかると思っていませんか?

ですが、クラウドソーシングを使って外注さんを募集して、未経験者の方を一から育てていけば、安く外注化することができますよ。

1記事書いてもらうのに、費用はどのくらいかかり、僕が使っている安く頼む方法なども紹介していけたらと思います。

最初は安く外注化して一気に収益を伸ばしていきましょう。

 

ブログ記事を外注するときの費用は?

ブログ記事の外注化をするのにどのくらいの費用が掛かると思いますか?

記事って書くの大変ですよね?

50記事書くだけで結構な日数かかりますし、労力もかかります。

例えば50記事書いてもらうなら、いくら払いますか?

これは人それぞれですが、結構な額が必要だと思うかもしれません。

 

もしバイトを雇って時給で払ったとしたら?

あなたが1記事作成にどのくらいかかるかわかりませんが、時給で払ったとしたらなかなかの金額になるかと思います。

例えば1記事3時間かかるとしたら、現在令和元年の最低賃金の一番低い地域が780円だそうです。

すると1記事当たり2340円払わなければいけません。

50記事書いてもらったら11万7千円です。

すでに結構な額を稼いでないと、この金額は払えないですよね?

 

実際に最初に外注さんに払っている金額

時給での支払いはネット上のことですしなかなか現実的に難しいです。

実際にやっているかもわかりませんし、結構な額かかってしまいそうです。

そこで僕は1記事書いたらいくらと設定しています。

そして1記事350円で書いてもらっています。

そんな金額で書いてくれるの?と思われるかもしれません。

ですが実際に何人も、この金額で了承してもらって記事を書いてもらっています。

この金額なら全然出せそうだと思いませんか?

100記事書いてもらったとしても3万5千円です。

今まで記事を頑張って書いてきたなら、この単価が破格だと感じると思います。

100記事書いてもらえたら、その100記事でどれだけの収益が出るのかと考えると、3万5千以上は確実に返ってきますもんね。

100記事書いていて3万5千も稼げていない場合はやり方が間違っています。

外注化の前に自分で正しいやり方でやり直した方がいいです。

自分のやり方を確立してからでないと、外注化する意味もないですよ。

 

ブログ記事を外注するときの費用を安く頼む方法とは?

それではなぜ僕がこんなに安くブログ記事作成の外注ができているのでしょうか?

僕のやり方を説明していきます。

 

クラウドソーシングを利用

最近は副業も流行っていて、クラウドソーシングのCMなどを見たことがあるかと思います。

例えばクラウドワークスやランサーズといったサイトですね。

ここにはプロの方から、サラリーマンや主婦や学生など幅広い方が仕事を求めて登録しています。

中には主婦などのようにお小遣い稼ぎでやっている方もいます。

そのような方は少しでも空いた時間がお金になればと思っているので、安くてもやってくれる傾向にあります。

更には昼間などは時間の融通もきく方が多いので、主婦はおすすめですよ。

 

趣味を生かした仕事

またエンタメ系のブログだったら、その分野が好きな人だったら喜んで書いてくれますよ。

例えばジャニーズ、スキャンダル、映画、ドラマなどですかね?

好きな人は自分でSNSやブログまでやっていることも多々あります。

好きなことを発信できるのは楽しいですもんね。

今まで無料で発信していたのに、それにお金を払ってくれるとなったらやってくれますよ。

そのような方は、こちらから言わなくても濃い内容の記事を書いてくれたりするのでありがたいです。

また外注さんからこの内容はどうですか?などのネタ提供までしてくれたりもします。

安くやってくれて、優秀なライターになってくれる可能性が大なので、このような方と巡り合えたら強いですよ。

 

外注は未経験者

まず外注を頼む人は未経験者の方の方がいいです。

僕がお願いしている外注さんもほとんどが未経験者の方です。

経験者の方だと単価が高い傾向にあります。

今までにも記事作成の経験があって、スキルもあるので当然ですよね。

ただその単価とスキルが伴っていない人もいるので、それなら最初から未経験者の方がよかったりもします。

高いお金出して、微妙な記事書かれたのでは嫌ですもんね。

その点未経験者の方は安くて、自分好みの記事にしてもらえる様に育てることができます。

即戦力が欲しいなどの場合を除いては、色々な面から未経験者がいいかと思います。

 

契約の仕方

1記事350円と上に書きましたが、実際は30記事などまとめて契約しています。

30記事とすることで、表示を1万とすることができるので、大きく見せることができます。

1記事350円だとなかなかやってもらえないです。

継続してやってもらう契約になるので、その方がありがたいのかもしれません。

また30記事契約とすると、途中で辞められたり、音信不通になった場合は支払わなくても大丈夫なので、無駄なお金をかけなくても済みます。

支払いもクラウドワークスだと、契約完了後なので、30記事書いてもらってからの支払いになります。

そのため記事の作成頻度によりますが、支払いがだいぶ後になるので、外注化して収益が増えてから支払うことになります。

なので、精神的にも楽になりますよ。

 

まとめ

今回はブログを外注化していく上での費用に関して紹介してきました。

外注化するには結構な金額を払わないといけないような感じがしますが、決してそんなことはなく、思った以上に安く任せられると思ったのではないでしょうか?

僕の場合は1記事350円で30記事契約でやってもらっています。

そうすることで色々なリスクも抑えられて、利益も最大化させることができました。

外注費用を抑えて、収益を最大化させていきましょう。

以上、ブログ記事を外注するときの費用は?安く頼む方法とは?と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る