未分類

ブログ記事を外注するときのマニュアル必要?作り方を初心者向けに紹介!

Pocket
LINEで送る

今回はブログ記事を外注するときのマニュアル必要なのかと、作り方を初心者向けに紹介していきます。

アフィリエイトブログを運営していく上で、外注化で一気に収益を伸ばせます。

ですが、いざ外注さんに記事作成をお願いしてみると、自分の思ったような記事はなかなか書いてもらえないです。

あなたはどう外注さんにお願いしていますか?

最初からできる人ならいいのですが、なかなか指示したこともやってくれない人もいます。

そこで思いつくのがマニュアルですが、外注化の時のマニュアルの必要性について説明していきます。

また外注初心者の方向けにマニュアルの作り方も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外注化を一気に進めて、自分がやらなくても進んでく仕組みづくりをしていきましょう。

 

ブログ記事を外注するときのマニュアル必要?

マニュアルなんて作るの面倒と思うかもしれません。

そんなマニュアルを作るより、説明した方が早いかもしれません。

ですが、外注さんが何人も増えてきたら、ひとりひとりまた説明すると大変ではないですか?

ある程度テンプレみたいなものがあれば、少しは楽かもしれませんが、記事を書いてもらったらその都度修正点を指摘し教えていかなければいけません。

 

経験者の外注は何も教えなくていい?

もちろん最初からあなたのように、記事を書いてくれる経験者の外注さんだったら、問題はないかもしれません。

ですが、経験者の方は単価もその分高くなります。

また、今までの経験があるために、自分流のやり方でやってしまうことも多いです。

勝手にやられてしまうと、せっかく自分が確立してきたやり方をやってもらえないと結果が出ない場合もあります。

記事を書く事は出来ても、SEOや戦略などブログ運営に関しては素人の場合もあります。

そのためやはり経験者であっても、あなたのやり方を教えていく必要があります。

 

外注には未経験者がベスト?

その点未経験者の方に外注をお願いしたら、もちろん即戦力にならないことの方が多いです。

しかし、自分のやり方も何も、記事を書いたこともないので、あなたの教え方次第です。

さらには経験者、ライターさんに比べても単価が安いです。

もちろん1から育てることは大変ですが、そこまで時間をかけなくてもちゃんと記事を書いてくれるようになります。

僕も外注のほとんどの方が未経験者なのですが、今では他の外注から上がってきた記事の添削をしてくれるまでに育ってくれました。

単価が安くて、あなたのやり方でちゃんとやってくれるようになる、未経験者の方が僕はおすすめです。

 

マニュアルは必須?

そこで必要になってくるのがマニュアルです。

経験者でも未経験者でも変わらないのですが、最初の説明が面倒です。

そして、それは外注の人数が増えてくると、その分説明しなければいけません。

なかなか大変だと思いませんか?

1人や2人だったら特に苦にはなりませんが、それが10人、20人となったら大変です。

どの会社にも業務マニュアルがあるかと思いますが、新人の育成をしやすいからです。

もう外注化を始めたら小さい会社のようなものです。

いかに外注さんが育ち、一人前にするかがカギとなります。

そしてその外注さんたちが、あなたのブログを回していってくれれば、あなたはまた新規の事業を始めることだって出来ます。

そのためにも外注の育成も、効率よくやっていく必要がありますよね?

そこでマニュアルが必要となってきます。

 

マニュアルの使い方

僕は契約してまずはマニュアルを渡しています。

そのマニュアルを見てから、記事を書いてもらってます。

最初にマニュアルさえ作ってしまえば、あとは外注の人数が増えていっても、同じマニュアルを渡せばいいです。

僕はまず最初に10人外注入れたので、マニュアルがなかったら大変だったと思います。

マニュアルを作ることは大変でしたが、後ですごく楽になります。

ブログも軌道に乗るまでが大変でしたよね?

外注化も同じです。

仕組さえ作ってしまえばあとは勝手にやってくれるようになるので、大変かもしれませんが、マニュアルを作っておきましょう。

 

ブログ記事を外注するためのマニュアルの作り方を初心者向けに紹介!

ではマニュアルはどういう風に作っていったらいいのでしょうか?

マニュアルと言っても、あなたのやっていることを全て詰め込む必要はないです。

相手は未経験者なので、SEOなど難しいことを言っても、「自分には無理です」となって、やる前に辞めてしまう可能性もあります。

そのためマニュアルは必要最低限の知識で大丈夫です。

そして記事の添削の時に小出しで色々と教えていっています。

そうしないとすぐ辞めてしまうんです。

バイトも簡単に辞めてしまう時代に、ネットでの仕事なんて、さらに簡単に辞めれてしまいますもんね。

とはいっても、急に連絡がなくなったり、最初の記事すら書いてくれずに辞めるといったこともあります。

そしてせっかく教えたとしても辞めてしまったら、その時間は全くの無駄になってしまいます。

そのためにもマニュアルがあった方が、外注に使う労力が少なくて済みますね。

 

マニュアルで伝えること

僕は基本的なことをマニュアルにまとめてます。

例えば以下のようなことです。

  • ワードプレスの使い方
  • 文字数について
  • 記事の内容について
  • 見出しについて
  • アイキャッチ画像について
  • 画像の挿入の仕方

こんな簡単なことと思われるかもしれませんが、未経験者の場合はこのくらいしないと全部聞いてきます。

ログインすら出来ないかもしれません。

そのような人にあなたの貴重な時間を割くのは、かなりもったいないので、マニュアルで基本的なことは伝えてしまいます。

 

マニュアルは何で作る?

マニュアルはどう作った方がいいのでしょうか?

僕はグーグルのドキュメントを使って共有しています。

基本的な記事の書き方などはドキュメントで文字で伝えてます。

また使い方、やり方などは動画で撮って渡しています。

どうしても文字だけだとわかりにくい部分もありますし、それを見ながら作業できるので、伝わりやすいです。

僕は撮った動画をYouTubeにアップしてURLを渡しています。

動画でなくても、画面のキャプチャなどを貼って見ながらできるようにするとわかりやすいです。

 

マニュアル作成で気を付けること

マニュアルは、初心に返って作って言って下さい。

相手は未経験者の方です。

あなたには当たり前なことでも、未経験で何もわからない状態の方には、外国語に聞こえます。

これは教えるということに関して、何にでも言えることだと思います。

自分と相手の当たり前は違います。

無意識にやっていることでも、他の人には知らないこともあります。

また特に専門用語は使わないようにしましょうね。

 

まとめ

外注化をして行く際のマニュアルについて説明してきました。

いかがでしたでしょうか?

マニュアルは必要だと思いましたか?

最初から数人程度しかお願いしないと思っている場合は、いらないかもしれません。

ですが、言語化できて自分のためにもなってきたりするので、マニュアル作成はおすすめです。

また途中で聞かれて自分の時間を割かれるよりは、先回りしてマニュアルとして渡しておいた方が楽だと思います。

マニュアルに関しては、外注初心者向けに作り方を紹介してきました。

何も知らない人がそれを見て作業を始められるようなものにしてください。

基本的なワードプレスの使い方などと、簡単な記事の取り決めなどを書いてもらえればいいかと思います。

マニュアルを用意するだけでも、外注さんからしたらありがたいですし、始めやすいかと思います。

仕事を頼む側も受ける側にもいい面しかないマニュアルをぜひ作って、外注化を加速させていってくださいね。

以上、ブログ記事を外注するときのマニュアル必要?作り方を初心者向けに紹介!と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る