未分類

サーチコンソールとは?使い方や設定方法を紹介

Pocket
LINEで送る

サーチコンソールとは サーチコンソール 使い方 設定方法

今回はサーチコンソールとは何かと、使い方や設定方法を紹介します。

まずサーチコンソール(Search Console)というものを知っていますか?

サーチコンソールとはグーグルが提供している無料ツールのことですが、ブログをやる上で欠かせないものとなります。

自分のサイトの現状を知ることができるので、サイトを持っていたら必ず導入した方がいいと言ってもいいくらいのものです。

このツールでできることなどと一緒に使い方や設定方法について紹介していきます。

 

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとは、Google Search Consoleで以前はWebマスターツールと呼ばれているものです。

このツールはグーグルアカウントを持っているなら無料で使うことができます。

そしてこのツールからは様々なことを知ることができるので、そこからあなたのサイトのアクセスを増やすためにできることがわかります。

 

サーチコンソールでできることは?

主な機能としては検索キーワードについて調べることができ、記事などを更新したら、インデックスを促すことができます。

その他の機能もありますが、具体的にサーチコンソールでどのようなことができるのか説明していきます。

 

URL検査

ブログを運営しているのでしたらすでに使ったことがあるかと思いますが、一番使うのはこのURL検査なのではないでしょうか?

これはグーグルに更新などの状況を知らせるときに使います。

せっかく記事を書いたとしても、グーグルがそれに気が付かなければ検索にも引っかかりません。

クローラーとう巡回プログラムがあって、あなたのサイトも定期的に見て更新情報などを認識します。

ですが、その頻度はまちまちで、記事をアップしてもすぐには反映されないんです。

そのためグーグルに更新しましたよと知らせる機能がこのURL検査にはあります。

「インデックス登録のリクエスト」というものがあり、これをするとクロールを促進させることができ、早く検索結果に載ってくれます。

またグーグルに登録されているかどうかも調べることができます。

 

検索パフォーマンス

次に検索結果を知ることができる機能です。

この機能を使うと、自分のサイトにどのようなキーワードで検索して来てくれたのかを知ることができます。

また検索結果に表示された回数も知ることができます。

わかる項目としては

  • クリック数(検索されて実際にサイトを訪れた数)
  • 表示回数(検索結果に表示された回数)
  • 平均CTR(表示されたうちサイトに来てくれた割合)
  • 平均掲載順位(検索順位の平均)

の4つです。

このことからどのようなキーワードで検索されているのか、どのようなキーワードでアクセスがあったのかを知ることができます。

クリック数と表示回数を見て狙うキーワードを需要があるものに変更することもできますし、CTRと順位を見てクリックされやすいようなタイトルにしたりできます。

これだけでブログのページごとに何をしたらいいのかが見えてきますね。

 

カバレッジ

またあなたのサイトのインデックスの状況も見ることができます。

何かしらのエラーがでてインデックスされていなかったりしたら、来てくれたであろうサイト訪問者を逃してしまうことになってしまします。

また警告のように問題がある場合もここで見ることができるので、確認したら対処していきましょう。

 

グーグルアナリティクスとの違いは?

よくアナリティクスもグーグルのツールとして挙げられますが、どのような違いがあるのでしょうか?

似たような機能なのですが、実はちょっと違います。

サーチコンソールは上でも説明してきた通り、サイトに来てくれた検索ワード等を知ることができます。

アナリティクスはサイトに来てくれた人がどのような行動をとったのかを見ることができます。

簡単に言うとサーチコンソールはサイトに来るまでのことを、アナリティクスはサイトに来てからのことを知ることがでできます。

 

連携してさらに分析できる!

またにている2つのツールですが連携させることもでき、そしてアナリティクスでサーチコンソールのデータを見ることができます。

そのためわざわざ2つのツールを開いてみる必要がないということです。

ただしサーチコンソールの方で見た方が詳しく調べることができるので、あまり使ってませんが、少し手間が省けるのでそんな機能もあるんだくらいに思ってください。

 

サーチコンソールの使い方や設定方法を紹介

どのようなことができるか機能を紹介してきました。

ここでは実際にサーチコンソールをどう使っていくのか説明します。

 

URL検査

まずURL検査についてです。

左のメニューから「URL検査」を押すと上の検索バーで入力できるようになります。

最初からこのバーで検索することもできます。

主にクローラーの巡回を促すために使うかと思いますが、この検索のところに更新したページのURLを入力、貼り付けて検索してみてください。

検索するとグーグルに登録されているかがわかります。

そして新規に作成したページだと「URLがGoogleに登録されていません」と出ます。

その下にある「インデックス登録をリクエスト」を押すと申請することができます。

記事を新しく公開したり、更新した場合はリクエストを必ずするようにしましょう。

このリクエストから検索結果等に反映されるまでに時間がかかる場合などもあります。

ドメインの強さによって反映スピードも変わりますので、覚えておいてください。

 

検索結果

左のメニューから検索結果を押すと検索ワード等を見ることができます。

最初はサイト全体の過去3か月の検索結果についてが表示されます。

上に日付という項目がありますが、ここで期間の変更をすることができます。

ここで見たい期間を選択すると、その期間の情報を見ることができますし、カスタムで好きな期間を調べることもできます。

またその横に「+新規」とありますが、ここではさらにフィルタをかけることができます。

主に使うのは「検索キーワード」「ページ」だと思います。

検索キーワードではそのキーワードが入った情報、ページではページごとの情報なども見ることができます。

 

アナリティクスとの連携の仕方

また上で紹介しましたアナリティクスの連携方法も紹介していきます。

連携はアナリティクス側で行います。

アナリティクスの左のメニューの下の方にある「管理」から真ん中の上にある、「プロパティ設定」を押します。

そして下の方に行くと「Search Console」という項目があり、「Search Consoleを調整」というボタンがあるのでそれを押してください。

そこで「編集」を押すと連携できるサーチコンソールが出てくるので、それを選択して保存すれば完了です。

両方ともグーグルのツールですので、連携も簡単にできますね。

 

アナリティクスでのサーチコンソールの情報の見方

サーチコンソールで見た方が詳しく見ることができますが、アナリティクスで見る方法も紹介していきますね。

アナリティクスの左のメニューの「集客」の「Search Console」で見ることができます。

  • ランディングページ(訪問者が最初に見たページ)
  • 国(どこからアクセスがあったか)
  • デバイス(パソコンかスマホかタブレットか)
  • 検索クリエ(流入キーワードと表示回数など)

が見ることができます。

サーチコンソールで見るより少ない情報しか見ることができませんが、ちょっと見るくらいならこちらの方が早いかもしれませんね。

 

まとめ

サーチコンソールとは サーチコンソール 使い方 設定方法

今回はサーチコンソールとはということで、どのような機能があるかと使い方、設定方法を紹介してきました。

アフィリエイトだけでなく、サイト運営する上で欠かせないツールとなっています。

まだ始めたばかりという方でも使った方がいいツールなので、必ず登録して使いこなせるようにしておきましょう。

以上、サーチコンソールとは?使い方や設定方法を紹介と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る